マイコン 工作入門 インドア・プレーン 玄箱PRO   アキバ界隈   100均   イベント

2006年12月 アーカイブ

2006年12月04日

サッポロバレーE.T.プロジェクト 「コンテスト2006」

自律浮遊物体とその制御プログラムを作成し、運動能力や制御精度を競うコンテストが12月16日に開催されます。

imgp7419%5B1%5D.jpg

【日時】 2006年12月16日(土曜日)13:30 - 16:00 (開場:10:00)
【場所】 メディアMIXホール地図

「サッポロバレーE.T.プロジェクト」とは、「自律制御で空を飛ぶ物体」を作成するという知的好奇心を刺激するテーマを通じ、ハードウェア、ソフトウェアの両領域の基礎知識を持つ、より多くの「ITものづくり」の次世代担い手を育成するプロジェクトです。第1回は2005年12月10日にコンテストが催されました。
昨年のスナップ写真はこちらです
サポートWebでは、プログラミングに関する技術情報の提供などが行われています。

【観戦ガイド】
このコンテストの特徴は、スタートしたら、一切手を触れられないという点です。また、上下方向の移動はモータのコントロールで制御できますが、横方向へは移動の手段がありません。飛び上がった場所から着地したところまでの変位(距離)が、マイナス・ポイントとなります。
したがって勝つためには、バランスのよい機体を作り、上昇、ホバリング、上下の移動を超音波センサで高度を正確に測りながら的確なシーケンスで制御しなければなりません。
実際の競技では、近くにいる人の体温によって気流の流れが変わり、自律浮遊物体の位置が変わるという場面もみられ、それに気がついたチームは、積極的に利用していました。
当日は10時から練習が始まります。お昼をはさんで競技のスタートです。最後の調整・仕上がりを午前中から見ていくのも面白いでしょう。

タグ:        

投稿日時: 2006年12月04日 10:17 | | コメント (0) | トラックバック (0)

1V動作OPアンプ

ナショナル セミコンダクター ジャパン(株)は、1Vから3Vの片電源電圧で動作し、低電圧時にフルスイング出力のダイナミック・レンジを維持できるCMOSタイプのOPアンプLMV951を発表した。

OPアンプLMV951

特徴;

  • 500pFの容量性負荷駆動時に2.7MHzのユニティ・ゲイン帯域幅と広帯域
  • 40℃から+125℃の温度範囲にわたって25nV/√Hz(ナノ・ボルト/ルート・ヘルツ)の低電圧ノイズ特性
  • CMRR(同相成分除去比)とPSRR(電源電圧変動除去比)がともに80dB
  • 出力はバッファされている
  • 電源電流を5μAに抑えるシャットダウン・ピン

価格と供給
出荷中。1,000個一括購入時の価格は100円
Webアドレス
ナショナル セミコンダクター ジャパン(株): http://www.national.com/JPN/

タグ:            

投稿日時: 2006年12月04日 15:04 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月05日

高専ロボコン大会TV放送スケジュール

アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)は、「自らの頭で考え、自らの手でロボットを作る」ことを通して、若い人たちに自由な発想と物作りの素晴らしさを体験してもらう教育イベントです。
コンテストに参加するのは、全国の高等専門学校62校です。各校2チーム計124チームが、全国8地区で実施される地区大会に出場し、そこで選抜された25チームが11月26日(日)に 両国・国技館に集結、アイデアと技術力の頂点を目指しました。
その大会の模様が年末のNHKテレビで放映されます。

放映スケジュールは下記のとおりです。

【全国大会】
12月30日(土)総合21:15~22:24

【地区大会】(再放送)
■北海道地区大会 [12.19(火)AM3:05~]
■東北地区大会 [12.20(水)AM2:50~]
■関東甲信越地区大会 [12.21(木)AM2:45~]
■東海北陸地区大会 [12.22(金)AM2:30~]
■近畿地区大会 [12.23(土)AM3:00~]
■中国地区大会 [12.24(日)AM2:25~]
■四国地区大会 [12.25(月)AM2:00~]
■九州沖縄地区大会 [12.26(火)AM2:52~]

なお,高専ロボコンの公式ホームページへは下記バナーをクリックしてください。

タグ:        

投稿日時: 2006年12月05日 13:52 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月08日

町で見かけたLED照明

工事現場の塀の上に明かりがついています。

高層マンションの建築現場

近くによってみましょう。

塀の上にある明かり

きれいですね。
いったい何で作られているのでしょうか。

ペットボトルだ昼間に見るとこんな感じです。12個のペット・ボトルの口が突き刺さっています。その根元には、白色LEDがあり、ペット・ボトル内部に乱反射して、面白い照明になっています。

実物を見たい方は、つくばエクスプレス線の柏の葉キャンパス駅、南口へ。

タグ:      

投稿日時: 2006年12月08日 09:43 | | コメント (0) | トラックバック (0)

平面スピーカ

平面スピーカ
ほか弁振動板

スピーカというと円錐型の振動板が必要で素人には作れないものと思いがちですが,ここでは振動板に発泡スチロール板,コピー用紙,薄い木の板,アルミ板など身近な素材を平面のまま振動板に使うという方法をご紹介します.画像は写真パネルを振動板に使った平面スピーカとお弁当屋さんのふたで作った振動板
簡単で製作費用も安く,振動板の素材で音質も変わる楽しみも味わえるというユニークな製作です.

タグ:        

投稿日時: 2006年12月08日 16:29 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日

ペットボトル・ラベルの再利用

題材提供:内山 幹男さん(JA7EDR)
ペットボトルのラベルは、資源化回収時、はがして分別しなくてはならない自治体もありますが、捨てられる運命です。
 このラベル、元は筒状の熱収縮タイプの樹脂でできています。再利用してみましょう.

ラベル再利用.JPG

古くなってパッケージが破れてしまった充電電池を再パッケージしてみます.

ドライヤで収縮.JPG

ペットボトルからはがしたラベルを充電電池に巻きつけ,ドライヤで熱を加え,収縮させていきます.
ラベルを引っ張るようにして熱を加えて行くと,ぴったり包み込むことができます.

生茶電池.JPG

収縮が完了して “生茶”電池!? の完成.
失敗しても,ペットボトルのラベルはいくらでもありますので,何回でも再チャレンジ可能です.


タグ:  

投稿日時: 2006年12月10日 22:39 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日

正月はなにか自作しませんか

12AU7プッシュプル・ステレオ・アンプの製作

下記リンクは、最近当社で発行した『iPodで楽しむ真空管&D級アンプ』で紹介した「12AU7プッシュプル・ステレオ・アンプ」を製作する様子をブログ形式でつづったページです。

12AU7プッシュプル・ステレオ・アンプの製作

0.5Wというのは、そこそこの効率のよいスピーカをつながないと、しょぼい音しかしません。
現在、ELAC BS 203 Anniversary というスピーカ、CDプレーヤはアーカム CD23Tをつなぎ、ベッドサイド・システムとして利用しています。付け忘れて寝ても、消費電力は少ないので助かっています。

iPodで楽しむ真空管&D級アンプには、2A3や6BM8のアンプの製作と設計、D級アンプの製作などの記事も収録されています。
また真空管キットを楽しみたい方には、真空管アンプの製作へ誘う本 があります。

タグ:          

投稿日時: 2006年12月11日 13:46 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日

D級デジタル・オーディオ・アンプ駆動IC「IRS20955」と出力パワーMOSFET「IRFI4024Hx」シリーズで構成するチップ・セット

インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(株)は、D級ディジタル・オーディオ・アンプの駆動IC「IRS20955」と出力パワーMOSFET「IRFI4024Hx」シリーズで構成するチップ・セットのサンプル出荷を開始しました。

駆動ICのIRS20955(S)(TR)PbFは、ハーフ・ブリッジ構成の高耐圧ICで、ハイサイドとローサイドの両方に、自動リセット機能付きの過電流保護回路を備えており、スイッチング周期の正確なタイミングで電流を検出します。入力は、3.3Vまたは5Vの標準論理レベルのPWM(パルス幅変調)信号です。

デュアル・パワーMOSFET:IRFI4024Hxシリーズ4品種は、いずれもハーフ・ブリッジ用に nチャネル・パワーMOSFETを2個内蔵しています。

 仕様例;IRFI4024H-117P

  • 耐圧 55V

  • オン抵抗(標準値) 48mΩ

  • ゲート電荷(標準値) 8.9nC

  • スイッチング電荷(標準値) 4.3nC
  •  仕様例;IRFI4020H-117P

  • 耐圧 200V

  • オン抵抗(標準値) 80mΩ

  • ゲート電荷(標準値) 19nC

  • スイッチング電荷(標準値) 6.8nC
  • 価格と供給 サンプル価格はIRS20955PbFとIRS20955SPbFがそれぞれ540円、IRFI4024H-117Pは180円、IRFI4212H-117Pは190円、IRFI4019H-117Pは210円、IRFI4020H-117Pは260円(いずれも税込み)の予定 ◆Webアドレス インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(株): www.irf-japan.com/

    タグ:            

    投稿日時: 2006年12月12日 11:40 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    アルミ・トレイの活用

    アルミ・トレイの活用
     はんだゴテの台を安全に使う方法

     安物のアルミ・トレイにコテ台を両面テープで固定すると,作業中に万一コテが転げ落ちても床や机を焦がすことはありません.昔,工作に夢中になっていたら,はんだゴテが転げ落ちて,床のジュウタンに焦げ跡が….ジュウタンの隅っこの毛をむしり取り,接着してみたものの,完全には直らない.
    しっかりと女房に怒られてから,もっぱらこの方法を使っています.
     1月発売のエレキジャックにこんなことも書いてあります.

    タグ:  

    投稿日時: 2006年12月12日 13:19 | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2006年12月14日

    眠っているパワーアンプを使えるように

    何十年か前、電池を電源とするアンプを作ったことがあります。とてもよい音がしたのですが、使わなくなってしまいました。
    というのも、単1電池をはんだ付けでつなげていき、プラス30Vとマイナス30Vの電源にするのが面倒だったからです。製作したのは3way用で、全部で6チャネルのアンプでしたから、20個直列にした電池を4組作る必要がありました。
    それで、ずっとお蔵入りでしたが、子供が音楽に興味を持ち出し、それを使いたいと言い出したのです。

    一度は電池をはんだ付けして聞いたようなのですが、やはり二度目がありません。
    そこで、秋葉原に行って、30Vのスイッチング電源はないかと探しました。ガード下に何軒か電源を扱うお店がありますが、どこも置いてあるのは12Vとか48Vの電源ばかり。お店の人に聞いてみると、倉庫に行けばあるとのこと。で、+30V用を2個入手しました。その電源をつなぎ、プラスマイナス30Vの電源の完成です。
    実際につなぐと、へんなノイズもなく、まともな音が出ます。このアンプには、シリーズ電源が内蔵されていたので、スイッチング電源でも問題がなかったのかもしれません。

    これで、気兼ねなく、音楽が聞けるようになりました。TADのドライバ、ウーハ、JBLのミッドウーハが生き返りました。

    タグ:        

    投稿日時: 2006年12月14日 10:18 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年12月15日

    組み込みDIYサイト

    組み込み系の話題を取り上げる組み込みネットの中に、異色なページがあります。それは、「組み込みDIY」というコーナーです。

    iPodにつながるアクセサリを自作する Part3

    現在までのところ、

  • iPodにつながるアクセサリを自作
  • iPodにつながるアクセサリを自作する Part2
  • iPodにつながるアクセサリを自作する Part3
  • 回路テスタの選びかたから使いかたまで
    という記事がアップされています。
    ディスクリート部品で製作されたものやPICを利用したものもあります。作り方を順を追って説明していますので、読むだけでも楽しいです。でも、ぜひ作ってみてくださいね。

    タグ:            

    投稿日時: 2006年12月15日 10:30 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    設計者向け計装アンプ・ガイドの最新版

    アナログ・デバイセズ社のA Designer’s Guide to Instrumentation Amplifiers最新版(英語版)をPDFで読むことができます。

    A Designer’s Guide to Instrumentation Amplifiers

    本書は、アナログ集積回路の設計と開発管理に60年(二人の合計)以上も携わってきたルー・カウント (Lew Counts) とチャック・キッチン(Chuck Kitchin)の共著です。

    内容は以下のとおりです。

  • 計装アンプ設計の基礎

  • 計装アンプを用いるかディファレンス・アンプを用いるかの選択方法

  • AC入力カップリング回路技術

  • 入力保護の基礎

  • 無線周波数帯の干渉(RFI)整流誤差の低減

  • 計装アンプとディファレンス・アンプの回路

  • 最新のA-Dコンバータの駆動に最適な計装アンプの使用

  • 計装アンプのデータシート仕様の読み方

  • 単一電源設計ガイドライン

  • 共通的な計装アンプ・アプリケーションの問題とその解決方法

  • ADIの最新のアンプに関する幅広い情報:デジタル・プログラマブル計装アンプの「AD8250」、「AD8251」 を含む13種類の新しい計装アンプとディファレンス・アンプ製品を網羅


  • ダウンロード・サイトはこちらです。

    タグ:    

    投稿日時: 2006年12月15日 13:54 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    羽ばたきインドア・プレーン

    小社発行の『みんなで作ろうインドア・プレーン』の書籍の中に羽ばたき機の記事があります。
    最近、著者は1m級巨大羽ばたき機を試作されたようです。

    市販品にも鳥型ラジコンの大型羽ばたき機があります。
    アメリカのロボット・メーカからも羽ばたき機の製品が出るというニュースもあります。

    もしかして、ブームのきざし?

    タグ:      

    投稿日時: 2006年12月15日 15:48 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年12月17日

    屋外カメラ用防水ケース

    屋外カメラの防水ケース

    100円懐中電灯を使って、屋外カメラ用の防水ケースが作れます。

    中に収めた様子

    100円ショップで購入した懐中電灯の中身を取り出し,カメラを接着剤などで固定して,レンズ・カバーをねじ込むだけ.信号線は懐中電灯後部にキリなどで穴をあけ通します.

    ひさしをつける

    事務用品のファイル・フォルダを適当な大きさに切って,ひさしを作ります.ひさしは黒のマジックで塗りつぶすか,ビニール・テープを貼り付けて太陽光を遮ります.
    夏場に直射日光が当たる場所での設置は,内部の温度上昇対策が必要になります.

    タグ:        

    投稿日時: 2006年12月17日 23:46 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年12月18日

    神戸ロボット音楽隊 クリスマス・コンサート

    2足歩行ロボット10体がクリスマス・ソングを演奏する催しがあります。
    VariBo

    ・日時:2006年12月23日(土)・24日(日)
    ・会場:北野工房のまち(2階)
    ・演奏内容:ジングルベル・きよしこの夜
    ・音楽隊名:RobotchⅡ(ボーカル)&VariBo's(楽器演奏) 
    (2機ともビー・エル・オートテック製ロボット)
    ※VariBo(ヴァリボ)は、ビー・エル・オートテックと姫路ソフトワークスの共同開発製品。
     http://www.varibo.com/
    ・主催:北野工房のまちテナント会
    ・共催:ビー・エル・オートテック(株)
    ・協力:(株)エスケイパン
    ・後援:神戸市

    タグ:        

    投稿日時: 2006年12月18日 11:22 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ロボット工作教室

    学習用ロボットキットariBo(ヴァリボ) ABC2セットを使ったロボット組み立ての講習会です。

    DSC00462.jpg(写真は、昨年の会場の様子です。)

    ・開催:2007年1月7日(日)・8(祝)
     10時~16時(昼休憩1時間を含む)
    ・会場:神戸市立青少年科学館
    ・対象:小4~一般(小学生は保護者と二人一組)
    ・定員:10名
    ・講師:ビー・エル・オートテック(株)
    ・使用キット VariBo(ヴァリボ) ABC2セット
    ・参加 費:2回連続で60,000円(電源別売10,000円)
    ・備考:電源がないと家で動かすことができない。


    ●ロボット教室のお問い合わせ・・・神戸市立青少年科学館

    ヴァリボは、ビー・エル・オートテックと姫路ソフトワークスの共同開発製品です。

    タグ:      

    投稿日時: 2006年12月18日 14:58 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年12月19日

    PLC(電力線通信)導入実験で短波ラジオに妨害発生

    電気のコンセントを介して通信する話題のPLCのアダプタが12月上旬、販売店で発売開始された。
    さっそくノイズが大変少ない田舎のログハウスで、PLC機器を導入し、そのログハウス内で短波放送を受けるというテストを行ったところ、その短波ラジオに強力なノイズが混入するのが確認された。

    DSCF0068a.JPG

    メーカーのPanasonicでは、アマチュア無線の周波数では信号を出さなくする配慮をしているようであるが、広い周波数の範囲を利用した通信であるので、いずれかの周波数では混入が必然的に発生する。販売店によっては、PLCの使用について注意書きを表示している。

    DSC00227.JPG

    実験は、短波帯トランシーバのワイド受信機能を使って、ノイズの発生具合を確認した。9MHzや11MHzにおいて強いノイズの発生が確認された。
    短波では、海外に多くの放送局があり、それを受信する聴取者も少なくない。放送信号は強い局だけではないので、PLCシステムからのノイズにかき消されることは否めない。
    PLCシステムが発するノイズの信号強度を示すメータ指示(左上のバー)は7を超えている。これほど強いと、弱い短波放送はかき消されることになる。
    なお、短波の受信には、ノイズの乗りやすい室内アンテナではなく、屋外に展張したアンテナを使った。

    DSC00228.JPG

    PLCアダプタをテストした環境は、2階建ログハウス。だから鉄筋建物などよりノイズの通り抜けはよいかもしれない。1階と2階でのPLCの通信速度は10~30Mbpsと適当な速度が得られた。宅内のネット通信システムしては、まあまあと言えよう。
    電力線通信の詳細については、高速電力線通信推進協議会のWebを参照。
    なお、同協議会に加盟していない製造業者の今後の製品や海外製品は、さらに強力なノイズを発することも考えられる。また、アマチュア無線の周波数への配慮が今後の機器でもなされるかどうかは不明で、予断を許さない。

    タグ:      

    投稿日時: 2006年12月19日 11:39 | | コメント (0) | トラックバック (2)

    2006年12月20日

    アキバ区誕生!

    ……といってもこれは新潟市の話。来年4月1日施行の「政令指定都市移行」に伴う8行政区の区名が18日の市議会で正式に決まり、「秋葉区」が誕生することになりました。
    ちなみに東京の電気街・秋葉原は駅名であって、地名は千代田区外神田、です。

    投稿日時: 2006年12月20日 12:30 | | コメント (1) | トラックバック (0)

    2006年12月22日

    電子ボリュームLSI

    三洋半導体(株)は、音楽信号コントロール機能を実現する、車載オーディオ機器用電子ボリュームLSI(LV3311PM、LV3320M)を開発し、2007年1月からサンプルを出荷する。

    LV3300シリーズ

    LV3300 シリーズは、ステレオ4チャネル入力対応のLV3311PMと、SCF対応のフィックスド・イコライザを内蔵したLV3320Mの2機種で構成され、次の機能や特徴がある。

  • 機能:ステレオ4cH入力、入力ゲイン可変、ラウドネス、イコライジング(バス、ミッド、トレブル、フェーダ)、ミュート、フィックスド・イコライザ[LOW、MID、HIGH(LV3320M)]

  • 有信号時の切り替えノイズを最小とするために、ゼロ・クロス回路、ソフト・ステップ制御、ソフト・ミュート回路の3種の対策機能を搭載

  • グラフィック・イコライザ部を構成するために必要とした外付けのコンデンサを不要にした(SCF:LSI内のコンデンサ切替制御によるフィルタリング技術)

  • 低消費電流化[20mA(LV3311PM)、30mA(LV3320M)]を実現



  • 価格
    サンプル価格は、LV3311PM:150円、LV3320M:300 円

    Webアドレス
    三洋半導体(株)

    タグ:        

    投稿日時: 2006年12月22日 15:17 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    自律型ロボットのキットTop Junior 3 (TJ3)

    (株)ダイセン電子工業は、ロボカップジュニアに挑戦できる、自律型ロボットのキットTop Junior 3を発売した。

    TJ3

    特徴;

  • ギア・モーターはダイセンのオリジナル・モータを使用。
     ※完成品のためギア部組み立て不要。

  • モータ電圧は24Vまで対応

  • ボール・キャスタは硬球使用で、スムースな動きを実現

  • フロント・バンパの装着でボールの押さえ込み防止

  • 駆動輪を前輪・後輪付け替え可能。状況にあわせて選べる

  • 組み立ては2~3時間。


    価格
    価格8,800円

    Webアドレス
    (株)ダイセン電子工業

    タグ:        

    投稿日時: 2006年12月22日 15:41 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年12月25日

    5種類の新しいPSoC開発および評価キット

    サイプレス社は、下記のPSoCの開発および評価キットを発表した。
    こちらのCypress オンラインストアから購入ができる。

    • SDカード・モジュール評価キット(CY3210-SDCARD)
    • CapSense近接検出デモンストレーション・キット(CY3235-PROXDET)
    • I2C-USBブリッジ・デバッグ・キット(CY3240-I2USB)
    • I2Cポート・エクスパンダ評価キット(CY3242-IOX)
    • RGB産業用照明デモンストレーション・キット(CY3261-RGB)

    それぞれの特徴;

    • SDカード・モジュール評価キット:SDカード・モジュールへの書き込み、読み取り、およびSDカード・モジュールの組み込み設計へのシームレスな一体化がどのように素早く容易に行えるかを、設計者が実際に手を触れて見ることができる。
    • CapSense近接検出デモンストレーション・キット:手または指のワイヤ・アンテナへの接近を正確に検出するPSoC CapSense付きデバイスをテストできる。
    • I2C-USBブリッジ・デバッグ・キット:パソコンのUSBポートを、任意のPSoCアプリケーションのI2Cインターフェースにシームレスに接続することにより、PSoCアプリケーションのハードウェアおよびソフトウェアのデバッグができる。
    • I2Cポート・エクスパンダ評価キット:他社製の複数ポート・エクスパンダICを置き換え、I/O拡張、PWM機能およびユーザEEPROMを柔軟に統合化できるPSoC I2Cポート・エクスパンダ・デバイスの能力を評価できる。このキットには、I2C-USBブリッジも含まれている。
    • RGB工業用照明デモンストレーション・キット:高輝度LED照明および混色アプリケーションを柔軟かつ精細に実現できる。

    タグ:            

    投稿日時: 2006年12月25日 15:56 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年12月26日

    No.1記事予告 岩塩ランプをLED化(1)

    なめるとピリッとする感じを受ける、癒し系グッズの岩塩ランプです。
    購入した岩塩ランプ
    中には、電球が入っていますが、これをマイコンでコントロールできるように、LEDに変えてみたいと思います。
    入っていた電球

    電球は小型のが入っていましたが、そこそこ明るかったのです。高輝度LEDを何個つければ、同じような明るさになるか実験をしているところです。
    LEDの点灯実験中
    癒し系というだけあって、温かみのある光です。
    もともとのランプの色
    白色LEDをつけると、なんと、雰囲気がぶち壊しではないですか。
    白色は気持ち悪かった
    次回に続く。

    タグ:    

    投稿日時: 2006年12月26日 13:42 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    No.1記事予告 不思議な時計(1)

    床の上を、長時間露光して撮った写真です。
    手持ちでカメラを抱えているので、ぶれてます。

    床を走る!いや、転がる

    組み立ての最終段階です。
    円筒形の物体に、塩化ビニルのシートを巻き、タッピングねじでとめています。
    この電動ドライバ、手元が光るんです。
    組み立て最終段階
    時刻を表示するためのLEDが横1列に並んでいるのが見えるでしょうか?
    なのに、7セグメントとLEDのような数字の表示ができています。

    <つづく>

    タグ:          

    投稿日時: 2006年12月26日 14:14 | | コメント (0) | トラックバック (1)

    小型ホビー・ロボット・キットの新製品

    (株)エスケイパンは、2007年1月下旬からGogic Five(ゴジックファイブ)を発売する。

    gogicfive02.jpg

    Gogic Fiveの特徴;

    • 5個のサーボ・モータ(足に4軸、上半身に1軸、計5軸)で歩行、起き上がり、パンチ、キックが可能。

    •  (上半身の1個のサーボ・モータで、重心移動と左右の腕の駆動を行える)
    • 赤外線リモコン受光部、SDカード・スロットを標準装備。

    • 音声再生機能を搭載 。

    • 汎用テレビ・リモコン(別売)を使用してリモコン操縦が可能。

    • 対応OSはWindowsXPならびMacOSX。

    • 身長約20cm、重量約850g。
     搭載のマイコン・ボードは、サーボ・モータ8個とアナログ入力1個に対応。
     通販ショップ「ロボスタンド」にて予約受付を開始している。予価は28,000円(税別)。

    タグ:  

    投稿日時: 2006年12月26日 16:26 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年12月27日

    新製品 HDMI v1.3仕様対応のマルチプレクサ、レシーバ、トランスミッタ

    アナログ・デバイセズ(株)は、HDMI(High-Definition Multimedia Interface:高精細マルチメディア・インターフェース)v1.3対応のマルチプレクサ、レシーバ、トランスミッタ回路の提供を開始した。
    HDMI_website.jpg

    特徴;

    • AD8196とAD8197は、HDMI v1.3仕様で定義される1080pディープ・カラー技術をサポートする業界初のバッファ付きマルチプレクサ
    • AD9388Aは、デュアル・ポートHDMI v1.3レシーバとアナログ・インターフェースとの両方に対応し、HD/SDそしてアナログ・ディジタル入力からの高品質ビデオ信号をディジタル化する
    • AD9387は、HDMI v1.3仕様対応の小型で低消費電力のトランスミッタ



    供給と価格
    単価(1,000個受注時)
    マルチプレクサ「AD8196」;$2.75
    マルチプレクサ「AD8197」;$4.95
    レシーバ「AD9388A」;$9.96
    トランスミッタ(80MHz)「AD9387」;$4.86
    トランスミッタ(80MHz)「AD9387NK」;$4.39
    注: 価格はいずれも米国における参考価格。AD9387が2007年1月にサンプル出荷。それ以外は配給中。

    Webアドレス
    www.analog.com/pr/AD8196
    www.analog.com/pr/AD9388
    www.analog.com/pr/AD9387

    タグ:            

    投稿日時: 2006年12月27日 12:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    No.1記事予告 LEDと衣装(1)

    ユニークな商品を紹介していることで有名なengadgetで、検索キーワードとして"LED”を入力すると、本当にユニークな製品が出てきます。その中に、衣装にLEDを縫いつけたものも見受けられますが、その発想のユニークさに触発されて、作ってみた記事です。

    bra001.jpg

    最初、LEDを5,6個並べていったのですが、ありきたりということで、プラスチック・ファイバの両端に異なる色のLEDを取り付け、PWMで光量を可変させるようにコントロールする方式に変更しました。
    赤と黄色では、中間にオレンジ色が作れます。赤と青色では紫色になります。しかし、青色LEDは電圧が3.5Vと高く、今回はコイン型電池1個で駆動させる必要があったため、利用できませんでした。

    タグ:      

    投稿日時: 2006年12月27日 13:00 | | コメント (0) | トラックバック (1)

    新春は宇宙旅行へ!

    お正月のご予定は立ちましたか? どこにも行くご予定の無い方は、PCで宇宙旅行などいかがでしょうか。国立天文台が制作したフリーウェアMitakaは、そんな夢を広大なスケールで叶えてくれます。

    Mitakaは、国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発している、天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るためのソフトウェアです。地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることができます。
    くわしくはhttp://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/index.htmlをご覧ください。

    なお、現在のバージョンは 1.0β6 で、環境によっては動かないケースも考えられますが、レジストリをいじっていないので削除も安心です。

    投稿日時: 2006年12月27日 13:53 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年12月28日

    No.1記事予告 テレビCMリミッタの製作

    エレキジャックNo.1「テレビCMリミッタの製作」では、コマーシャルになるとうるさく感じられる大音量を抑え込む装置を作りました。

    製作の参考に穴あき基板に組んだ結線図をupしました。下記画像をクリックしてご覧ください。

    TV-CM Limiter

    タグ:    

    投稿日時: 2006年12月28日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    No.1記事予告 トイレの話、もとい秋葉原マップ

    創刊号に載る秋葉原マップの校正をしていたら、やたらとトイレの場所が書き込んである。
    30年前、ジャンクを探していたころは、ラジオデパートの奥のトイレがきれいで利用していたことを思い出した。ここは、裏に出口があって、ジャンク店めぐりには都合のよいルートであった。

    今は、きれいになった秋葉原駅構内になるトイレを使うことが多い。それに、大型ビルにはきれいなトイレが多いしね。
    今年の話題は、駅前の有料トイレ。コスプレのコンドー隊長、ご案内よろしくぅ!(笑)

    toireIMGP9531_edited-1.jpg 秋葉原駅前の有料トイレ

    タグ:  

    投稿日時: 2006年12月28日 09:35 | | コメント (0) | トラックバック (0)

    いってきました。秋月電子通商 八潮店 

    1月20日に秋月電子通商八潮店がオープンします。そこで、ひと足はやく現場を見てきました。

    IMGP9524_edited-1.jpg

    TX(つくばエクスプレス)に乗って、つくば方面へ向かいます。八潮駅へは、各駅停車か区間快速に乗ります。快速は止まりません。

    IMGP9516_edited-1.jpg

    駅ホームの端に立って八潮店方向を写した写真です。隠れていて見えないのですが、赤っぽい大きな屋根がお蕎麦屋さんで、その向こう側の平屋が八潮店になります。駅からは編集子の足で6分でした。

    IMGP9512_edited-1.jpg

    なお、ちまたで噂が飛び交っている秋葉原店の改装スケジュールは、今現在わかっている範囲で次のとおりです。


    • 1月20日に秋葉原店改装のため、物と人を八潮に移します。そして、改装をはじめます。
    • リニューアル・オープンがいつかは、まだわかりません。

    タグ:        

    投稿日時: 2006年12月28日 14:23 | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2006年12月30日

    赤外線投光器

    カメラ01.jpg

    ライブ・カメラでの夜の撮影もなんとか映したいもの.かといって高感度カメラは
    高価です.そこで,秋月電子通商の赤外線投光器を試してみました.

    カメラ02.jpg

    赤外線LED56個による投光器キットを使いました.

    写真右のように,夜間でも駐車場においた車の前部を映し出すことができるよう
    になります.
    今回の実験では,基板そのままの状態ですが,反射板などをつければ,対象物
    をもっと鮮明に映し出せるでしょう.
    電源は9Vですが,かなりの電流を消費し,発熱があります.また,屋外設置の
    場合は防水ケースへの収納が必要です.

    タグ:          

    投稿日時: 2006年12月30日 18:16 | | コメント (0) | トラックバック (0)