マイコン 工作入門 インドア・プレーン 玄箱PRO   オーディオ工房   100均   イベント

2007年07月 アーカイブ

2007年07月01日

新製品 静電容量式タッチ・センサ

STマイクロエレクトロニクスは、最新かつ革新的ユーザ・インターフェースを実現する、静電容量式タッチ・センサ・ファミリの最初のIC「QST108」を発売した。新ファミリは、Quantum Research Groupからライセンス供与された電荷移動QProx静電容量技術をベースにしている。
QSTファミリ製品により、密閉されたバックライト付きセンシング面を容易に作成でき、タッチ・パネルのコストを大幅に削減できる。
QST108は、32ピンLQFPパッケージで供給され、最大八つのLEDを駆動可能。PWM機能、I2Cインターフェースを備える。
静電容量式タッチ・センサ・ファミリQST108

タグ:    

投稿日時: 2007年07月01日 22:12 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月02日

新製品 高精度磁気センサ アナログ・リニア出力タイプ(回転検知用)

アルプス電気(株)は、機器内部の回転機構の角度検知向けの高精度磁気センサ「HGAR」シリーズを発売した。
特徴
・回転角度60°で10ビットの高分解能が可能
・高精度な角度検知システムの設計に貢献
・非接触式による長寿命化を実現
・2.0×1.5×0.75mmの小形・薄形化を実現

タグ:  

投稿日時: 2007年07月02日 09:36 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日本最大のおもちゃの見本市 ― 東京おもちゃショー2007が開催 (その1)

 (社)日本玩具協会が主催する「東京おもちゃショー2007」が,2007年6月28日~7月1日の4日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された.28日と29日は業界関係者のための商談見本市となっており,30日と7月1日は一般に公開されている.出展した企業は国内121社,海外25社で,およそ38,000点のおもちゃが展示された.
 おもちゃの売り上げは,少子化と嗜好の多様化のため,5年前に比べると10%以上も落ちているという.そうした背景もあり,最近は大人も子供も楽しめるおもちゃが注目されている.
 
 二足歩行ロボット「i-SOBOT」

■二足歩行のホビー・ロボット 「i-SOBOT」
 タカラトミーのブースで気になったのは,今年の10月に発売が予定されている二足歩行ロボット「i-SOBOT」の展示デモ(写真).17自由度の二足歩行ロボットだが,ジャイロ・センサを搭載しているため,安定した歩行ができる.10種類の言葉を認識でき,さらに内蔵スピーカから約200種類の言葉と80種類の効果音を出すことができるという.全長は165mmと小型で,コントロールは赤外線通信によって行う.価格は31,290円で,ニッケル水素電池や充電器などがセットになっている.

二足歩行ロボット「i-SOBOT」の展示デモ

タグ:  

投稿日時: 2007年07月02日 17:23 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日本最大のおもちゃの見本市 ―東京おもちゃショー2007が開催 (その2)

■超小型RCヘリコプタとRC飛行機
 昨年発売されたタカラトミーのエアロソアラは,低価格ながら室内で遊べる小型ラジコン飛行機としてヒット商品となった.今年も,小型(手のひらサイズ)の“飛びモノ玩具”が増えている.


 タカラトミーのブースでは,リチウム・ポリマ電池を内蔵した,全長115mm,重量約10gの小型RCヘリコプタ「HELI-Q」の展示が注目(写真).約5分間の連続飛行が可能で,空中でのホバリングも楽しめる.コントローラは1スティック方式で,片手で操縦ができる.価格は3,150円で2007年10月中旬に発売される予定.
 
小型RCヘリコプタ「HELI-Q」
 
 同様に,リチウム・ポリマ電池を内蔵した,全長150mm,重量2.5gという超軽量小型RC飛行機「Q-SKY」も人気が高い.こちらは,エアロソアラの上位機として位置づけられ,連続5分間の飛行が可能.また,操作モードもイージ・モード(初心者向け)とマスタ・モード(上級者向け)の二つが用意されていて,初心者でも簡単に操作できるとのことである.価格は4,200円で,9月14日に発売される予定.
 


超軽量小型RC飛行機「Q-SKY」

タグ:        

投稿日時: 2007年07月02日 17:29 | | コメント (0) | トラックバック (1)

日本最大のおもちゃの見本市 ―東京おもちゃショー2007が開催 (その3)

■室内専用電動RCヘリコプタ
 ヒロボーのブースでは,室内専用の電動RCヘリコプタ「XRBスカイロボ」の展示デモを行っていた(写真).専用のリチウム・ポリマ電池を搭載し,専用充電器による1時間のフル充電で,約15分間のフライトが可能という.コアレス・モータを採用しているため,静かで軽量を実現している.また,ブレード(プロペラ)には,発泡スチレン・ペーパを採用しており,室内でフライトさせても安全な設計になっている.
 本体,リチウム・ポリマ電池,充電器,予備ブレード×3枚のプロポなしのセットで45,990円,プロポ付きのフルセットで52,290円というリーズナブルな価格設定なので,本キットでラジコン操作の基本を学び,将来的には本格的なRCヘリコプタへ移行するケースも多いという.


室内専用の電動RCヘリコプタ「XRBスカイロボ」

タグ:    

投稿日時: 2007年07月02日 17:40 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 DC-DCスイッチング・レギュレータの入出力電圧をモニタするプッシュボタン・コントローラ

リニアテクノロジーは、スイッチング・レギュレータの入出力電圧を監視する電圧モニタおよびタイマを搭載する、高信頼性プッシュボタン・コントローラ「LTC2953-1」、およびアクティブ“L”のイネーブル出力を備えたピン互換のプッシュボタン・コントローラ「LTC2953-2」の販売を開始した。

LTC2953-1/2953-2の特徴
・広い動作電圧範囲:2.7V~27V
・システム電源のプッシュボタン制御
・低消費電流:14μA
・パワーフェール・コンパレータにより警告を発生
・UVLOコンパレータにより電源をスムーズにラッチオフ
・12ピン3×3mmDFNパッケージ


LTC2953-1/2953-2

タグ:  

投稿日時: 2007年07月02日 21:41 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 プチロボ用超小型サーボモータ向けアルミブラケット

共立電子産業(株)ワンダーキットプロダクツは、プチロボ用の超小型サーボモータ(E-sky製EK2-0500)同士を直交/平行軸接続できる独自設計のアルミ・ブラケット「プチブラケット」を発売した。プチブラケット(単体)WR-ES-BR1(798円)、プチブラケット9セットWR-ES-BR9(6,615円)、サーボモータ(EK2-0500)をセットにしたプチブラケットサーボセット(1,785円)がある。

プチブラケットサーボ

タグ:    

投稿日時: 2007年07月02日 21:58 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月03日

自走車にセンサを取り付ける。自走車の車体の準備 連載3-4

 今回は、制御の対象となる自走車の準備を始めます。連載2-4でモータのオン/オフを確認したタミヤのキットです。まず、次に示す3種類のキットを用意します。
● トラック&ホイール・セット

トラック&ホイール・セット

 このトラック&ホイール・セットのトラックはキャタピラのことを示し、ホイールはキャタピラを駆動する大小のホイールを示しています。このセットにはキャタピラ(トラック)とホイールとホイールを連結する金属の軸がセットになっています。
 キャタピラはゴムでできていて、次の写真に示すような接続部をもち、10本のキャタピラが用意されています。30コマ、10コマ、8コマと異なった長さのものが用意されています。自走車の大きさに合わせてキャタピラの長さも変えられます。接続も、穴の開いた部分と、突起の部分を組み合わせて押し込むだけです。

キャタピラ

 これだけでは、駆動部分のみですので、次のユニバーサル・プレート(2枚セット)を用いて、車体を作ります。

● ユニバーサル・プレート
 
ユニバーサル・プレート
 
 ユニバーサル・プレートには、写真のものと、ビニール包装だがユニバーサル・プレートが2枚セットされた製品があります。1段目のプレートにはモータ、電池を載せ、2段目には制御基板などそのほかの機能を用意します。そのため部品番号(ITEM 70157)のユニバーサル・プレート(2枚セット)使用します。
 
1段目のプレート
 
 ユニバーサル・プレートにホイールをセットしたところです。アングル材や、ホイールの軸受け材の取り付け方はキットの説明書に従いました。
 
ユニバーサル・プレートにホイールをセット
 
 後で示す、モータをユニバーサルプレートに取り付ける場合はビスとナットを使用しています。そのほかの部材は写真に示したプッシュリベットセットを使用してセットします。ビス・ナットより手間がかからず、案外しっかり固定できます。

●ツインモーターギヤーボックス
 自走車の駆動は、次に示す楽しい工作シリーズNO.97のツインモーターギヤーボックスを使用します。モータ二つがセットになっていて、左右のキャタピラを独立して制御できます。そのため、直進、後退、その場での回転など自在なコントロールが可能です。
 
ツインモーターギヤーボックス
 
 モータの回転速度を落とすギヤがセットになっていて、左右それぞれに独立した駆動軸が伸びています。この駆動軸にキャタピラを駆動するホイールを取り付けます。タイヤで駆動する場合はこの駆動軸にタイヤを取り付けます。

● ギヤは標準速、低速の組み合わせが用意されている
 
ギヤの組み合わせ
 
 ギヤは組み合わせの順番でモータの回転数を58:1に落とす標準の組み合わせと、203:1の低速運転ができる低速ギヤの組み合わせが用意されています。キャタピラを駆動するので、大きなトルクが取り出せる低速ギヤを選びました。組み立て方はキットの取扱説明書に詳しく載っているので、苦労せずに組み立てられます。
 ギヤ・ボックスを組み立て、キャタピラ駆動用の駆動用ホイールを取り付けた写真です。
 
キャタピラ駆動用の駆動用ホイールを取り付けた

 次回は、電池ボックス、回路のテストのためのブレッドボードなどの取り付けを行います。



神崎康宏


タグ:    

投稿日時: 2007年07月03日 09:15 | | コメント (0) | トラックバック (0)

日本最大のおもちゃの見本市 ―東京おもちゃショー2007が開催 (その4)

■新感覚五目ならべ 「ミラクルファイブ」
 メガハウスのブースでは,6月に発売された新感覚の五目ならべ「ミラクルファイブ」を展示していた.これは,オセロの考案者である長谷川五郎氏が発案したゲームで,発売される前から注目を集めていた.
 遊び方は五目ならべに似ており,白と黒のコマを交互に10×10のマス目上で打ち合い,盤上に縦,横,斜めいずれか5個連続して並べた方が勝ちというシンプルなゲーム.五目ならべと違うのは,使用できるコマが両者とも12個ずつで,一度置いたコマを再び別の場所から動かすことができること,また途中で駒を昇格させて,駒の動きを変えることができるため,予期せぬ動きにより一発逆転を狙うこともできるという.五目ならべやオセロに比べると,戦略性が高いゲームといえる.なお,「ミラクルファイブ」以外にも5種類,計6種類のゲームが楽しめるとのことであった.価格は,3,150円.

ミラクルファイブ

■空中バトル・ロボット「空中戦機エアボッツ」
 ウィズのブースでは,空中でロボットを対戦させるという「空中戦機エアボッツ」の展示デモを行っていた.これは,発泡スチロールの本体に二つのロータを取り付けた軽量ロボットで,有線のコントローラから制御と電源供給を行う.実際に空中を飛ばしてデモを行っていたが,コントローラでは推力の制御しかできないとのことなので,自由に操るのはかなり難しいような印象を受けた.
 コントローラには単3電池4本が入っており,床に置いた状態から離陸させることができるなど,アニメに登場するロボットがそのまま飛び上がり,2台のロボットが空中戦を展開することをイメージしているという.
 
空中戦機エアボッツ


■変り種の地球儀 ―― 浮く,しゃべる,パズル
 テンヨーのブースでは,上からのささえがなく,台に入っているマグネットの反発だけで地球儀を浮かせる「浮宙儀(うちゅうぎ)」(写真手前)と,好きなところに地球儀を置くだけで回りだす「ガリレオプラネット」(写真中央と奥)を展示.「浮宙儀(うちゅうぎ)」は,永久磁石による連続長時間浮遊を実現したもので,フランスの物理学者シムレー博士とそのチームが完成させたという.
 
P8-tennyoa.jpg
 
 学研トイズのブースでは,しゃべる地球儀「SMART GLOBE」の展示デモを行っていた.専用のタッチペンで地球儀に触れると,その国(場所)の国名や首都,通貨や距離などの情報を音声で教えてくれる.5~10歳,11~15歳,15歳以上など,年代ごとに3種類のデータに更新できる.15歳以上のデータの文化や歴史に関する内容は,スポーツや芸能のエンターテイメント情報を紹介するなど,大人でも楽しめるものを集録してあるとのことである.音声は,8か国語に対応可能で,最新情報をインターネット経由でアップデートすることもできる.

P9-gakken-1a.jpg

P10-gakken-2a.jpg


 やのまんが出展していた「ブルーアースコレクション」は,一見何の変哲もない地球儀に見えるが,ジグゾーパズル・タイプの地球儀.240,540,960,1500ピースの4タイプがあり,英語版と日本語版が用意されている.また,地球儀のほかに,月球儀,天球儀もある.

P11-yanomana.jpg

タグ:        

投稿日時: 2007年07月03日 11:42 | | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路ロボ・チャレンジ 第4回大会

今年も姫路科学館で「姫路ロボ・チャレンジ」が開催される。今年は、ロボットの自律動作による新競技「3ヶ所ボール落とし」が取り入れられ、より高度なバトルが展開される。また、今回もスタンダードクラス優勝者には、「ROBO-ONE」第12回決勝出場権が授与される。

開催日時 7月14日(土)、15日(日)
開催場所 姫路科学館
昨年夏の大会の様子
昨年夏の大会の様子

タグ:    

投稿日時: 2007年07月03日 20:35 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月04日

ロボットづくり体験教室

彩の国ロボット工房では,ロボットづくり体験教室を実施しています.次回は8月4日,5日の夏休み中の開催で,テーマは茶運び人形ロボットの製作です.受け付け開始は7月2日ですが,通常は受け付け開始から2~3日で締め切られるそうなので申し込みはお早めに(参加者は埼玉県内の子供たちに限られている).
詳しくは,写真をクリックしてご覧ください.

タグ:  

投稿日時: 2007年07月04日 13:29 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月05日

バーチャル・リアリティの専門技術展 (その1)

― 第15回 産業用バーチャル リアリティ展が開催

 リード エグジビジョン ジャパンが主催する,「第15回 産業用バーチャル リアリティ展」が,2007年6月27日~29日の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された.「第18回 設計・製造ソリューション展」,「第11回 機械要素技術展」も同時開催.
 この展示会は,最新の3D CGやシミュレーション技術をはじめ,最新のバーチャル・リアリティ製品,技術が一堂に会する専門展示会.製造業の研究,開発,設計部門のみならず,広告やディスプレイ装飾業,官公庁・地方自治体,建設業,放送・映像製作関連をはじめとする,あらゆる産業分野の研究者,開発者に対する情報提供の場でもある.

■エコロジを考慮したRPシステム「KATANA III」
 キラ・コーポレーションの「KATANA III」(写真)は,環境にも配慮したRPシステム.RPシステム(Rapid Prototyping System:高速造形装置)とは,素早く製品の「原型」を作成する装置で,商品開発時間の短縮という要求に応えるものとして注目を集めている.「KATANA III」による造形のプロセスは,まず専用紙(接着剤が塗布されたロール紙)を機器内のテーブル部分に送り,次に専用紙を加熱し,接着剤を融解させ積層物に付着させる.最後に,パソコンから送られる3D-CADデータの輪郭データに沿って,輪郭をカッティングする.この繰り返しにより,例えばカメラのモックアップ・モデル(107.5×31.8×60.8mm)なら55分で作成できるという.
 ロール紙とモデルの大きさに応じた給紙システムを実現することで,ランニング・コストを従来の最大1/3に低減.紙素材を使用して造形を行うため,不要となったモデルの廃棄も環境に優しい.

KATANA III

KATANA III


■四輪実車型ドライブ・シミュレータ
 写真は,フォーラム8のブースに展示されていた「UC-win/Road ドライブ・シミュレータ」.フォーラム8は,道路や橋梁,トンネルなどの大規模空間のバーチャル・リアリティを作成するソフトウェアを開発しており,本製品の特徴は,標準プラグインをパッケージ・ソフトで提供することにより,バーチャル映像を自由に作成できるところにある.また,ビジュアル・オプションを使って走行環境を自在に設定でき,シナリオ機能,ログ解析機能もカスタマイズできる.

四輪実車型ドライブ・シミュレータ

タグ:  

投稿日時: 2007年07月05日 11:05 | | コメント (0) | トラックバック (0)

バーチャル・リアリティの専門技術展 (その2)

 ― 第15回 産業用バーチャル リアリティ展

■縦型アーチ・ディスプレイ
 三菱プレシジョンでは,写真のような縦型アーチ・ディスプレイの展示デモを行っていた.縦型アーチ・ディスプレイは凸面型のディスプレイで,スクリーン・サイズは1,890×1,424mmという大画面.凸面なので,広角度から見ることができる.人物の等身大表示などに適しており,商業施設などでのプロモーションやアパレル・ショップの試着イメージ,高解像度の動画で表示をする動く看板(POP)などの用途が考えられる.
 内部に2台のプロジェクタが入っており,プロジェクション・ラスタ技術を使用して曲面歪補正を行い,二つの映像を継ぎ目が出ないように結合させているという.

縦型アーチ・ディスプレイ

■超高速3Dレーザー・スキャナ「ライカ HDS6000」
 写真は,ライカ ジオシステムズの超高速3Dレーザー・スキャナ「ライカ HDS6000」.これは,スキャナ,コントローラ,データ保存,バッテリがすべてワンユニットに組み込まれているもので,位相差方式のスキャナと比較すると測定距離が長く,より高品質なデータを供給できるという.既存の構造物の測定や,文化遺産などのデータを数値化して残しておくような用途に適している.
 側面のタッチ・パネルからスキャナ操作が行え,オプションのソフトウェア「Cyclone SCAN」を使用することで,多機能なスキャン・コントロール,高品質な計測を行うことができる.

ライカ HDS6000

タグ:    

投稿日時: 2007年07月05日 11:17 | | コメント (0) | トラックバック (0)

FireFoxの検索エンジンに秋月電子通商を追加

WebブラウザであるFireFox(http://www.mozilla-japan.org/)の検索バーには、後から検索エンジンを追加することができますが、追加する検索エンジンに秋月電子通商のものが含まれています。
検索エンジンを下記のページで追加してから、検索窓にデバイス名などを入れて検索ボタンを押すと、同ショップ内の検索結果が表示されます。
◎検索エンジンを追加するページ
http://www.mozilla-japan.org/addons/firefox/search-engines/

find2.jpg

タグ:  

投稿日時: 2007年07月05日 11:28 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 コスト重視の携帯型アプリケーション向け超低消費電力タッチ・センサ

STマイクロエレクトロニクスは、韓国のATLab社とライセンス契約を結び、超低消費電力タッチ・センサの新ファミリ「S-Touch」を発表した。
完全ディジタル・アーキテクチャをベースにしたATLab社の静電容量式タッチ・センシング技術により、オンチップ・マイコン、メモリまたはファームウェアを追加することなく制御インターフェースを実現する。また、先日同社が発表したマイコン・ベースの「QST」シリーズを補完する製品である。

新ファミリの最初の製品は8チャネルの「STMPE821」(2007年9月サンプル出荷開始)、12チャネルの「STMPE1208」(サンプル出荷中、9月より量産開始)で、高速応答時間(サンプリング時間2ms)、センサ・ラインへの部品追加が不要、小型チップなどの特徴をもつ。


超低消費電力タッチ・センサの新ファミリ「S-Touch」

タグ:    

投稿日時: 2007年07月05日 21:40 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月06日

USBSPYDER08を使ってみよう(動作させる) (連載2回)

 前回は、USBSPYDER08の紹介をしました。
 今回はUSBSPYDER08を動作させてみます。

= CodeWarrior開発環境をインストールする =

 USBSPYDER08でプログラムを開発するときには、"CodeWarrior Development Studio"(以下CodeWarrior)と呼ばれるソフトウェアが使用されます。
 CodeWarriorは、統合開発環境(IDE : Integrated Development Environment)と呼ばれるソフトウェアの一種で、プログラムの編集、コンパイル、書き込み、デバッグまでを同一のソフトウェアから行うことができます。

 CodeWarriorは、USBSPYDER08に同梱されていたCD-ROMからインストールすることができます。
CD-ROMをパソコンのCD-ROMドライブなどに入れると、自動的にインストーラ・プログラムが立ち上がります。

インストーラ・プログラムが自動的に起動する


 このメニューの中から、"Install CodeWarrior Development Studio"をクリックすると、CodeWarriorのインストールが始まります。

 CD-ROMからのインストールが終わった後、インストーラは最新のソフトウェアをダウンロードするためネットワークを通じてフリースケールのサーバへアクセスします。

 利用可能な更新ソフトウェアの一覧


 ここで表示される更新ソフトウェアはかなりサイズが大きいのですが、特別な理由がなければ、すべての更新を適用してください。
 すると、ネットワークを介して更新プログラムがダウンロードされます。
 筆者がダウンロードした時の総ファイルサイズは、161Mバイトでした。

 ダウンロードするファイルのサイズはかなり巨大なので、有線ネットワークを使うなど高速な回線を確保してからインストールを始めることをお勧めします。また、インストール中、何度も確認を要求してくるので、確認をしながらインストールしてください。

= デバイス・ドライバをインストールする =

 USBSPYDER08は、USB規格のデバイスです。そのため、多くのUSBデバイスと同じように専用のデバイス・ドライバをインストールする必要があります。

 デバイス・ドライバも、USBSPYDER08に同梱されていたCD-ROMに入っています。
 メニューの中から、"Install USBSPYDER08 Additional Components"をクリックすると、デバイス・ドライバを始め、USBSPYDER08に固有のファイルのインストールが始まります。

USBSPYDER08固有ファイルのインストール

 インストールが終わったら、メニューの"Exit Installer"をクリックしてCD-ROMを取り出します。


= USBSPYDER08を接続する =

 デバイス・ドライバがインストールされたら、USBSPYDER08を接続します。
 USBコネクタ側のキャップをはずして、PCのUSBポートに直接挿入するか、延長ケーブルなどを使って接続します。

USBSPYDER08をつなぐ


 すると、「新しいハードウェアの検出ウィザード」が開くので、自動的にソフトウェアを探すを選択してインストールを完了します。

ソフトウェアを自動的にインストールする


 USBSPYDER08には、出荷されたときにサンプル・プログラムが書き込まれています。そのため、PCに接続しただけでLEDは点滅を始めます。


= アプリケーション開発のためのプロジェクトを作成する =

 次に、USBSPYDER08単体で動作するプログラムを書いてみましょう。

 最初に「スタート」メニューから"CodeWaiior IDE"を呼び出し、"Startup"ダイアログの"Create New Project"をクリックして、新しいプロジェクトを作成します。

Startupダイアログ


 ウィザードでは、以下のように設定し、「完了」ボタンをクリックします。

設定内容

デバイスと接続方法の選択ダイアログ


使用する言語とプロジェクト名ダイアログ


Processor Expert選択ダイアログ


 すると、新しいプロジェクトが作成され、使用するマイコンのパッケージと使い方を選択するダイアログが現れます。
 ここで使用するのは、8ピンDIPパッケージのMC9S08QG4です。"MC9S08QG4CPA 8-pins PDIP"を選択します。

パッケージの選択ダイアログ


 USBSPYDER08を単体で使用する場合には、デバッグ状態で使用することになるので、
Debugだけをチェックします。

使い方の選択ダイアログ


 これでプロジェクトの準備は完了です。

プロジェクトの初期画面


= アプリケーションを作ろう =

 プロジェクトができたら、アプリケーションを作成します。

 USBSPYDER08には、出力機能として、LEDが一つだけ搭載されています。LEDは、MC9S08QG4のタイマ端子に接続されているので、タイマのPWM(Pulse Width Modulation : パルス幅変調)出力機能を使用すると、簡単にLEDを点滅させるプログラムを開発することができます。
 ここでは、タイマ・ポートに接続されたLEDを2秒ごとに0.1秒だけ点灯させるアプリケーションを作成します。

 マイコンのプログラムというとレジスタの設定などやることが多くて大変そうですが、プロセッサ・エキスパートという仕組みを使うと簡単です。

 まず、タイマ・ポートにパルス出力を出すためのビーンと呼ばれるオブジェクトを選択します。そして、右下にある"Bean Selector"(ビーンの選択)サブウィンドウから、

"Generation of signals" (信号の生成)-
"Digital pulses with specified timing" (決められたタイミングのディジタル・パルス)-
"Pulse width modulated signal" (PWM信号)-
"Variable frequency at runtime" (実行時に周波数を変えられる)

をダブルクリックで選択していき、PPG(Programmable Pulse Generation : プログラム可能パルス生成)ビーンを呼び出します。

ビーンの選択


 新しく追加されたPPGビーンの属性(Properties)が中央の"Bean Inspector"(ビーンの検査官?)に表示されます。

 ビーンの属性表


 設定が必須の属性には赤いエクスクラメーション・マークがついているので、この二つの項目だけ設定します。
 "Period"(周期)に"2sec"(2秒)、"Starting pulse width"(最初のパルス幅)に"1.9sec"(1.9秒)を設定すると、2秒ごとに1.9秒消灯する(2秒ごとに0.1秒点灯する)設定になります。

周期とパルス幅の属性


 これで、アプリケーションは出来上がりです。
 このアプリケーションでは、コーディングは必要ありません。


= プログラムを書き込もう =

 アプリケーションが出来上がったら、USBSPYDER08にプログラムを書き込みます。
 "Bean Inspector"の左側にあるDebugボタンをクリックすると書き込み兼デバッガ画面が開きます。

Debugボタンをクリックする


 次に、ターゲットとの接続方法を指定します。

 ターゲットとの接続情報


 "Hardware Model"(ハードウェア仕様)に"USPSPYDER08"を"Device"(デバイス)に"MC9S08QG4"を指定して、"Connect"ボタンをクリックするとプログラムが書き込まれて、デバッガ画面が開きます。

 デバッガ画面からプログラムを走らせる


 画面上の"Start/Continue"ボタンをクリックするとプログラムが走り始め、USBSPYDER08のLEDが点滅を始めます。



 次回は、USBSPYDER08に部品を追加して使ってみます。

田中範明

投稿日時: 2007年07月06日 11:15 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 大容量4GBのmicroSDHCメモリカード

東芝コンシューママーケティング(株)は、国内メーカとしては初めてmicroSDメモリカード・サイズとしては最大容量の4GB microSDHCメモリ・カード「SD-MH004GA」を7月上旬より発売する。高機能の携帯電話などで、写真、音楽、映像などの大容量データの保存に対応している。
特徴
・4MB/秒~6MB/秒の速さで書き込み可能、「SDスピードクラス」はクラス4に対応
・CPRM技術を採用した高度な著作権保護機能を搭載
・価格 オープン
4GB microSDHCメモリ・カード「SD-MH004GA」

タグ:    

投稿日時: 2007年07月06日 22:18 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月07日

新製品 W-SIM用コネクタ ヘッダタイプ

アルプス電気(株)は、携帯電話や各種携帯情報端末、ノートPCなどの用途に W-SIM用コネクタ ヘッダタイプ「SCZA2」シリーズを発売した。
高度化するW-SIM機器に対応する小形・薄形のヘッダタイプ・コネクタで、ボスあり・Lタイプとボスなし・0.6mmタイプがある。
特徴
・無線通信機能を搭載したW-SIMに対応
・小型・薄型(外形サイズ:27.2×7.95×4.65mm)
・セットのデザイン性を損なわない最小の実装面積を実現
・電源瞬断防止対策として電源、Ground端子を2本に分割したダブルコンタクト構造を採用


SCZA2シリーズ

タグ:  

投稿日時: 2007年07月07日 21:09 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月09日

新製品 第2世代iPod Shuffle用充電機能付きコンパクト・スピーカ

(株)コレガは、第2世代iPod Shuffle用充電機能付きコンパクト・スピーカ「CG-IPSPDC02シリーズ」5機種を7月下旬より発売する。
特徴
・第2世代iPod Shuffle用Dockコネクタに対応
・2WAY電源(単4電池2本またはUSB端子より)に対応
・充電機能搭載
・PCとつないでiTunesと同期可能
・筐体カラーはiPod Shuffleと同じ5色用意
・価格 3,675円

CG-IPSPDC02シリーズ

タグ:  

投稿日時: 2007年07月09日 21:15 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 過電圧保護レギュレータおよび突入電流リミッタ

リニアテクノロジーは、高可用性システム向けの過電流保護と突入電流制限を備えた過電圧保護レギュレータ「LT4356」を発売した。新製品は、商用、産業用、車載の全温度範囲で規定され、12ピンDFN(4×3mm)および10ピンMSOPパッケージで供給される。
特徴
・広い動作範囲:4V~80V
・調整可能な出力クランプ電圧
・突入電流制限、過電流保護
・-30Vまでの逆入力保護
・調整可能なフォールト・タイマ
・フォールト出力表示
・-40℃~+125℃動作

LT4356

タグ:    

投稿日時: 2007年07月09日 21:47 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月10日

フリースケールの8ビット・マイクロコントローラを使用した電子工作キット製作コンテストの最終審査会

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(株)主催、電子工作を通して「ものづくり」の楽しさを多くの人に体感してもらうことを目的に昨年に続き開催された8ビット・マイコン・コンテストの最終審査会ならびに表彰式が、7月6日に秋葉原で開催された。
 審査は、第一次審査を通過した本人のデモを審査員複数が採点するというもの。会場には、最近書籍を書かれた光永さん(写真)、今、このブログで連載をしていただいている田中さんエレキジャックNo.2で記事を執筆いただいた川野さんらの姿も見られた。


審査風景
レポートは後日掲載予定です。

入賞者一覧です。

最優秀賞 受賞作品 : カラーフロッグ 受賞者 : 小寺 匠 さん

 
初心者向け部門賞
受賞作品 : Ir-Spider
受賞者 : 濱原和明 さん

中級者向け部門賞
受賞作品 : 遊歩ロボット・ニジーク
受賞者 : 川野亮輔 さん

上級者向け部門賞
受賞作品 : HCS08マイコンゲーム機
       “くもくんで ゲーム機つくろうよ”
受賞者 : 飯塚連也 さん
くもくんで ゲーム機つくろうよ


審査員特別賞
受賞作品 : 昆虫型6足歩行ロボット
受賞者 : 山王丸 浩昭さん 大湯 健介さん

ツクモロボット王国賞
受賞作品 : Rolling Mouse(ゴロゴロマウス)
受賞者 : 濱原和明 さん

タグ:  

投稿日時: 2007年07月10日 17:32 | | コメント (0) | トラックバック (0)

フリースケール社が主催する「第二回 電子工作キット製作コンテスト」

 ものづくりの楽しさを通して,日本の科学技術の向上を目指そうという「第二回 電子工作キット製作コンテスト」が,2007年7月9日,東京秋葉原の廣瀬無線電機において開催された.主催したのはフリースケール・セミコンダクタ・ジャパン.コンテストの対象になるのは,同社製の8ビット・マイコンを使用して製作された電子工作キット.
 会場では,多数の応募作品の中から一次選考を通過した16作品のデモと最終審査が行われた.審査員は,デンソー 加藤光治氏,九十九電機 鈴木淳一氏,フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン 高橋恒雄氏,薄井明英氏の4名.受賞作品は,以下のとおり(敬称略).

最優秀賞 ・・・・・・・ カラーフロッグ(小寺 匠)
上級者向け部門賞 ・・・・・・・ くもくんでゲーム機つくろうよ(飯塚連也)
中級者向け部門賞 ・・・・・・・ 遊歩ロボット・ニジーク(川野亮輔)
初心者向け部門賞 ・・・・・・・ Ir-Spider(濱原和明)
ツクモ特別賞 ・・・・・・・ Rolling Mouse(濱原和明)
審査員特別賞 ・・・・・・・ 昆虫型6足歩行ロボット(山王丸浩昭,大湯健介) 
 
記念撮影

受賞作品について
●最優秀賞は「カラーフロッグ」
 写真は,最優秀賞に選ばれた「カラーフロッグ」で,デモでは「かえるのうた」を演奏していた.「カラーフロッグ」は,折り紙やカラー・プリンタで出力した台紙の色で音符を識別し,演奏する.
 8ビット・マイコンのI/OやA-Dコンバータを活用し,色判断や色表現,ブザー再生などを行っている.フルカラーLEDと,フォト・トランジスタを組み合わせて,色の判別を行わせているという.これにより,色分けされたバー上でカエルを移動させると,周囲の色に応じて自分の色や鳴き声の音程を変化させて,曲を演奏させることができる.
 人間の識別している色が,可視光線領域のRGBの反射率によって表現されていることが理解できる,という学習効果もあるという.
カラーフロッグ

カラーフロッグ

 
●上級者向け部門賞は「くもくんでゲーム機つくろうよ」
 写真は,上級者向け部門賞に選ばれた「くもくんでゲーム機つくろうよ」で,トランプ・ゲーム「ブラックジャック」が楽しめる.
 これは,フリースケール社の8ビット・マイコンの開発ツールであるUSBSPYDER08をゲーム機本体に見立てて,小型有機ELパネルをディスプレイにしたミニゲーム・マシンである.USBSPYDER08本体には一切の加工や改造を加えずにシステムを構築することを心がけたという.この作者は,自分でゲーム・ウォッチを作りたいという,子供の頃からの夢を本キットにて実現した.

くもくんでゲーム機つくろうよ

くもくんでゲーム機つくろうよ

●中級者向け部門賞は「遊歩ロボット・ニジーク」
 写真は,中級者向け部門賞に選ばれた「遊歩ロボット・ニジーク」の作者がもう一つ出品していた「エアロアールシー・アクセラレータの製作」を説明しているところ。遊歩ロボット・ニジークは、電池を両腕に載せ、バランスをとりながらユニークな歩き方をするのが特徴。リンク・ロッドとクランク機構を使って1個のモータで静的に歩き、もう1個のモータで腰をひねるための機構を作って体の向きを変えられる(*1)。
 
「エアロアールシー・アクセラレータの製作」を説明


●初心者向け部門賞は「Ir-Spider」
 写真は,初心者向け部門賞に選ばれた「Ir-Spider」で,コントローラの傾き方によって市販のラジコン・カーを操縦する.
 これは,市販の小型ラジコン・カーのリモコンをエミュレーションしたもの.通常のリモコンはスイッチによって操作するが,ここでは加速度センサを搭載し,コントローラの傾きによってラジコン・カーを操作する.少ない部品と簡単な工作で作成できるという.
 通信に赤外線を使用しているため,大人数で操作すると干渉してしまうことや蛍光灯の光などに影響を受けやすいことなどが,今後の課題点とのことであった.
Ir-Spider

Ir-Spider


2007/07/11 12:28 (*1) 下記のブロックを修正しました。 
リンク・ロッドとクランク機構を使って1個のモータで静的に歩き、腰をひねるための機構を作ってもう1個のモータで制御する。
 ↓
(変更)
リンク・ロッドとクランク機構を使って1個のモータで静的に歩き、もう1個のモータで腰をひねるための機構を作って体の向きを変えられる。

タグ:  

投稿日時: 2007年07月10日 18:16 | | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回 楽しいマイコン教室(親子で遊ぼうマイコンカー)

NPO法人グローバリスジャパン主催の小中学生向けのマイコン工作体験教室「第3回 楽しいマイコン教室(親子で遊ぼうマイコンカー)」が開催される。パソコンと簡単なツール、適切な指導のもとに、マイコンのプログラミングに挑戦する教室。

開催日時 2007年7月29日(日) 13時~17時
開催場所 つくば市大穂公民館
対象    小・中学生
参加費用 2000円(教材費)

「第3回 楽しいマイコン教室(親子で遊ぼうマイコンカー)」

タグ:  

投稿日時: 2007年07月10日 19:20 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 省スペース化・省電力化を実現するMEMS 2軸アナログ加速度センサ

STマイクロエレクトロニクスは、超小型低Gリニア加速度センサ・ファミリの新製品「LIS244AL」モーション・センサを発表した。超小型で、正方形のフットプリントと低消費電力を特徴とし、携帯電話、携帯マルチメディア・プレーヤなどバッテリ駆動のポータブル・アプリケーションに適している。

LIS244ALは、耐衝撃性の高い2軸MEMSセンサとリアルタイム・アナログ出力機能をもつCMOSインターフェース・チップを、4×4×1.5mmのプラスティック・パッケージに組み込んでいる。出力レンジはフルスケールで±2.0G。

LIS244AL

タグ:  

投稿日時: 2007年07月10日 20:24 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月11日

第8回国際鉄道模型コンベンション

NPO法人 日本鉄道模型の会は、「第8回国際鉄道模型コンベンション」を開催する。また、同会はコンベンション・ボランティアを募集している。

場所  東京ビッグサイト西ホール&屋上展示場
会期  2007年8月10日(金)~12日(日)
入場券 一般 1,200円(3日間有効)、 中学生以下 無料

0711jamImage1.jpg

タグ:  

投稿日時: 2007年07月11日 21:02 | | コメント (0) | トラックバック (0)

自走車にセンサを取り付ける。自走車の車体の準備(2) 連載3-5

 ユニバーサル・プレートを重ねる場合間に、スペーサを用意します。スペーサがない場合は、45mmから50mmのM3のビスを利用する方法があります。ホームセンタではM3のビスは30mmくらいの長さまでそれ以上の長さのビスはあまり置いていません。
 誰でも入手できるようにマルツパーツのメタルスペーサM3用35mm(105円)とジュラコンスペーサM3用40mm(47円)を入手しました。
各種スペーサ

 

 ビスはM4ですと50mmのステンレスのビスが見つかったのですが、M3は30mmまでの長さが一般的で、ホームセンタを6店舗探し7店舗目でM3 50mmのビスが見つかりました。ステンレスのビスは見つかりませんでした。
 今回は、ユニバーサル・プレートを重ねるために、真中のジュラコン40mmのスペーサを使用しました。これらのスペーサは両端にネジが切ってあってビスでプレート固定します。

●テスト用の自走車
 プレートを2段に重ね、下のプレートにはツインモーターギヤボックスと制御回路用の単三3本の電池ボックスをセットします。それぞれユニバーサル・プレートにビスとナットで固定します。

テスト用の自走車

 上段のユニバーサル・プレートには、モータの電源2.4から3Vを供給する単三2本の電池ボックスとブレッド・ボードをセットします。電池ボックスは2本のビスとナットをしっかり固定します。ブレッド・ボードはテストに使用するだけですので仮止めしてあります。
 モータの配線、4本のリード線を左右のモータの端子にはんだ付けします。リード線のもう一方の端はブレッド・ボードに配線できるように、スズ・メッキ線をはんだ付けします。テストで動作を確認しましたらユニバーサル基板で制御回路を作る予定です。その際、リード線は基板・配線のコネクタを使用するつもりです。


リード線モータの電源の配線

 モータへの入力端子の極性がわかるように、それぞれのモータに赤・黒、白・紺のペアのリード線で接続しました。

●ブレッド・ボードで配線の接続を行う

 モータに赤・黒、白・紺のペアのリード線で接続

 ブレッド・ボードへは、モータの電源からリード線をスイッチ経由で配線します。ブレッド・ボードの上下の電源ラインにエネループの2.4Vの電源がスイッチ経由できています。
 M1,M2のモータからのリード線をプラス、マイナスの電源ラインに接続します。
 左右のモータの供給する電源の極性は上に示したように反転させます。
 極性を反転して接続すると、左右のキャタピラの回転方向が同じになり直進します。しかし左右別のモータでドライブしているので、直進性は必ずしも良くありません。
 極性を同じにすると左右のキャタピラの動きが反対になるので、その場で回転します。



 次回からは、ブレッド・ボードを使って制御回路のテストを予定しています。



神崎康宏

タグ:  

投稿日時: 2007年07月11日 22:18 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月12日

コウモリマイク工作教室

コウモリマイク工作教室が、下記の要領にて実施されます。

BAT.gif

日 時:7月21日(土)・22日(日)の午後3時~8時
会 場:北九州学術研究都市情報技術高度化センター
    (福岡県北九州市若松区ひびきの)
対 象:中学生(保護者の迎えが必要)。
定 員:各日16人(抽選)。受講料500円。
内 容:超音波を聞き取る装置を作製。コウモリの声聞き体験もあり。
申 込:往復はがきに、希望日、住所、氏名、学年、電話番号を書いて、北九州産業学術推進機構「工作教室」係(〒808-0135 若松区ひびきの2-1 電話695-3007)へ。


※この工作教室で使われるコウモリマイクの製作記事は、エレキジャックNo.3(7/25発売)にて紹介予定です。

タグ:  

投稿日時: 2007年07月12日 10:50 | | コメント (1) | トラックバック (0)

富士通キッズイベント2007 夢をかたちにしてみよう!

富士通(株)は、ものづくりや技術の楽しさを学べる子ども向けイベント「富士通キッズイベント2007 夢をかたちにしてみよう!」を開催する。未来を担う子どもたちに「技術のおもしろさ」と「ものを創りだす楽しさ・喜び」を伝えることを目的としている。申し込みは7月12日~23日。

開催日時 2007年8月18日(土) 2回開催       
会場   富士通(株)川崎工場(神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1)
対象   小学校4年生~6年生(保護者同伴)
募集人員 各回40名、合計80名(児童数)
参加費  無料
内容 第1部:環境3Rおじさんとパソコンを分解してみよう!
     第2部:富士通の技術・歴史について楽しく学ぼう!
     第3部:未来の夢をかたちににしてみよう!

0712fujitsu12c.jpg0712fujitsu12b.jpg

タグ:    

投稿日時: 2007年07月12日 21:34 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月13日

USBSPYDER08を使ってみよう(部品外付けで動作させる-前編) (連載3回)

 前回はUSBSPYDER08単体でプログラムを書いてみました。
 今回から二回にわたって、USBSPYDER08に直接部品をつないで動作させます。

= USBSPYDER08に部品をつなぐ =

 第1回目で紹介したようにUSBSPYDER08には8ピンのヘッダが実装されていて、USBSPYDER08に搭載された8ピン・マイコンのすべての端子の信号を引き出すことができます。
 今回は、このピンヘッダに直接部品をつないで動作させます。接続するのは、圧電スピーカです。

 圧電スピーカは、矩形波のパルスを与えるだけで音を出すことが出来る便利な素子です。
 今回使用した圧電スピーカは、TDKのPS1240P02ATという製品です。発振回路のないタイプの圧電スピーカであれば、他の製品も使用することができます。圧電スピーカと2.2kΩの抵抗を直列に接続して、マイコンの8ピンと7ピンの間につなぎました。
 
usbspyder08-3-01.png
 
 USBSPYDER08のピンヘッダに接続するため、4Pシングル・イン・ライン(SIL)コネクタをマイコンの5ピンから8ピンまでの端子に接続し、圧電スピーカは、SILコネクタに取り付けています。

 圧電スピーカを駆動するための信号は、マイコンの8ピンから出力されます。
 そして、本来であれば、圧電スピーカのもう片方の端子はVDDまたはVSSなどの固定電位に接続します。そのため、ここで7ピンを使用する必要はまったくないのですが、4PのSILコネクタを使うとVDDもVSSも取り出すことができないため、このような接続にしています。
 
USBSPYDER08用発音アダプタ完成写真
 
 USBSPYDER08のピン・ヘッダのうち、マイコンに近い側のピンにこのアダプタを取り付けます。
これで準備完了です。
 
USBSPYDER08用発音アダプタ取り付け写真

= アプリケーションのコンセプト =

 これから作成しようとするのは、二つの周波数の音を周期的に切り替えるアプリケーションです。
 うまく調整すると、救急車のサイレンのような音が出てくるはずです。

= 新規プロジェクトを作成する =

 前回同様、今回もProcessor Expertのビーンを利用してプログラムを書きます。

 まず、CodeWarriorとProcessorExpertを使って、新しいプロジェクトを作成します。今回は、"C:\Projects\CW\SPY2"という場所に"SPY2.mcp"というプロジェクトを作成します。その他の設定は前回と同じです。

= プログラム可能パルス発生器ビーンを設定する =

 次に、ビーンを設定します。

 最初のビーンは、前回も使用したプログラム可能パルス発生器(Programmable Pulse Generator : PPG)ビーンです。前回はLEDを駆動するパルスを作成するためにこのビーンを使用しましたが、今回はこのビーンで圧電スピーカを駆動するパルスを作成します。

 周波数を固定していた前回と違い、今回は実行時に音の周波数を変更する必要があります。
 
周期属性ダイアログを呼び出す
 
 周波数を可変できるは、"ADVANCED"(高度な機能)に分類される属性なので、"Bean Inspecter"の下にある"ADVANCED"のボタンをクリックしてから周期属性(Period Property)のダイアログを呼び出します。

周期属性を設定する

 実行中にパルスの周期をある範囲から選択できるようにするため、"Runtime setting type:"(実行時設定タイプ)に"from time interval"(時間間隔から設定する)を設定します。そして、初期値と設定可能な下限値と上限値を設定します。
 ここでは、以下のように設定しました。

初期値と設定可能な下限値と上限値を設定
 
 ここで設定するのはあくまでも周期の下限と上限なので、周波数の単位(Hz)で設定するときには注意が必要です。設定ができたら"OK"ボタンをクリックします。

 "Starting pulse width"(最初のパルス幅)には、50%デューティのパルスを出すために周期の初期値で設定した1msの半分の0.5msを設定します。
 
PPGビーンの属性の設定完了
 
 PPGの設定の最後は、メソッドの選択です。
 メソッドは、ビーンを操作するための関数群のことで、ユーザのプログラムはメソッドを使ってビーンの動きを決めます。ビーンは、数多くのメソッドを装備していますが、使用しないものまでメソッドのコードを生成するとメモリ領域を圧迫してしまいます。このため、不要なメソッドのコードを生成させないことが重要になってきます。
 このアプリケーションでは、PPGの周波数を変更する機能だけを使用するため、"SetFreqHz"(周波数をHz単位で設定する)だけを使います。

 中央の"Bean Inspector"(ビーンの検査官?)の"Methods"(メソッド)タブをクリックするとメソッドの一覧が現れます。"SetFreqHz"だけを"generate code"(コードを生成しろ)に設定し、それ以外は"don't generate code"(コードを生成するな)に設定します。
 
PPGビーンのメソッドの設定
 
 以上でPPGビーンの設定は完了です。

= PTA1に単独入出力ビーンをつなぐ =

 最初に回路図で示したように、圧電スピーカの端子はマイコンの8ピンと7ピンに接続されています。
 8ピンにはPPGビーンをつなぎましたが、7ピンは接続されていません。そこで、7ピンには常時VSSレベルを出力する"BitIO"(単独入出力)ビーンを接続します。

右下にある"Bean Selector"(ビーンの選択)サブウィンドウから、
"Digital input/output" (ディジタル入出力)-
"Standard I/O" (標準的な入出力)-
"Individual pins" (単独の端子)
をダブルクリックで選択していき、
BitIO(単独入出力)ビーンを呼び出します。 

BitIOビーンの呼び出し

 
 このビーンでは属性を二か所設定します。一つ目は、"Pin for I/O"(ビーンが接続される端子)です。
ここに7ピンを示す"PTA1_KBIP1_ADP1_ACMPMINUS"を設定します。
 二つ目は、"Direction"(入出力の方向)です。このアプリケーションでは、出力専用として使用するので、"Output"を設定します。
 
BitIOビーンの属性の設定
 
= Cpuビーンのメソッドを有効にする =

 ビーンを設定した後で作成するユーザプログラムでは、Cpuビーンに属する"Delay100US"(100usec単位で遅延させる)というメソッドを使用します。
 そのため、あらかじめこのメソッドのコードを生成させるように設定しておきます。

 左の"Project Panel"(プロジェクト・パネル)で"Cpu:MC9S08QG4CPA"をクリックし、中央の"Bean Inspector"(ビーンの検査官)の"Methods"(メソッド)タブをクリックします。そして、"Delay100US"を"generate code"(コードを生成させる)に設定します。
 
Cpuビーンのメソッドの設定
 
= スタック領域を拡張する =

 ProcessorExpertでMC9S08QG4のプロジェクトを作成したときのスタック容量は、32バイトになっています。PPGビーンの周波数を変えるプログラムを記述すると、時間を計算するためにスタックを消費するので、初期値の32バイトでは不足してしまいます。
 そこで、64バイトに拡張しておきます。

中央の"Bean Inspector"(ビーンの検査官)の、
"Build options"(構築時オプション)タブをクリックします。
そして、"Generate PRM file"(リンク・ファイルを生成する)-
"Stack specification"(スタックの仕様)-
"Stack size"(スタック容量)
を"40"(16進数の40)に設定します。

 
スタック容量の設定


 
 以上でビーンの設定はおしまいです。
 ビーンの設定が終わったら、メニュー・バーから"Project" - "Make"を選択するか、F7ボタンを押してコードの生成とコンパイルを行います。これで、プログラムのひながたができました。


 次回は、音を出すプログラムを完成させます。

田中範明



2007 7/18 17:30 最初の写真「USBSPYDER08用発音アダプタ完成写真」のコメントで、4Pを6Pと間違っていたので、修正写真に差し替え。

タグ:    

投稿日時: 2007年07月13日 13:12 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月14日

新製品 挿入実装型パッケージの8ビット・マイコン

NECエレクトロニクスは、アジアを中心とした白物家電市場にに向けたマイコン事業強化策の一環として、SDIP(Shrink Dual Inline Package)に封入した8ビットのオールフラッシュ・マイコン7品種を製品化、サンプル出荷を開始した。

新製品は、端子数が16~32本の“小ピン”シリーズ品で、表面実装型パッケージに比べ組み立てが容易で製造コストを削減できる。また、ソフトウェアの書き換えが可能なためセットの開発期間を短縮するほか、セットの小型化にも貢献する。

サンプル価格は、4KBフラッシュ・メモリ搭載の「78K0S/KY1+」(16ピン)が200円など。量産は2007年10月より順次開始する。

78K0S/KY1+

タグ:      

投稿日時: 2007年07月14日 22:45 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 広い動作温度で超高精度を提供するディジタルTCXO

マキシム・インテグレーテッド・プロダクツは、高精度ディジタル制御温度補償水晶発振器(DC TCXO)「DS4026」を発表した。

特徴
・周波数精度:±1.0ppm(-40℃~+85℃)
・標準周波数:12.8、19.44、20.0、38.88、40.0、51.84MHz
・最大偏移:±4.6ppm(10年間)
・表面実装16ピンSOPパッケージ

DS4026

タグ:  

投稿日時: 2007年07月14日 23:27 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月15日

旭川市科学館・サイパルの8月のイベント

旭川市科学館では、以下のような子どものための教室を開催する。

0715asahikawatop_ti04.jpg

おもしろ科学教室(2階 電子工作室)
昆虫模型・オケラッタくんの製作
日時:8月3日(金) 9:30~12:30
対象:小学5年生~中学生
定員:5名(定員になり次第締め切り)
参加料:1,500円
申し込み:7月22日(日)9:00~29日、電話にて

昆虫模型・クワガッタくんの製作
日時:8月5日(日) 9:30~12:30
対象:小学5年生~中学生
定員:5名(定員になり次第締め切り)
参加料:1,500円
申し込み:7月22日(日)9:00~29日(日)、電話にて

デジタル工房(2階 電子工作室)
ロボットカーを動かそう
日時:8月4日(土) 10:00~12:00
対象:小学4年生~中学生
定員:12名(定員になり次第締め切り)
参加料:100円
申し込み:7月20日(金)9:00~29日(日)、電話にて

子どものための電子工作~夏休みロボット工作教室(2階 電子工作室)
ハイパーライントレーサーの製作
日時:8月7日(火)9:30~13:00と8日(水)9:30~15:00の2日間
対象:小学4年生~6年生
定員:10名(定員になり次第締め切り)
参加料:3,600円
申し込み:7月21日(土)9:00~29日(日)、電話にて

アボイダーIIIの製作
日時:8月9日(木)9:30~13:00と11日(土)9:30~15:00の2日間
対象:小学4年生~6年生
定員:10名(定員になり次第締め切り)
参加料:3,600円
申し込み:7月21日(土)9:00~29日(日)、電話にて

タグ:    

投稿日時: 2007年07月15日 22:17 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月16日

新製品 出力電流の高精度化を実現したLEDドライバ

東芝セミコンダクター社は、CMOSプロセスを用いたLEDドライバ「TCA62746AFG/TCA62746AFNG」の量産を開始した。この製品は、出力電流の高精度化により、LEDの輝度ムラが防止され、フルカラー・パネルなどでは画像がより鮮明になる。
特徴
・16出力内蔵
・LEDオープン検出(OOD)/LEDショート検出(OSD)機能内蔵
・出力電流範囲2~50mA×16定電流出力
・電流精度:出力間±1%(標準)
        IC間±3%(標準)Rext=1.56kΩ、VO=1.0V、VDD=5V時
・TB62706B、TB62726Aシリーズの上位互換品

TCA62746AFNG

タグ:  

投稿日時: 2007年07月16日 20:25 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月17日

第4回ワクチン君バトル大会

(株)スリーディは、世界最小自律型ミニロボット「ワクチン君」の競技会「第4回ワクチン君バトル大会」を開催する。3位までには賞金が、優勝者にはNECプロジェクタが贈られるほか、参加者全員にプレゼントが用意されている。

開催日時 2007年8月24日
開催場所 同社直営店“CafeRubens”
応募締め切り 8月20日
入場定員  40名

ワクチン君
   ワクチン君の背丈はゴルフ・ボールくらい

タグ:  

投稿日時: 2007年07月17日 19:56 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 世界最小パッケージの超小型照度センサ

三洋半導体(株)は、オプトデバイス用チップサイズ・パッケージ(OD-CSP)技術を用い世界最小サイズを実現した照度センサ「LA0150CS/LV0101CSシリーズ」を開発、順次サンプル出荷を開始する。
特徴
・外形寸法 1.01×1.01×0.6(厚さ)mmの超小型パッケージ
・IRカットフィルタとカラー・フィルタの使用により、人間の視感度に近い分光感度特性を実現
・リニア電流出力、対数電流出力、16ビットA-Dディジタル出力の3タイプ
・ゲイン切り替え機能、スリープ機能内蔵
・サンプル価格 LA0150CS/LV0101CSシリーズ:50円/80円~200円

LA0150CS/LV0101CSシリーズ

タグ:  

投稿日時: 2007年07月17日 20:51 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月18日

エレキジャックNo.3の目次PDF

 7月25日発売のエレキジャックの目次は、こちらから読めます


表紙

投稿日時: 2007年07月18日 09:43 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレッド・ボード・アダプタ (連載 第4回)

●ブレッド・ボード・アダプタとは
 ブレッド・ボードははんだ付け不要で、試作する上では大変便利なツールですが、いざ使おうとすると、スイッチやリレー、D-SUBコネクタや足の太いトランジスタなど、直接取り付けられないものが結構あり、不便なこともあります。
 そこで、よく使う定型回路を部品化したものや、直接ブレッド・ボードに実装できない部品のアダプタとして、小型のブレッド・ボード・アダプタ基板をいくつか製作したものを紹介しています。

●通信関係のアダプタ

 今回は、パソコンなどと接続するシリアル・インターフェース関係のアダプタを説明します。マイコン機器とパソコンを接続するインターフェースとして、もっとも一般的なのはRS-232Cです。RS-232Cは最近のパソコンではレガシ・インターフェースとされ、ノート・パソコンには搭載されていないことも多くなりました。しかし、産業界での機器制御ではまだ多く使われているらしく、RS-232C関係のアダプタは意外と需要があります。

 教育機関でマイコンを扱う場合、たいていはシリアル通信に関するものが学習課題に入っていると思いますが、D-SUBコネクタやUSBコネクタはブレッド・ボードには実装できず、ユニバーサル基板で製作するにも扱い難いものです。そこで、D-SUBコネクタのアダプタを考案しましたが、それだけではつまらないので、レベル・コンバータICを搭載して、マイコン機器と直結できるようにしました。同様の考え方で、USB版も用意しています。

 #126/126B、#160はそのようなRS-232Cのアダプタ基板です。とくに#160のほうは600mil(0.6インチ)幅のDIPタイプで、ピン・プラグが付けられますので、直接ブレッド・ボードに実装することができます。
 次の写真は、#126 RS-232C アダプタをブレッド・ボードの片隅にスペーサとネジで固定した例です。D-SUBコネクタ固定用のネジをブレッド・ボードに固定する際のネジと共用しています。RS-232Cを頻繁に使う試作などの場合は、このようなボードを用意しておくと重宝するでしょう。

アダプタの固定例

 その他、亜種として、UART-USB変換アダプタのFT232BM/FT232RLを搭載した、#121/#121Aや、X-Portを搭載した#159も用意しています。RS-232Cの#160と合わせて、これらのDIPモジュールは、マイコン側と接続するTTLレベルの信号TXD、RXDが同じピンにアサインされているため、これらのモジュールを差し替えることにより、インターフェースを挿し替えることができます。
 これらモジュールは、ブレッド・ボードを使った試作に使用するのみならず、プラグイン・モジュールとして、あとからI/F種別を切り替えたいというようなアプリケーションにも応用できます。
 次の写真は、#146 SIO-I2C/SPIブリッジに#121 FT232BM USBアダプタをプラグインとして装着したときのものです。

SIO-I2C/SPIブリッジ

 次の図は、第2回で紹介した「シンプル・タイマ」の製作例に#160 RS232Cアダプタを接続して、パソコンのターミナル・ソフト(ハイパーターミナルなど)からON/OFF時刻や現在時刻などの設定ができるようにしたものです。#160を#121A USBアダプタに差し替えることで、USB対応に変更することもできます。
 少し大きめのブレッド・ボードを使用すれば、1枚のブレッド・ボードでもう少しコンパクトに収まると思います。

シンプル・タイマでの使用例

●通信モジュールの発展型(マイコン DIPモジュール)

 通信インターフェース回路とマイコン回路を一つのアダプタ・ボードに搭載したマイコン・モジュールも用意しています。現在、マイコン・チップを搭載したDIPモジュールには、次のようなものがあります。

#137 USB PIC DIPモジュール
#138 RS-232C PIC DIPモジュール
#139 I2C/SPI PIC DIPモジュール
#162 USB PIC18F245X DIPモジュール
#168 USB ATmega48/88/168 DIPモジュール(AVR)
#175 USB ATtiny2313 DIPモジュール(AVR)

 コンセプトはどれも同じで、CPUとインターフェースの組み合わせが変わっているだけです。これらのモジュールは、クロック発振子の回路など最低限必要な部品が配線されているため、電源をつなぐだけで、マイコンとして機能します(外部に何かをつながないことには何も動かせませんが)。また、USB関係のモジュールは、バス・パワード・モード(USBバスから電源をもらうモード)の場合、電流容量の制限はありますが、CPUを含め外部に接続する機器にも電源を供給できるため、マイコン・モジュール自体に別電源を供給する必要もありません。

 次の図は、#121A USBモジュールでPIC16F88を使用して温度センサとLEDを取り付けた例です。この構成の場合、パソコンから温度を読み取ったり、LEDをON/OFFさせるようなプログラムが作れます。また、LEDと並列にリレーを接続すれば、簡単な温度コントローラに発展させることもできます。
 このボードをバス・パワードで使用すれば、5Vの電源供給も不要です。なお、リファレンス電圧がVDDになるため、温度の読み取り精度はよくありません。実用的なものにするには、基準電圧ICを使うなどしてリファレンス電圧に正確なもをを与えるなど、改良が必要です。

USB PICモジュールの使用例

●AVR使用のDIPモジュール

 前項のリストに挙げていますが、最近AVRチップが乗ったDIPモジュールも製作しています。チップはATmega168とATtiny2313の2種類ですが、いずれもFT232RLとUSB-Bコネクタが搭載でき、直接USBバスへ接続できるようになっています。これらのAVR関係については、また別の機会に説明したいと思いますが、ここではレイアウト図だけ紹介しておきます。

AVRモジュール



2007/08/08 14:07 シンプル・タイマの製作例の実体配線図に間違いがあったので、正しいものに差し替えた。

タグ:  

投稿日時: 2007年07月18日 15:20 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 高集積度シングル/デュアル・チャネルDC-DCコンバータ

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(株)は、データ密度の高いDDR1/2/3メモリ・システムを初めとする、幅広いアプリケーションにおいて効率よく電力を供給するシングル/デュアル・パワー・レギュレータ集積回路(IC)シリーズ「MC34712/3/6/7」を発表した。DDR1/2/3用DC-DCコンバータのMC34712(シングル)/MC34716(ダブル)と汎用DC-DCコンバータのMC34713(シングル)/MC34717(ダブル)である。

新製品は、コントローラとパワーMOSFETを1チップに集積化していることが特徴で、最大1MHzの可変式スイッチング周波数により、インダクタとコンデンサの小型化が可能。

タグ:    

投稿日時: 2007年07月18日 22:02 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 センサ情報ASPサービスシステム

(株)日立製作所と、(株)テクノロジー・アライアンス・グループ(TAG)は、センサ情報ASP(Application Service Provider)サービス・システムを開発した。多種のセンサや機器からデータを自動的に収集して専用データ・センタで一元管理し、各種サービス事業者に対して必要な情報を提供するものである。

このシステムを開発するために次の装置・システムを開発した。
・必要な機能に最適化した超小型ゲートウェイ(無線通信方式には、IEEE802.15.4を採用、ZigBeeにも対応)
・センサ情報を一元管理し、サービス事業者に提供するアプリケーション

0718hitachi0717b.jpg
ワイヤレスジャパン2007(7月18日~20日、東京ビッグサイト)に出展される。

タグ:    

投稿日時: 2007年07月18日 22:59 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年07月20日

新ブログ 立ち上げのお知らせ 

 当エレキジャックのブログでは、ニュースやイベント情報以外に、電子工作に役立つ記事、連載を掲載していますが、すぐにトップ画面から消えてしまい、過去の記事を見つけるのがやりやすいとはいえないのが現状です。
 画面左のカテゴリを利用すると、まとめて連載を読むことができますが、より読みやすいスタイルを考え、別途ブログを立ち上げて運用することにしました。すでに、マイコン関係を中心とした「マイコン:初歩のマイコン」、入門者向けの製作記事を中心とした「工作入門:Kits and Kids」、No.3の特集でも取り上げる「インドア・プレーン」をスタートさせています。ぜひ、ご覧ください。随時更新しています。
 今、準備しているブログが何件かありますが、来週、玄箱PROを公開にする予定です。

 玄人志向製玄箱PROを電子工作に使ってみようというもくろみのブログの準備を行っていましたが、来週中に公開できる見込みです。公開前から、たくさんの方にごらんいただきありがとうございます。

 公開にあたって、読者の方にプレゼントが用意できました。

 SCON-KIT/PRO 5個

ご応募は、当選発表時に記載するために、

  -都道府県名
  -苗字(ペンネーム)

をメールに記載してください。また、玄箱PROを何に使う予定であるかも書き添えていただけると、今後に企画の参考になります。

締め切りは、7月末です。

送り先は、eleki-jack アットマーク cqpub.co.jp です。

締め切り後、抽選を行い、当選者の方は、メールの返信でご連絡いたします。

ふるって、ご応募ください。

                          エレキジャック編集部

投稿日時: 2007年07月20日 13:07 | | コメント (0) | トラックバック (0)

コウモリ探知機の調整に使う超音波発生器

BAT.gifエレキジャックNo.3では「コウモリ探知機」の製作記事を紹介していますが、製作教室の現場でコウモリに出会えるとは限らないので、その調整用に使っている超音波発生器があります。コウモリが発するのと同じ周波数帯の超音波を発生します。それをここでご紹介します。

超音波発生器
《超音波発生器》

超音波発生器の回路図は下記URLからご覧ください。

超音波発生器の回路図をダウンロード

タグ:    

投稿日時: 2007年07月20日 13:51 | | コメント (0) | トラックバック (0)

制御回路 モータ制御1 連載4-1

 今回から数回モータの回転制御の話をします。
 模型用小型モータの正逆の回転方向制御、回転の開始、停止の制御を行う具体的な方法を試してみます。
 モータのオン/オフは 連載2-4で示したトランジスタまたはFETのスイッチ回路が基本となります。回転数の方向制御の一つに、次に示すブリッジ回路があります。
 
ブリッジ回路

 対角線上のスイッチがオン/オフされ、モータに加わる、電源回路のプラス・マイナスを切り替えることができます。

●モータの回転方向の表示
 モータの回転方向をCW、CCWで示します。これから使用するモータコントロールICなどの説明にもこのCW、CCWの表記が出てきます。

◆CW(Clock Wise)時計回り
 モータの出力軸の回転方向が出力側から見て時計周りに回転する回転方向を示します。
◆CCW(Counter Clock Wise)反時計回り
 モータの出力軸の回転方向が出力側から見て時計周りと反対方向に回転する回転方向を示します。
 今回は、このモータ制御のブリッジ回路をIC化した東芝のTA7291Pの使い方を説明します。このICにはモータの駆動電流がより少ないが、放熱板のないS/SG、表面実装タイプのF/FGがあります。タミヤのツインモータギヤボックスで使用されているFA-130のモータは0.3Aが定格ですので、余裕を持って1A流せる写真のPを使用します。
 
TA7291Pの外観

 内部のブロック回路図をデータシートから転載します。ピン番号は(P)/(S/SG)/(F/FG)のモデルでの番号を示しています。Pは左端の番号となります。
 
TA7291Pのブロック図
 
 TA7291Pの制御回路は上に示したように、トランジスタで、モータ制御のためのスイッチのブリッジ回路を構成しています。トランジスタに平行して接続されているダイオードはモータに流れる電流をオフにした場合モータより発生する逆起電力を吸収するためのトランジスタの保護ダイオードです。この保護ダイオードが内蔵されているので、外付けのダイオードを省くことができます。
 
ピンの機能
 
-制御回路の電源 VCC
 スイッチのブリッジを制御する制御回路の電源は、VCCとしてモータを駆動する電源と別に用意されています。4.5V~20Vが稼動範囲です。
-モータ供給電源 VS
 このIC制御電源と別に、モータ駆動の電源を別に用意できるようになっています。制御電圧と異なった電源が利用できます。今回利用するモータFA-130は1.5V~3.0Vで一般的な制御回路の電源電圧より低く、ノイズの発生源であるモータと制御回路が別電源にすることができて便利です。
 Vrefはモータに供給する電源電圧がVSの電源電圧と異なる場合、Vrefに加える基準電圧プラス0.7Vで制御することができます。しかし今回は使用しないので、10kΩの抵抗でVSに接続しておきます。
-入力1、入力2(IN1,IN2)
 IN1,IN2の二つの入力端子に加える電圧の1、0でモータの状況を制御します。入力と出力の関係を次の表に示します。具体的な説明は、表の後に示したテスト回路を次回、ブレッドボードで確認する中で説明します。
 
入出力の関係
 
テスト回路
 



 この回路の説明と、実際のモータ制御のテストを次回に行います。


神崎康宏

タグ:    

投稿日時: 2007年07月20日 14:09 | | コメント (0) | トラックバック (0)

USBSPYDER08を使ってみよう(部品外付けで動作させる-後編) (連載4回)

 前回はUSBSPYDER08に圧電スピーカをつなぐハードウェアとソフトウェアのひな型を作りました。
今回は、プログラムを完成させます。

= プロジェクトを再開する =

 前回作成途上だったプロジェクトを再開します。
 「スタート」メニューから"CodeWaiior IDE"を呼び出し、"Startup"ダイアログの"Load Previous Project"(以前使ったプロジェクトをロードする)をクリックします。

Startupダイアログ

 すると、使ったことのあるプロジェクト一覧が開きます。
 "SPY2"プロジェクトを選択して、"Open Project"(プロジェクトを開く)をクリックします。

Open Project ダイアログ

 これでプロジェクトが開きました。

= プログラムを書く =

 いよいよ、アプリケーション独自のプログラムを記述します。
 まずはメイン・ルーチンが入っているファイルを開きます。左の"Project Panel"(プロジェクト・パネル)の"User Modules"(ユーザ・モジュール)という場所に、プロジェクト名と同じ名前のソース・コード・ファイルが作成されています。
 ここでは、"SPY2.c"という名前です。

プログラムファイルを開く

 このファイルをダブルクリックするとエディタが開きます。
 
ソース・コードの追加

 ソース・コードに2か所、追加を行っています。

 まず、16ビットの大域変数を三つ定義しています。

大域変数表

そして、"main()"関数の中には、無限ループを配置し、その中からメソッドを呼び出しています。

for (;;) { (void)PPG1_SetFreqHz(Freq1); // 第一番目の音を出す。 Cpu_Delay100US(Period); // 時間待ちをする。
(void)PPG1_SetFreqHz(Freq2); // 第二番目の音を出す。 Cpu_Delay100US(Period); // 時間待ちをする。 }

 "SetFreqHz"メソッドを実行するとエラーコードを返します。
 指定した周波数が下限値と上限値の間になかった場合などにエラーが発生するのですが、ここでは"(void)"によって無視しています。

 アプリケーション・プログラムは、以上で完成です。

= プログラムを実行する =

 それでは、USBSPYDER08にプログラムを書き込んで実行させてみましょう。
 パソコンにUSBPSYDER08を接続したら、メニュ・バーの"Project" - "Debug"を選ぶか、F5キーを押すと、コンパイルの後、デバッガが呼び出されます。

 最初に現れるのは、"Target Connection"(ターゲットへの接続)ダイアログです。

Target Connection ダイアログ

 このダイアログでは、"Hardware Model:"(ハードウェアの種類)に"USBSPYDER8"を選び、"Device code"(デバイスの型式)に"MC9S08QG4"を選んで、"Connect"(接続)をクリックします。
 すると"Target in progress..."(ターゲットとの接続の進捗)ダイアログが開き、プログラムが書き込まれます。

Target in progress ダイアログ

 プログラムが書き込まれたら、デバッガ・ウィンドウが開きます。

デバッガウィンドウ

 メニュー・バーから"Run" - "Start/Continue"を選ぶか、F5キーを押すとプログラムが実行され、音が鳴り始めます。

 "Data:1"ウィンドウには、大域変数の一覧が表示されています。このウィンドウから、大域変数の値をリアルタイムに変更することができます。

大域変数ウィンドウ

 "Freq1"をダブルクリックすると数値を変更することができます。
 変更された数値は、すぐに第一の音の高さに反映しますので、デバッガから好みの音を探すことができます。
 同様に、"Freq2"で第二の音の高さを"Period"で音の長さを変更することができます。

 変数の変更は、プログラムが実行されているかどうかに関わらず行うことができます。また、変数を変更する操作によってプログラムやタイマが影響を受けることもありませんので、デバッガが動作しているからといって音の高さやテンポが変わることもありません。

 このように動作中のマイコンに対してデバッグを行う機能を"In-Circuit Debug"(回路に実装した状態でのデバッグ)と呼びます。
 この機能は、バックグラウンド・デバッグ・モードの大きな特徴の一つです。



 次回は、簡単なアプリケーションを作成して、USBSPYDER08を開発ツールとして使ってみます。


田中範明

タグ:  

投稿日時: 2007年07月20日 15:40 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 超小型RGBカラー・センサ

三洋半導体(株)は、オプト・デバイス用チップサイズ・パッケージ(OD-CSP)技術を使い、世界最小サイズを実現したRGBカラー・センサ「LV0130CS」を開発、2007年7月からサンプル出荷を開始する。カラー・センサは、は、受光した光を赤(R)、緑(G)、青(B)それぞれの色信号に検出し、その検出強度を外部に電気信号として出力する半導体素子。

特徴
・2.57×1.79mmの超小型パッケージ
・B級アンプによる低消費電力設計:遮光時Icc(Typ)=0.17mA、スリープ時Icc(Max)=5μA
・ワイドなダイナミック・レンジ:0~Vcc-0.3V
・良好な入出力リニア特性:1%

RGBカラー・センサ「LV0130CS」

タグ:  

投稿日時: 2007年07月20日 22:21 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月22日

青少年のための科学の祭典

防府市青少年科学館 ソラールは、夏休みの特別企画展・企画情報展として、青少年のための科学の祭典~見て!作って!科学に挑戦~「おもしろサイエンスinソラール2007」を開催する。月曜日を除く毎日、いろいろな科学実験組み立て教室に参加できる。

0722solar-2Image1.jpg
開催期間 
 2007年8月24日(金)まで
 月曜日は休館
観覧料 
 小・中学生 200円
 高校生以上 300円
 おとくな「パスポート」も用意

タグ:    

投稿日時: 2007年07月22日 20:27 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月23日

「わくわくどきどき工作スタジオ」追加募集

東京都教育委員会では「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」と称して、ものづくり体験教室を開催します。都立工芸高校でも6講座開講します。
7月20日現在、複数の講座の定員に余裕があるため、応募期間を延長して募集を行っています。FAXでお申し込みいただけるようになっています。
応募の締切など詳しくはこちらをご覧ください。

タグ:    

投稿日時: 2007年07月23日 12:06 | | コメント (0) | トラックバック (0)

玄箱PROのページ 公開

 すでに、マイコン関係を中心とした「マイコン:初歩のマイコン」、入門者向けの製作記事を中心とした「工作入門:Kits and Kids」、No.3の特集でも取り上げる「インドア・プレーン」という分野を絞ったブログのページをスタートさせています。ぜひ、ご覧ください。随時更新しています。

 本日、玄箱PROを公開しました。

 公開前から、たくさんの方にごらいただいていましたが、玄人志向製玄箱PROを電子工作に使ってみようというもくろみのブログを公開しました。玄箱PROという製品は、組み込みLinuxが動作するマシンで、ARM9互換Marvell製88F5182 400MHzというCPUが搭載されていて、いろいろなインターフェースがつながるおもしろい構成になっています。

 公開にあたって、読者の方にプレゼントが用意できました。

 SCON-KIT/PRO 5個

ご応募は、当選発表時に記載するために、

  -都道府県名
  -苗字(ペンネーム)

をメールに記載してください。また、玄箱PROを何に使う予定であるかも書き添えていただけると、今後に企画の参考になります。

締め切りは、7月末です。

送り先は、eleki-jack アットマーク cqpub.co.jp です。

締め切り後、抽選を行い、当選者の方は、メールの返信でご連絡いたします。

ふるって、ご応募ください。

                          エレキジャック編集部

投稿日時: 2007年07月23日 16:35 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤレス技術とモバイル機器に関する専門展示会(その1) ― WIRELESS JAPAN 2007

 2007年7月18日~20日の3日間,リックテレコムが主催する「Wireless Japan 2007」が,東京ビッグサイト(東京都江東区)において開催された.本展示会は,無線技術を使ったモバイル機器に関する専門展示会である.普及が一段落した携帯電話はケータイ・コンピュータへと進化し,ワイヤレス・ブロードバンド・ネットワークの端末となり,そのためのサービス開発,機器開発,ネットワーク開発の手法が注目されている.
 また,昨年までのサブテーマだった「モバイル・コンテンツ開発」,「モバイル・マーケティング」は,新たに専門の展示会「コンテンツ開発&配信技術展2007」,「w/Mobile2007(ウィズモバイル2007)」となり,同時開催されている.

● ZigBeeに関する話題
 まだ実用化は進んでいないが,ZigBeeが注目されている.ZigBee(ジグビー)は,家電機器などを対象にした無線通信の規格で,低速で通信距離は短いが,安価で消費電力が少ないという特徴を持つ.
 ZigBee Alliance/ZigBee SIG ジャパンのブースでは,プラットホーム・ベンダ6社(NECエンジニアリング,沖電気工業,ジェニック・リミテッド,フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン,ルネサステクノロジ,日本テキサス・インスツルメンツ)が,ZigBeeの相互接続のデモを行っていた(写真).
 
P1a.jpg
 
P2a.jpg
 
 ルネサステクノロジは,写真のZigBee規格準拠モジュール「YCSCZB2」のデモを行っていた.これはIEEE802.15.4/ZigBeeに準拠しており,高品質な近距離無線通信が可能で,小型・低消費電力なため組み込み機器用途に適している.外部インターフェースは,シリアルI/O,ディジタルI/O,アナログ入力に対応.サンプル・アプリケーション・ソフトや評価用基板(×2),ACアダプタなどをセットにした評価キットもある.
 
P3a.jpg
 
 日立製作所/テクノロジ・アライアンス・グループは,「メタボリック健康チェック・サービス」のデモを行っていた.「Collectloモジュール」を搭載した体重計から「Collectloゲートウェイ」に体重データを送信し,インターネットに接続されたパソコンでメタボリック度を算出するというもの.同社では,健康機器メーカと連携し,近距離通信モジュールを内蔵したヘルス・健康機器を随時提供する予定だという.コアとなる「Collectloゲートウェイ」はZigBee/IEEE802.15.4を採用し,幅広いメーカとの連携が可能.対応する端末から「Collectloゲートウェイ」を介したダイレクト・インターネット接続を実現しているため,パソコンがなくても利用できるという.また,各種健康ポータル・サイトとの連携も,サービスの一環として予定されている.
 
P4a.jpg
 
P5a.jpg

タグ:    

投稿日時: 2007年07月23日 16:59 | | コメント (0) | トラックバック (1)

新製品 メモリースティックDuo、miniSDカード対応コンバインタイプ・コネクタ

アルプス電気(株)は、メモリースティックDuo、およびminiSDカードに対応するコンバインタイプ・コネクタ「SCJD」シリーズを発表した。
特徴
0723alpsImage2.jpg・接点保護機能搭載
・両カードとも同じ排出量(5mm)を実現
・排出機構はともにプッシュ-プッシュ・タイプ
・インサート成形により高いコプラナリティを実現

主な仕様
・外形サイズ:23.6(W)×31.3(D)×2.65(H)mm
・実装方式:表面実装タイプ
・実装形態:スタンダード・マウント
・使用温度範囲:-10℃~+60℃
・挿し抜き回数:10,000cycles

タグ:    

投稿日時: 2007年07月23日 20:54 | | コメント (0) | トラックバック (1)

ディスカバリーキッズ科学実験館~ガリレオ工房~

ディスカバリーチャンネルNPO法人ガリレオ工房と共同で、親子で参加する実験教室「ディスカバリーキッズ科学実験館~ガリレオ工房~」を、今年も全国で順次開催する。今年のテーマは、「色んなエネルギーを体感しよう!~音と光のフシギな世界~」。対象は小学3~6年生の児童とその保護者の2名1組で、ディスカバリーチャンネルのホームページから応募する。

開催会場は、札幌(9月23日)、東京(9月17日、10月14日)、神戸(8月26日)、下関(11月18日)で、応募期間がそれぞれ決められている。
詳しくはこちらへ。

0723discoverydc14002.jpg

タグ:  

投稿日時: 2007年07月23日 21:58 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月24日

ものづくりフェア in 2007

都立工芸高校では、都立工業高等学校「ものづくりフェア in 2007」のイベントを開催します。
小学生は夏休みの宿題に、中学生は進路決定に。参加自由、体験無料。1日でモノづくり体験ができる絶好のチャンスです。

開催:8月25日(土)0900~1500
   8月26日(日)0900~1500

詳しくはものづくりフェア in 2007のホームページで。

都立工芸高校 03-3814-8755
(担当:副校長、またはマシンクラフト科・佐藤)

タグ:  

投稿日時: 2007年07月24日 11:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤレス技術とモバイル機器に関する専門展示会(その2) ― WIRELESS JAPAN 2007

●特定小電力無線を利用したネットワーク
 写真は,NECエンジニアリングのブースに展示されていた,400MHz帯の特定小電力無線を利用したネットワーク向けのスタータ・キット「E1300-01」.通信距離は見通しのよい場所で500m程度だが,通信性能やマルチポップ通信プロトコルを体験できる.ARIB STD-T67認証を取得済み.無線周波数は429MHz帯の55チャネルから選択可能,通信速度は2,400bps.
 独自のマルチポップ通信プロトコルを実装しており,省電力設計で,ACアダプタと乾電池の2電源に対応している.また,最大64台の無線ユニットと通信可能な評価用ソフトウェアも添付.スタータ・キットの構成は,無線ユニット×3台,評価基板×3枚,各種ケーブル×3本,ACアダプタ×3個.
 
NECエンジニアリング

●ギガ・ビットの光無線システム
 浜松ホトニクスのブースでは,ギガ・ビットという高速通信が可能な光無線システム「PHOTOLINER-G」(写真右)を展示していた.これは,最大通信速度1.25Gbps,最大通信距離2kmを実現する光無線システムで,高セキュリティで免許不要な無線システムを,LANスイッチに接続するだけで構築できる.
 導入事例として,点在する本社ビル間のネットワーク,線路や公道をはさんだ校舎間の学校内ネットワークなどがあるという.光ファイバ並みに高速な長距離無線リンクを独自に運用でき,Webサーバ搭載によるブラウザ監視機能などもサポートしていることが大きな特徴.さらに小型・軽量,省スペースを実現した「PHOTOLINER S」(最大通信距離200m)もリリースしている(写真左).
 
浜松ホトニクス

タグ:    

投稿日時: 2007年07月24日 13:59 | | コメント (0) | トラックバック (0)

《短期連載》ブレッドボードで始める電子工作(1)

【むかしエレキット,いまブレッドボード】

今から40年も前のこと,エレキットという配線盤が流行りました.
部品が板に固定されていて,部品の端子と端子の間を配線して回路を完成させるものでした.
当時の少年たちはこれにあこがれましたが,小学生で持っている子はごく少数でした.そこで,エレキットを持っている友達の家に行っては,ラジオを作ったり,ワイヤレス・マイクを作ったりして遊びました.
ワイヤレス・マイクから出た電波はほんの少ししか飛びませんでしたが,それでも当時は携帯電話などない時代ということもあり,自分で無線が操れる醍醐味をひしひしと感じたものでした.


《光和製のエレキット》写真提供:富沢瑞夫氏

タグ:  

投稿日時: 2007年07月24日 14:28 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 簡単に音声機能を実装する東芝音声コーデック

(株)東芝セミコンダクターは、専用ICなしで簡単に音声機能を実装することのできる音声コーデックを発表した。

マイコンのアプリケーション・プログラムと音声コーデックを組み合わせることで、音声機能を実装できる。この音声コーデックは、音声データの1/2圧縮と無音圧縮を組み合わせ、1/2以下の圧縮率を実現している。
対応マイコンは、TLCS-870/Cシリーズ、同C1シリーズ、TLCS-900ファミリ。
特徴
・8ビット・データを1/2以下に圧縮、空ROMベースに音声機能を実装可能
・専用ICが不要で低コスト、省スペースを実現

0724toshibaImage1.jpg

タグ:  

投稿日時: 2007年07月24日 21:43 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月25日

エレキジャック No.3の特集記事見本PDF

エレキジャックNo.3は、本日7月25日(水曜日)発売です。
目次はこちらから
下記から、特集のふんいきをご覧いただけます。






contents



amazonで購入しよう

<第1特集> 空へ インドア・プレーンの製作
付録基板で簡単に作れる!
赤外送信機,専用充電器の製作

Mission1 飛行機のハードウェアを作ろう

飛行時間を飛躍的に延ばす
Mission2 市販トイ・プレーンの改造

飛行機は調整が命
Mission3 お手軽リモコン飛行機を作ろう

作りやすさと飛びやすさを両立させた
Mission4 バルサで作るインドア・プレーン

鳥のように,昆虫のように
Mission5 よく飛ぶ軽量羽ばたき機

<第2特集> 自然エネルギー ソーラーパネルを活用しよう

暗いLEDライトをパワーアップしてみよう
MissionX ガーデン用ソーラーライトをスポット・ライトに改造

2V500mAのソーラーパネルとモータでできる野外用ハンディ扇風機
Mission1 ソーラー扇風機の製作を楽しもう! 

付録基板で簡単に作れる!
夏の夜にLEDイルミネーションを輝かせよう

Mission2 ソーラーパワーでLED花火を打ち上げよう! 

キャンプでも使える持ち運び可能な交流100Vソーラーシステムの製作
Mission3 ソーラー発電で家電機器を使ってみよう 

「夏休みの自由課題」植物の育成日記をつけよう 
Mission4 ソーラーパネルを使ったデジタル百葉箱 

ソーラーパネルは5,000億円を超える市場 
Mission5 太陽電池の変遷エネルギー部品市場を視る 

投稿日時: 2007年07月25日 09:23 | | コメント (0) | トラックバック (0)

コウモリ探知機の製作・訂正と補足

BAT.gifエレキジャックNo.3の「コウモリ探知機の製作」の記事中、以下の誤りがありました。読者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご訂正をお願いします。

●p.166,図4
 U1の発振回路において,6.8kΩ抵抗と2kΩVRの直列接続は,7.5kΩの抵抗一本に訂正
●p.166,図4(補足)
 U3のTA7368Pは,現行品はTA7368PG
(#コラム2では現行品名にしています)
●p.168,図7
 74HCU04とヘッドホンジャックの間にある10000pは,1000pの誤り
●p.168,左列,上から6行目
 「このサイズ」とあるのは「ICB-293サイズ(72×95mm)」の誤り
●p.168,右列,上から4行目
 ジャンパ線は6か所ではなく,7か所の誤り

なお、使用部品を表にまとめました。ご利用いただければ幸いです。
使用部品表をダウンロード
コメント欄でリクエストのありました「原寸大の部品配置図とはんだ面から見た配線図」を筆者より提供していただきました。
原寸大の部品配置図とはんだ面から見た配線図をダウンロード(追加:2007/08/09)

投稿日時: 2007年07月25日 09:30 | | コメント (6) | トラックバック (0)

コウモリマイク工作教室

BAT.gif7月21日、22日の2回、コウモリマイク工作教室が開かれ、両日とも参加者全員がコウモリマイクを完成させることができました。
工作教室に続いてコウモリ観察会を行い、できあがったばかりの作品を使って、コウモリの発する超音波をとらえることに成功しました。

武藤浩二

《おおっ! 聞こえた》

タグ:  

投稿日時: 2007年07月25日 10:05 | | コメント (0) | トラックバック (1)

うたっこトレーナの製作

エレキジャックNo.3のp.107「カラオケ独習機うたっこトレーナの製作」の記事中、基板の結線図に誤りがありました。正しい結線図を下記に掲示します。お詫びして訂正いたします。

〈編集部〉


投稿日時: 2007年07月25日 16:53 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月26日

「すがもパソコン茶屋 Supported by intel」 ― 巣鴨地蔵通り商店街にオープン

 年齢に関係なくパソコンを趣味にしようという人たちが参加している「コンピューターおばあちゃんの会」が,2007年7月26日~29日の4日間(10:00~16:00),巣鴨地蔵通り商店街にある「アルプスカフェ」を借りて,「すがもパソコン茶屋」をオープンした.インテル社が協賛.
アルプスカフェ前

 会期中は,「コンピューターおばあちゃんの会」の会員といっしょに,お絵かきや写真加工,童謡・民謡の編曲,俳句・川柳などを,パソコンを使って体験することができる.専門のスタッフが常時サポートしているので,パソコンに不慣れな人でも安心してパソコンを体験できる.参加費は無料で,来場者にはインテル社のロゴ入りオリジナルどら焼きとお茶がサービスされる。

●シニア向けパソコン ― Slate DT
 写真の「Slate DT」は,インテル社が策定した「シニア向けPCとインターネット・サービスのガイドライン」に基づいて開発された,PBJ製のキーボードレス・パソコン.CPUは「Intel Core Duo LV L2500(1.83GHz)」で,チップ・セットは「Intel 945GM Express」,標準でメモリを1Gバイト(最大4Gバイトまで拡張可能)搭載している.OSは,Windows Vista Businessあるいは,Windows XP Tablet PC Edition 2005のいずれかを選べる.シニア向けということで,キーボードがなく,タッチ・パネルだけですべての操作が行える.
 インターフェースも,USB2.0,LANポート(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T),PCカード・スロット(PCMCIA2.1 TypeII CardBus 1.0)をサポートし,ヘッドホン・ジャックやマイク・ジャックもある.また,タッチ・センサ式の液晶パネルにはFeliCaポートが搭載されており,FeliCaカードを認識できる.
 
シニア向けパソコン ― Slate DT
 
シニア向けパソコン ― Slate DT
 本製品は,9月下旬の発売を予定しており,価格は40万円前後とのことである.

Core2ドラ焼き

タグ:  

投稿日時: 2007年07月26日 17:03 | | コメント (2) | トラックバック (0)

エレキット工作教室

(株)イーケイジャパンは、社屋で「エレキット工作教室」を開催する。楽しみながら「ものづくり」と「エレクトロニクス」が体験できる教室で、完成までスタッフがサポートする。

開催日 7月28日(土)
ロボットコース :    ハングリーシューター
はんだ付け工作コース: イライラぼー
対象は小学3年生以上。

申し込みはTEL:092-923-8235(平日10:00~18:00)。
詳しくは こちら

タグ:    

投稿日時: 2007年07月26日 23:17 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月27日

ETxロボット2007 パート2:みんなのロボット

ETxロボット2007実行委員会主催による「ETxロボット2007」の「パート2:みんなのロボット」が開催される。
0727etxroboposter_p2.jpg開催日 2007年8月20日(月) 10:00~18:00
会 場  大阪電気通信大学 四条畷キャンパス
共 催  大阪電気通信大学
内 容  講演:高橋智隆氏(平成のロボットクリエーター)
          峰崎十五氏(江戸からくり人形復元師)
       ロボットづくり教室(有料)
       ETやロボットの展示・実演


タグ:  

投稿日時: 2007年07月27日 20:46 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月28日

《短期連載》ブレッドボードで始める電子工作(2)

【いまブレッドボード】

エレキット発売から40年.時代は移り変わりました.


《学研:電子ブロックEX-150》

最近,エレキットのような型式の配線盤がリバイバルとして復刻されましたが,実用品としてはブレッドボードがあります.
このブレッドボードは,250円くらいからいろいろな商品が販売されていて,手軽に使うことができます.




次回からは,このブレッドボードの使い方をご紹介しましょう.

投稿日時: 2007年07月28日 09:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月29日

新製品 RTCおよびLCDインターフェース内蔵16ビットRISCマイコン

マキシム・インテグレーテッド・プロダクツ社は、RISC MAXQマイクロコントローラの新製品として、高集積ミックスドシグナル・マイクロコントローラ「MAXQ3100」を発表した。

特徴
・専用のバックアップ・バッテリ・ピンを備えたリアルタイム・クロック(RTC)
・最大160のセグメントをサポートするLCDインターフェース
・周波数同期ループ(FLL)
・二つのアナログ・コンパレータ
・ディジタル温度センサ
・16KBのEEPROMプログラム・メモリおよび1KBのデータSRAM
・二つのシリアル・ポート(USART)
・ウォッチドッグ・タイマおよび三つのタイマ

JTAGインターフェース・ボードおよびLCD搭載のMAXQ3100の評価キット(EVキット)も提供されている。

MAXQ3100の評価キット(EVキット)

タグ:      

投稿日時: 2007年07月29日 20:32 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 ネットワーク装置向け低位相雑音のクロック・ジェネレータ

日本テキサス・インスツルメンツは、クラス最高の低位相雑音RMS 380fs(10kHz~20MHz)を実現するクロック・ジェネレータ「CDCE421」を発表した。水晶発振回路と、ループ・フィルタを集積した周波数シンセサイザを内蔵しているのに加えて、EEPROMも集積しており、より高いプログラマビリティを提供する。

特徴
・広い出力周波数範囲:10.9MHz~766.7MHz、875MHz~1175MHz
・出力レベル:LVDSとLVPECLを切り替え可能
・3.3V単一電源動作
・動作保証温度範囲:-40℃~+85℃

クロック・ジェネレータCDCE421

タグ:    

投稿日時: 2007年07月29日 21:52 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月30日

日本橋 パーツランド開店

7月25日、日本橋の電気街の大通りにパーツランドが開店した。
 
パーツランド。通りから見た様子

シリコンハウス共立のビルとは、大通りをはさんで向かい側に位置するので、わかりやすい。
先日閉店したニノミヤ日本橋店B1Fと同様な品揃えで、整然と部品が陳列されている。
パーツランドの1F

タグ:  

投稿日時: 2007年07月30日 10:16 | | コメント (0) | トラックバック (2)

新しいブログを公開  オーディオ工房

現在までに、以下のように分野を絞ったブログのページをスタートさせています。


随時更新しています。ぜひ、ご覧ください。

そして本日、「オーディオ工房」を公開しました。

公開にあたり、記事のアップを行っているパワー・アンプの試作基板をプレゼントします。ふるってご応募ください。パワー・アンプのほかに、イコライザ・アンプなどの設計製作も予定しています。

パワー・アンプの試作基板 アンプ2枚、電源1枚 合計5組

試作したプリント基板
ご応募は、当選発表時に記載するために、

  -パワー・アンプの試作基板を希望
  -都道府県名
  -苗字(もしくはペンネーム)

をメールに記載してください。また、過去どのようなアンプを自作(キットを含む)されたかを書き添えていただけると、今後に企画の参考になります。

締め切りは、8月10日です。
送り先は、eleki-jack アットマーク cqpub.co.jp です。
締め切り後、抽選を行い、当選者の方は、メールの返信でご連絡いたします。

ふるって、ご応募ください。

〈エレキジャック編集部〉

投稿日時: 2007年07月30日 14:13 | | コメント (0) | トラックバック (0)

エレキジャックNo.3訂正情報

p.157 「1.5Vで白色LEDを光らせてみよう!」の記事中、間違いがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。

p.157の回路図中、コイルのAは1000pだけに接続。
p.158の部品配置図中、抵抗1.8kΩの下のパターンは離れている。
正しい図面は、サポート・ページに掲載しました。

タグ:  

投稿日時: 2007年07月30日 14:33 | | コメント (0) | トラックバック (0)

コウモリマイク工作教室のビデオ映像

BAT.gifコウモリマイク工作教室のビデオ映像が,主催の(財)北九州産業学術推進機構 半導体技術センターのWEBページで公開されました。


投稿日時: 2007年07月30日 17:41 | | コメント (0) | トラックバック (0)

新開発 デスクトップPC向け静音水冷システム

日本電気(NEC)(株)およびNECパーソナルプロダクツ(株)(株)日立製作所は、PC本体の静音レベルを従来比約1/3に低減する、デスクトップPC向けの新水冷システムを共同開発した。日立の水冷技術とNECのPC開発設計技術により実現したもので、NEC製の次期個人向けデスクトップPCに採用される予定。

概要
・従来の2倍以上の受熱効率向上を実現したCPU水冷ジャケット採用
・世界初のHDD水冷ジャケット採用によりHDD稼動音を10dB以上低減

タグ:      

投稿日時: 2007年07月30日 22:41 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年07月31日

USBSPYDER08を使ってみよう(独立したアプリケーションを作成-前編) (連載5回)

 前回は、USBSPYDER08に直接部品をつないだアプリケーションを作成しました。
 今回は、最終回として独立したアプリケーションを作成してみました。

= 小型ディジタル温度計のハードウェア =

 USBSPYDER08は、8ピンのマイコンだけではなく、16ピンのMC9S08QG8にも使用することができます。
 そこで、MC9S08QG8のピン数の多さを利用したディジタル表示の温度計を作成しました。
 
小型ディジタル温度計の写真
 

 小型の基板にMCUとボタン電池を並べたため、表示に使用する7セグメントLEDは残りの場所に1個だけ配置しました。
 このLEDに10の位、1の位、1/10の位の数値を順に表示させます。

 このアプリケーションの回路図と使用部品は以下のとおりです。

小型ディジタル温度計の回路図


小型ディジタル温度計の部品表


 このアプリケーションは、すべて片面で配線を行っています。

小型ディジタル温度計の部品面配線図
 
小型ディジタル温度計のはんだ面配線図
 
= アプリケーションのコンセプト =
 
 このアプリケーションは、MCUに内蔵された温度センサから得られた値を、3桁の数値として1桁ずつ7セグメントLED表示器に表示します。
 プログラムは、以下のようなフローチャートに従って動作します。

小型ディジタル温度計のフローチャート

 このプログラムでは、使用していないときに計測を停止させる機能を省いているので、フローチャートに従って延々と温度を表示し続けます。そのため、ボタン電池はあっという間に消耗してしまいます。
 必要なときに押しボタン・スイッチを押してからある決まった時間だけ表示を行うようにすると、ボタン電池が長持ちするようになるでしょう。


 次回から、ソフトウェアの開発を行います。


田中範明

タグ:  

投稿日時: 2007年07月31日 09:20 | | コメント (0) | トラックバック (0)

制御回路 モータ制御2 連載4-2

 前回提示したモータ制御回路を、、実際に2回路ブレッド・ボード上で組み立て自走車を走らせてみます。
 今回は、秋月電子通商で購入したEIC-801Tを使用してテスト回路を組み次の写真のように自走車の上に載せました。
 
自走車の上にブレッド・ボードを載せた

●モータ用電源
 モータの電源は乾電池2本用の電池ボックスをユニバーサル・プレートにビスとナットで固定します。TA7291Pでモータの制御を行う場合、実際に確認しますがスイッチング素子の電圧ロスがあります。そのため、モータの電源としてニッケル水素電池を使用する場合、モータに加える電圧を1.5V確保できない場合が生じる可能性があります。その場合は3本用の電池ボックスを使用します。
 ここでは、2本の電池ボックスを使用しています。

●制御回路電源
 制御回路電源は、ツインモータギヤボックスをセットした下段のユニバーサル・プレートに単三3本の電池ボックスを用いたので、単三のアルカリ乾電池の場合は4.5Vとなります。この電源にニッケル水素電池を用いる場合は3本では3.6Vです。
 この3.6Vでは、TA7291Pの制御回路電源電圧範囲4.5V~20Vの範囲に入りません。そのため、単三4本の電池ボックスを用いて、4.8Vの制御回路への供給電圧を確保します。

●ブレッド・ボード上の制御回路
 実際のブレッド・ボード上の、TA7291Pの接続をより拡大して示します。左右の駆動モータに対して同じTA7291Pによる制御回路を二つ載せてあります。

・モータへの接続
 OUT1(2)、OUT2(10)には、モータの電源用リード線にジャンパ・ピンをはんだ付けして、ブレッド・ボードに差し込みます。


モータへの接続<br />

・制御入力
 モータの回転方向、駆動、停止、ブレーキのための入力はIN1(5)、IN2(6)は、10kΩの抵抗で制御電源のプラス電源(VCC)に接続し"H"(1)の入力状態にします。両方の入力が"H"(1)の場合出力はともに"L"に接続されモータへの電源の供給がとまり、モータが回転している場合発電機となりモータの出力電流はともにGNDに流れブレーキとして制御されます。

・入力の制御はジャンパ線で
 実際は、このIN1、IN2にはマイコンなど、ほかの制御回路の出力を接続します。今回は、TA7291Pのテストですので、入力端子の制御はジャンパ線をスイッチ代わりに利用しています。DIPスイッチなどのスイッチを使うとよりスマートになります。

●稼動テスト
 TA7291の電源のオン・オフについてデータシートに次のような注意事項があります。
  ・電源の投入 : VCC投入後VS投入またはVCC、VS同時に投入する。
  ・電源の切断 : VSを切断後VCC切断またはVCC、VS同時に切断する。
 このテストではクリップでVCCを接続した後、VSの電源のリード線を差し込みます。終了時はVSの電源のリード線を外してから、VCCのみの虫クリップを外します。

●テストの確認事項
 テストでは次のことを確認してください。
(1) IN1、IN2の入力状態とモータの回転および回転方向、停止の状態
(2) 自走車を前進、後退、右回転、左回転、停止にする場合のIN1、IN2入力の状態
  ジャンパをすべてオープンまたはすべてショートすると、両方のモータは駆動せず自走車は停止しています。それ以外の状態では何らかの動作をします。
(3) モータの稼動時および停止時のOUT1、OUT2、VSの電圧の値


 これらについて実際測定してみてください。次回は、この(1)~(3)の確認結果をもとに、もう少し詳しくTA7291Pの使い方について検討します。



神崎康宏

タグ:    

投稿日時: 2007年07月31日 13:45 | | コメント (0) | トラックバック (0)