マイコン 工作入門 インドア・プレーン 玄箱PRO   オーディオ工房   100均   イベント

はてなブックマークに追加   ワイヤレス技術とモバイル機器に関する専門展示会(その2) ― WIRELESS JAPAN 2007

●特定小電力無線を利用したネットワーク
 写真は,NECエンジニアリングのブースに展示されていた,400MHz帯の特定小電力無線を利用したネットワーク向けのスタータ・キット「E1300-01」.通信距離は見通しのよい場所で500m程度だが,通信性能やマルチポップ通信プロトコルを体験できる.ARIB STD-T67認証を取得済み.無線周波数は429MHz帯の55チャネルから選択可能,通信速度は2,400bps.
 独自のマルチポップ通信プロトコルを実装しており,省電力設計で,ACアダプタと乾電池の2電源に対応している.また,最大64台の無線ユニットと通信可能な評価用ソフトウェアも添付.スタータ・キットの構成は,無線ユニット×3台,評価基板×3枚,各種ケーブル×3本,ACアダプタ×3個.
 
NECエンジニアリング

●ギガ・ビットの光無線システム
 浜松ホトニクスのブースでは,ギガ・ビットという高速通信が可能な光無線システム「PHOTOLINER-G」(写真右)を展示していた.これは,最大通信速度1.25Gbps,最大通信距離2kmを実現する光無線システムで,高セキュリティで免許不要な無線システムを,LANスイッチに接続するだけで構築できる.
 導入事例として,点在する本社ビル間のネットワーク,線路や公道をはさんだ校舎間の学校内ネットワークなどがあるという.光ファイバ並みに高速な長距離無線リンクを独自に運用でき,Webサーバ搭載によるブラウザ監視機能などもサポートしていることが大きな特徴.さらに小型・軽量,省スペースを実現した「PHOTOLINER S」(最大通信距離200m)もリリースしている(写真左).
 
浜松ホトニクス

タグ:    

投稿者: yoshida 日時: 2007年07月24日 13:59 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/438

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)