2015年12月17日

MCR-4TCでロースト・ビーフの内部の温度チェック(3)
はてなブックマークに追加  

 今までのロースト・ビーフの焼き方を変えました。今までの方法は次のような手順を基本としていろいろバリエーションを試しました。

1.ドリップが漏れるのを防ぐために表面をフライパンなどで短時間強く焼き固めます。
  最初からオーブンで焼く時も最初の10分くらいの時間220℃~180℃くらいにして
  強めに焼きます。
2.130℃~140℃くらいの少し低い温度でじっくり焼く方法を用いました。

今回の方法
 ベースになったのは日経新聞の記者がいろいろ試してみる記事の中に、専門家はローストビーフを焼くときに豚の背脂を巻いて焼くが、その代替えとしてキッチン・ペーパにサラダ・オイルを浸したものでビーフを巻く方法が示されていました。

ビーフ中心部の温度をモニタする
 ステンレス・シースの熱電対でビーフの中心部の温度をモニタしますから、焼く時間を決めず中心部の温度が60℃に達した時にオーブンのスイッチを切ることにしました。
 そのため、次に示すようにビーフの内部を焼き過ぎることはありませんでした。
 サラダ・オイルに浸したキッチン・ペーパで包んだため、ビーフの表面も柔らかくドリップが外に出ることもなく、焼き上げた後はトレイにはきれいなサラダ・オイルが少したまっていました。


MCRTC100070.jpg

more "MCR-4TCでロースト・ビーフの内部の温度チェック(3)" »

2015年12月16日

Wi-FiモジュールESP-WROOM-02を使ってみる(5)
はてなブックマークに追加  

 今回、ESP-WROOM-02をWifiルータ に接続して、Wifi経由でもデータの交換をATコマンドで行ってみます。
 ESP-WROOM-02からのデータを受け取るためにWifi に接続したPCにTCPサーバを用意します。このTCPサーバは、次に示すHWgroupのWebページからダウンロードしたフリーのユーティリティソフト Hercules SETUP utilityのTCP/IP Client Server terminalを利用します。
   http://www.hw-group.com/products/hercules/index_en.html

アクセス・ポイントを探す
 アクセス・ポイントを探すコマンドAT+CWLAPを実行すると,次に示すように利用可能なアクセス・ポイントの様子が示されます。()内の先頭の3はWPA2-PSKを示し、次のBuffalo-G-B93はSSID、-54は電波の強さを示し、b0:c7:45:b7:b9:30はアクセス・ポイントのMACアドレスで,その後にチャネルが示されます。このBuffalo-G-B930のSSIDでアクセス・ポイントに接続します。


wifi240010.jpg



more "Wi-FiモジュールESP-WROOM-02を使ってみる(5)" »

2015年12月14日

ピッコロボ (piccorobo)でロボットの勉強(14)
はてなブックマークに追加  

 今回は、ピッコロボに取り付けた距離センサで前面の障害物を検出し、60cm以内に障害物がなければ、直進し、60cm以内、25cmまでに障害物を検出した場合左にターンし、25cm以内に障害物を検出した場合停止するようにしました。
 併せて直進時は262Hzのブザー、ターン時には440Hzのブザー、停止時は1047Hzのブザーを300ms鳴らします。
 距離センサのプログラムは「ピッコロボ (piccorobo)でロボットの勉強(8)」でテストしたプログラムをベースにします。ただし次に示すようにセンサを接続するポートをTRIをA1、ECHをA2に変更していますのでプログラムも変更します。


picolob140010.jpg

more "ピッコロボ (piccorobo)でロボットの勉強(14)" »

2015年12月 9日

ArduinoM0を使ってみる(8)
はてなブックマークに追加  

 ArduinoM0のディジタル出力にトランジスタのベースを接続しています。前回はコレクタへ供給する電源はArduinoM0と同じ電源を使用していました。そのためLEDに加える電源は最大3.3Vまでしか加えることができません。電流を安定に流すための電流制限抵抗の電圧降下分も必要です。外付けのトランジスタやFETがあると、トランジスタやFETの耐圧の範囲で異なった電源電圧で操作することができるようになります。
 今回は次に示すように、ArduinoM0のマイコン・ボードの5V電源をLEDの電流制限抵抗に接続しています。電源が5Vになりましたので電流制限抵抗を100Ωにしています。


M0080010.jpg

more "ArduinoM0を使ってみる(8)" »

2015年12月 7日

MCR-4TCでロースト・ビーフの内部の温度チェック(2)
はてなブックマークに追加  

ステンレス・シース熱電対
  ステンレス・シース熱電対(K型)のY端子を切断し次に示すように、それぞれのリード線の被覆を10mm剥きました。このリード線をMCR-4TCのチャンネル4に接続しました。赤のリード線を+側に、白のリード線をGNDのコネクタに差し込みました。
 1から3の各チャンネルはグラスファイバーで被覆されたK型熱電対を接続しました。


MCRTC100010.jpg

more "MCR-4TCでロースト・ビーフの内部の温度チェック(2)" »

2015年12月 3日

Wi-FiモジュールESP-WROOM-02を使ってみる(4)
はてなブックマークに追加  

 前回で、PCとシリアル通信で接続できるようになりました。今回はPCのターミナル・プログラムTeraTermからATコマンドを送信しESP-WROOM-02の設定を行います。

AT(CR/LF)
 ATの文字列の後に復帰改行(CR/LF)の文字コードを追加してESP-WROOM-02に送信すると,次に示すようにOKの文字が帰ってきます。

バージョンの確認
 AT+GMR(CR/LF)を送信すると,次に示すようにバージョン・ナンバが帰ってきます。

MACアドレスの確認
 AT+CIFSR(CR/LF)を送信すると,次に示すようにESP-WROOM-02のMACアドレスが戻ってきます。


wifi230010.jpg

more "Wi-FiモジュールESP-WROOM-02を使ってみる(4)" »

2015年11月29日

ピッコロボ (piccorobo)でロボットの勉強(13)
はてなブックマークに追加  

 パッシブ・ブザーブリックのメーカの次のアドレスのページには、このパッシブ・ブザーブリックを鳴らすにはアナログ出力のPWM出力で制御できるとあります。
  しかし,Arduino-0018以後のArduinoIDEにはtone()という関数が用意されていて任意の周波数の方形波を出力することができます。
   http://www.elecfreaks.com/wiki/index.php?title=Octopus_Passive_buzzer_Brick

more "ピッコロボ (piccorobo)でロボットの勉強(13)" »

2015年11月27日

おんどとりTR-71nwを使った電力デバイスの放熱効果の測定実験(3)
はてなブックマークに追加  


 電力デバイスと放熱器をそのままねじ止めすると,表面は細かな凹凸があるため,間には空気が入ります.空気は熱をとても伝えにくいので,通常,シリコン・グリスを薄く塗り隙間をうずめます.
 放熱板は大きいほど放熱効果は高いのでしょうか。これまでの実験では、表面積の広いほど、放熱効果は高い結果になりました。
 測定点が増えるので、3台めのTR-71nwを用意しました。接続はいままでと同じくUSBです.

more "おんどとりTR-71nwを使った電力デバイスの放熱効果の測定実験(3)" »

2015年11月24日

ArduinoM0を使ってみる(7)
はてなブックマークに追加  

 今回は、LEDのドライブを次に示すようにトランジスタで行ってみます。ディジタル・ポート7からの出力を抵抗を介してトランジスタのベース(B)に接続しています。FETの場合は、ゲートに電圧を加えてもゲート(G)の抵抗が大きく電流が流れ込まないので,ディジタル・ポートの出力を直接接続することができます。


M0070030.jpg

more "ArduinoM0を使ってみる(7)" »

2015年11月17日

Arduino YUNを使ってみる(5)
はてなブックマークに追加  

 ArduinoYunのアナログ入力A1に,ボリュームで変化する電圧を加えてみます。また白色LEDをディジタル・ポート9に接続し,アナログ出力で明るさの制御を行ってみます。ブレッドボードのジャンパ線はLCDモジュールを接続するためのものです。16×2のLCDモジュール用のものです。今回は使用しません。


ssyun050010.jpg

more "Arduino YUNを使ってみる(5)" »







おすすめ書籍

カテゴリ

最近のコメント


会社案内
情報セキュリティおよび個人情報の取り扱いについて

コメントとトラックバックは、spamを予防するために、編集担当が公開の作業をするまで非公開になっています。
コメントはそれぞれ投稿した人のものです。