■何か作ってみよう
 サンプル・スケッチは動いたので、今度は何か作ってみることにします。その前に何ができそうか調べてみました。

image0003.jpg
古い映画の最初にあるようなカウントダウンを作ってみた

■KS0108 ライブラリでできること
 サンプルのスケッチにあるように、次の使用例のような関数が使えます。座標は左上が (0, 0) で右下が (127, 63) です。WHITE または BLACK で、点を消す/点を描くことを指定します。残念ながら、そのままで扱えるフォントは英数字のみです。

  • GLCD.ClearScreen();                                         //画面を消す
  • GLCD.DrawCircle(x, y, r, BLACK);                      //中心(x, y), 半径 r の円を描く
  • GLCD.DrawLine(x1, y1, x2, y2)                          //(x1, y1) と (x2, y2) を結ぶ直線を描く
  • GLCD.DrawRect(x1, y1, x2, y2, BLACK)             //左上が(x1, y1) 右下が (x2, y2) の四角を描く
  • GLCD.DrawRoundRect(x1, y1, x2, y2, r, BLACK) //左上が(x1, y1) 右下が (x2, y2)で角の丸みがrの、角が丸い四角を描く
  • GLCD.FillRect(x1, y1, x2, y2, WHITE);               //左上が(x1, y1) 右下が (x2, y2) の四角を描き、中を塗りつぶす
  • GLCD.GotoXY(x, y)                                           //次に書く文字の左上の位置を (x, y) に変える
  • GLCD.Init(NON_INVERTED);                        //初期化する。setup() で呼び出す
  • GLCD.Puts("Hello");                                         //文字列を書く
  • GLCD.PutChar(c);                                            //文字cを書く
  • GLCD.PrintNumber(n);                                      //数字nを10進数で書く
  • GLCD.SelectFont(フォントの変数名);                   //フォントを選ぶ

■フォントを作る
 詳細は省きますが、フォントを作るには GLCDFontCreator2 (KS0108 Graphics Library)のページからダウンロードできる)を使います。PC のフォントをベースにしてフォントを作成できるので、割と簡単にできるでしょう。フォントを作成したら Export でヘッダ・ファイル(たとえば myfont.h)に保存し、中身を自分のスケッチにコピーすると簡単に使えます。

newfont.png
File→NewFont で新しいフォントを作る

export.png
できあがったら export する。保存(Save)したファイルは GLCDFontCreator2 の形式なので Arduino では扱えないことに注意する。

■カウントダウン
 古い映画の最初にあるようなカウントダウンを作ってみました。9→8→...→2→1とカウントダウンしていき、0秒になると画面が消えます。しばらくすると、また9からカウントダウンします。
 スケッチでは、GLCDFontCreator2 を使って作った 0 から 9 のフォントを使って文字を表示しています。円を書くように線を引く位置は、あらかじめ計算しておいて配列にしています。

 作ってみたスケッチ:GLCD_cdn.pde



<光永法明>



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Arduino にグラフィック液晶をつなぐ(2/2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/3020







newハイパー・マイコンmbedでインターネット電子工作


マイコンと電子工作 No.6


マイコンと電子工作 No.4


マイコンと電子工作No.1
サポート・ページはこちら