« EPSONプリンタ PM-T960奮闘記 ~その4~ | メイン | LTSPICE入門(連載16)ダイオードの動作確認 »

ブレッドボードでLEDを点滅させてみよう その3(最終回)

 1回目はブレッドボードについて、2回目は使用する部品について説明しました。最終回では、これらの知識を元に、動作させていきます。

■組み立てよう
 さあ、準備は終わったので組み立てます。まずタイマ IC をブレッドボードに差し込みます。足が広がっていてブレッドボードに入りにくいときには、机に押し付けるようにして片側4本ずつ足を曲げます。

board1.jpg
ICを挿す

IC.jpg
入りにくいときは足を曲げる

 ジャンパ・ワイヤとほかの部品を挿していきますが、適当な長さになるように部品の足はニッパーでカットします。

cut2.jpg
コンデンサとLEDの足の長さはもともとはそろってないが、同じ長さになるように適当な長さで切る。
cut1.jpg
抵抗は足を曲げておいて、適当な長さで切る

 LED 以外の部品を挿したところです。

board2.jpg  
 次に LED を挿し、ジャンプ・ワイヤでタイマIC(IC1)の2番と6番ピンをつなぎます。


board3b.jpg
LEDの向きに気をつける
board3.jpg
LEDとジャンプ・ワイヤをつけた

 最後に電池ボックスと電源のピンをワニ口クリップでつなげれば完成です。半固定抵抗をドライバで回して、点滅速度を調整します。

■終わりに
 はんだ付けしたい、もっと詳しく知りたい、回路の動作はどうなっているのと気になった方は、書籍「センサとデジカメで遊ぶ電子工作入門」で解説していますので、書籍を手にとって見ていただければ幸いです。

 書籍「センサとデジカメで遊ぶ電子工作入門」では、ピアノ型電子オルゴール、モータ制御基板、LED点滅基板、モーションセンサ基板、音センサ基板、カメラ制御回路、無線LAN接続基板などを、万能基板で作成し電子工作を楽しみます。工具の使い方の初歩から解説していますので、電子工作は初めての方も、ぜひ挑戦してみてください。


<光永 法明>

カテゴリ:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/1615





おすすめ書籍

会社案内
情報セキュリティおよび個人情報の取り扱いについて

コメントとトラックバックは、spamを予防するために、編集担当が公開の作業をするまで非公開になっています。
コメントはそれぞれ投稿した人のものです。

Powered by
Movable Type 4.1