« 年間42万kWh=長野県下最大級! 太陽光発電システムの紹介 | メイン | 連載キットで作る(64) ロームのBD6211モータ・ドライバをテストする(1) »

簡単!光る!イースターエッグを作る

  もうすぐイースター(復活祭)です.イースターは,冬が終わって草木が芽吹いて花が咲き始める季節のお祭りです.イースターといえばカラフルなイースターエッグが有名です.そこで,イースターエッグをエレキジャック風に作ってみました.

egg01.jpg
●用意するもの
 用意するものは,LED,ボタン電池(CR2032 または CR2025),紙やすり(400から800番ぐらい,できれば耐水ペーパ),卵形のケースとセロハン・テープです.LED はエレキジャック No.11 の付録を,紙やすりは耐水ペーパの600番を使ってみました.

egg02.jpg 卵型のケースは、東急ハンズで「ディスプレイケース タマゴ型S, クリア, 2個1組」を購入しました.2個入って140円とお得です.

egg03.jpg
ディスプレイ・ケース タマゴ型S クリア

●ケースをすりガラス状にする
 卵型ケースの表面を紙やすりで磨いて,LEDからの光が広がるようにすりガラス状に(白っぽく)します.表面と内側の両面を磨きました.耐水ペーパの場合は少し水をつけながら磨きます.あっという間に白っぽくなります.

egg04.jpg紙やすりは適当な大きさに切るか,ちぎる

egg05.jpg
表と内側を磨くと、あっという間に白っぽくなる


●LEDを電池につける
 LED を電池につけます.足の長いほうを電池のプラス側にして,LEDの2本の足で電池をはさみ,セロハン・テープでとめます.

egg06.jpg
ボタン電池とLED

egg07.jpg
電池につけるとLEDは点灯しはじめる.写真は自動点滅型フルカラーLEDが緑に光ったところ

●LEDをケースにとめてふたをする
 ケースの底の中央にLEDが向くよう,ケースにセロハン・テープで電池をとめます.ケース底からの反射を受けて卵全体が光るようになります.下が白いとよく光が回ります.ふたをしたら完成です.

egg08.jpg
LEDで底を照らすように固定する

egg09.jpg
ふたをしたら完成!

 おっと,絵を描くとかわいらしくなります.ふたをすると開けるのに,ちょっとこつがいるので注意しましょう.絵はマジックで描いてみました.白色のLEDだと色を塗ってもいいと思います(不透明なのは向かない).最初の写真でスイカに色がついていたのですが,見えましたでしょうか(^^;

egg10.jpg
やっぱり絵を描くと楽しい

エレキジャックNo.11の付録の三つのLEDを使ってみた.奥は赤色,左は白色,右は自動点滅フルカラーLEDを使っている.

 とっても簡単にできるので,マイ・イースターエッグを作ってみてください.

光永 法明

カテゴリ:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/2770





おすすめ書籍

会社案内
情報セキュリティおよび個人情報の取り扱いについて

コメントとトラックバックは、spamを予防するために、編集担当が公開の作業をするまで非公開になっています。
コメントはそれぞれ投稿した人のものです。

Powered by
Movable Type 4.1