« 散水レコーダ RTR-310/RTR-310Aによるガーデニング管理(10) | メイン | 自転車発電 秋葉原進出! »

エレキジャック・フォーラム in Akihabara その1 

 エレキジャック・フォーラムは盛会、どのイベントも満員で立ち見が出ていて、展示会場も休憩エリアも技術的な話しの輪が広がっていました。Twitterでも開始から終了まで各会場の様子が発信されていました。朝から夕方まで忙しくお昼を食べられない人も多かったようです。来場者は500名以上とのことで、来年もとの声も多く聞きました。会場の様子を筆者の興味を中心に独善的ですがまとめてみました。

ビジネスのフロアにも子供連れ
 よく晴れた、4月24日秋葉原UDXでエレキジャック・フォーラム in Akihabaraが開催されました。東海道線の上りが事故のため予定より少し遅れ、9時半少し過ぎてUDXのビルに着きました。

早くからたくさんの人が集まりました
 一列ですが人の流れができていて、2階から5階へつながる長いエスカレータに子供連れのお父さんが二組みえました。エレベータで5階から6階に上がり少し奥まって用意された総合受付には人の列ができていました。

電子工作教室ではブレッドボードに熱心に配線
 受付を済ませてからは、早速、電子工作教室の見学です。東海道線の遅れのため、Arduinoディジタル温湿度計の製作の教室はもう始まっていて、全員で熱心にブレッドボードの配線をしていました。お父さんと小学生の兄弟3人組み、2歳くらいの赤ちゃんとお母さんの二人組、お母さんは赤ちゃんにアンパンマンの絵を描きながらブレッドボードの配線をしています。

erk010010.jpg 電子工作の教室の参加者は小学生以下の参加は保護者同伴とありました。幼児連れで参加できしっかり成果が挙げられるこの教室は強力な子育て支援策です。

ArduinoとLCD、温度、湿度の測定
 この教室は、若松通商のArduino機器制御センサ実験キットを題材にした教室で、次に示すようなわかりやすいガイドと、親切丁寧な講師の説明に導かれ入学試験の会場のようにみんな集中して部品の取り付け、ジャンパ線の配線をしていました。

erk010020.jpg 思い通りにいかない場合、講師の方が確認し配線のずれなどの指摘に従い修正し、次に進んでいました。LCD、温度、湿度、ブザー、リレーと多くのものが盛り込まれているために完成は時間ぎりぎりでした。先ほどのお母さんも、センサのプラス電源の配線の漏れを自ら見つけ修正し完成させていました。この教室を完了するとArduinoの応用力に自信が持てそうです。

電子工作教室には見学者も参加
 ムラタの教室以外は、電子工作教室は見学もできましたので、いつも後ろには見学者がいました。

Macで書かれた回路図

 中級者向け赤外線リモコンでモータを制御では、講師の方が説明のために表示した回路図はMacのソフトで作ったものでした。Macの伝道者を自任している講師の ずさ・いなんずさん は、会場にMacの利用者がいるか聞いて、一人いるのを知って嬉しそうに顔を赤らめていました。

erk010030.jpg  Macの信奉者の熱い思いを感じ、MacとはいかなくてもiPadくらいは試してみようかと思いました。

クラスによっては受講者に、髪が黒くない人が多くなる
 少しマニアックなクラスの電子工作の教室はとたんに平均年齢が上がっています。

erk010040.jpg ずさ・いなんずさん はニコニコ技術部で たこルカDanceの作者でもあります。今回 たこルカ を初めて知り、Webで調べてみました。その姿は手の数が違いますが孫を思い出します。

小学生の団体の見学もありました
 午後には、次のように小学生の団体が訪れました。

erk010050.jpg マイクロマウスと猫のロボットに挨拶していました。引率のお姉さんがこの猫のロボットはアキハバラの有名な猫ロボットと説明していました。

erk010060.jpg これからの物作りを担う将来の希望は、熱心にマイクロマウスの動きを追っていました。残念ながらシャッターを押したときはマウスは猫に驚き陰に隠れて写っていません。
 各会場、どれも満員で終了まで人の流れは途絶えませんでした。展示販売エリアもいつも人がいて、そこかしこでいろんな議論や意見交換の輪ができていました。飯田工業高校の生徒と先生は竹内先生のブログでお馴染みの自転車発電と水中に気泡で文字を描く展示がありました。先生方から最近の高校生の状況を聞くことができました。われわれの未来を担うエレキ少年がんばれ。 
 つづく

<神崎康宏>

カテゴリ:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/4214





おすすめ書籍

会社案内
情報セキュリティおよび個人情報の取り扱いについて

コメントとトラックバックは、spamを予防するために、編集担当が公開の作業をするまで非公開になっています。
コメントはそれぞれ投稿した人のものです。

Powered by
Movable Type 4.1