LPC1114 付き LPCXpresso 開発環境をインストールしよう

 NXPセミコンダクタ社(以下NXP社)の LPCXpresso 基板を使うために, LPCXpresso 開発環境のインストーラをダウンロードしてきました.今回は,開発環境をインストールします.

インストーラを起動する

 まず,ダウンロードしてきたインストーラをダブルクリックするなどして実行します.

セットアップ開始画面

 インストーラが起動したら, Next ボタンをクリックして,次の画面に進みます.

契約条項を確認する

ライセンス条項確認画面

 次の画面では,ライセンス条項が提示されます.ライセンス条項を読んだら, "I accept the agreement" (私はライセンス条項を受け入れます)をチェックして Next ボタンをクリックして,次の画面に進みます.

注意事項確認画面

 この画面では, LPCXpresso 開発環境を使用する上での注意事項が表示されます.読んだら, Next ボタンをクリックして,次の画面に進みます.

インストール条件を確認する

インストール先指定画面

 この画面では, LPCXpresso 開発環境のインストール先を指定します.指定方法は,直接テキスト・ボックスに値を入れるか, Browse... ボタンをクリックして,ダイアログから指定することができます.

 この例では, C:\Programs\NXP\lpcxpresso_3.2 というフォルダにインストールします. Next ボタンをクリックして,次の画面に進みます.

ディレクトリ作りましょうかダイアログ

 この C:\Programs\NXP\lpcxpresso_3.2 というフォルダは,新しく作成するフォルダなので,「作りましょうか」ダイアログが開きます.作ってくれないことには,インストールできませんので,「はい」ボタンをクリックして作成してもらいます.

スタートメニューフォルダの指定画面

 次の画面では,スタート・メニューからプログラムを呼び出すときに使用するフォルダを指定します.指定方法は,直接テキスト・ボックスに値を入れるか, Browse... ボタンをクリックして,ダイアログから指定することができます.

 このインストール例では,デフォルトのままの LPCXpresso_v3.2 というフォルダを指定しました. Next ボタンをクリックして,次の画面に進みます.

追加のお仕事

 次の画面では,追加のお仕事(Additional Tasks)を指定します.追加の仕事とは,デスクトップに LPCXpresso 開発環境を呼び出すためのアイコンを作成することです.私は,デスクトップにアイコンを増やしたくなかったので,チェックをはずしました. Next ボタンをクリックして,次の画面に進みます.

インストール最終確認画面

 この画面では,インストール条件の最終確認を行います.問題がなければ, Next ボタンをクリックすると,インストールが始まり,ファイルのコピーが行われます.

ファイル・コピーが終わったら

 ファイルのコピーが終盤にさしかかったころ,このダイアログが表示されます.

警告が出るかもしれませんダイアログ

LPC-Link ドライバのインストールを開始します.もしかしたら, Windows が警告を出すかもしれません.もし,警告ダイアログが出たら,ドライバのインストールを許可してください.

 LPCXpresso 基板の LPC-Link モジュールは, USB で接続されます.そのため,対応するデバイス・ドライバのインストールが必要になります.ところが, Microsoft 社の認証を受けていないドライバをインストールしようとすると警告ダイアログが表示されます.このダイアログは,そのようなダイアログが出たとしても,ドライバをインストールしても大丈夫だという通知です.

 Next ボタンをクリックすると, LPCXpresso 開発環境を初めてインストールする場合には特に,警告ダイアログが出てきます.

インストールの警告ダイアログ

 警告ダイアログが表示されたら,「続行」ボタンをクリックして,インストールを続けてください.なお,このダイアログは,インストールされるドライバの数に応じて,複数回あらわれることがあります.

重要な情報画面

 最後の「情報」画面には,いわゆる README 情報が表示されます.確認したら, Next ボタンをクリックします.

インストールを完了する

インストール完了画面(1)

 以上で,インストールは,完了です.最後の画面では,コンピュータを再起動するかどうかを選択します.

 LPCXpresso は,デバイス・ドライバをインストールしているため,使用する前にはコンピュータの再起動が必要です.そのため,すぐに LPCXpresso を使いたい場合には, "restart the computer now" を選択して, Finish ボタンをクリックします.

もうひとつの完了画面

インストール完了画面(2)

 何度かインストール作業を繰り返して確認したところ,インストール完了画面には,二つのパターンが存在することがわかりました.どういった条件で,どちらの画面が表示されるのか,詳細はわかりません.

 この画面から, LPCXpresso 開発環境を起動することもできるのですが,以下の作業手順に合わせるため,ここではインストーラだけを終了させます.両方のチェック・ボックスのチェックを外して, Finish ボタンをクリックします.

 次回は,インストールした LPCXpresso 開発環境を起動してみます.

田中範明(noritan.org)


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: LPCXpressoで,LEDチカチカ (3)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/3885





カテゴリ


Copyright (C) 2006-2015 CQ Publishing Co.,Ltd. All Rights Reserved.