切り離された LPCXpresso

 NXPセミコンダクタ社LPCXpresso 評価基板は, LPC-Link 部分と被評価マイコン・モジュールを切り離すことができます.切り離された LPC-Link 部分は,開発ツールとしても使えるそうです.さて,どうやったら,きれいに切り離すことができるでしょうか.

LPCXpressoの分離個所を確認しよう

 NXPセミコンダクタ社(以下NXP社)の評価ボード LPCXpresso 基板は,「LPC-Link モジュール」と「被評価マイコン・モジュール」の二つの部分から構成されています.

切り離しを前提とした設計

 LPCXpresso 基板の二つのモジュールの間には,"J4"と名前が付けられたコネクタ・パターンが存在し,その中央に白いシルクで境界線が引いてあります.

SWD インターフェイス部分

 二つのモジュールは,この境界線に沿って切り離すことを前提として設計されています.コネクタ "J4" は,奇数番ピンと偶数番ピンが接続されており,それぞれ,以下のような信号につながっています.

J4 コネクタの信号線一覧
LPC-Link モジュール被評価マイコンモジュール
信号名ピン番号ピン番号信号名
VIO_3V312VIO_3V3X
JTAG_TMS_SWDIO34JTAG_TMS_SWDIOX
JTAG_TCLK_SWCLK56JTAG_TCLK_SWCLKX
JTAG_TDO_SWO78JTAG_TDO_SWOX
JTAG_TDI910-
JTAG_RESET1112JTAG_RESETX
EXT_POW1314EXT_POWX
GND1516GNDX


 これらは, Serial Wire Debug (SWD) と呼ばれるインターフェースの信号線です.二つのモジュールを切り離したあとでも,これらの信号線を接続すれば,もとの LPCXpresso 基板のように使用することができます.

切り取り線がない

 ところが,この境界線には,白いシルクが引いてあるだけで,切り取り線のようなものはありません.しかも,すぐ近くには,ほかの回路のための配線が通っているのでうっかり傷つけてしまうと,開発ボードとして使えなくなってしまいます.

J4コネクタの寸法図

 写真から割り出した "J4" コネクタ部分の寸法は,上のようになっています.穴の直径が1.0mm,ランドの直径が1.7mm,ランド間のピッチが2.54mmということから,切り取りしろは,0.84mmと計算されます.大型カッター・ナイフの刃の厚みが0.5mmほどなので,切り離し後の基板の端からランドの端まで0.17mmしかありません.これは,綿密な作戦を立てなくてはならないようです.

 次回は,作戦を立てつつ,基板を切り離します.

田中範明(noritan.org)


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: LPCXpressoを切り離そう (1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/4002





カテゴリ


Copyright (C) 2006-2015 CQ Publishing Co.,Ltd. All Rights Reserved.