お知らせ、イベントの最近のブログ記事

Raspberry Pi発売

| | トラックバック(0)

 LinuxOSが動く、小型の教育分野向けボードが発売開始された。
 http://www.raspberrypi.org/
 購入は、RSコンポーネンツPremier Farnellの2社からでき、35ドル。
 Broadcom SOC 700MHzのARM11、メモリは256Mバイト。

(2012/03/05) 日本のRSコンポーネンツでも、近日取扱いのページができています。

 右倒しがうまくできたところで、今度は左に挑戦します。

課題4
 右アナログ・スティックを左に倒し、半分を越えたところで左超信地旋回をするようにビュートビルダー2でプログラミングしましょう。

 課題4の解答はこちらよりダウンロードできます。
   2bk0802_k4_hidari_analog.zip


18_SC000481.GIF 左超信地旋回用IFブロックの設定は次のようにします。
  リモコン右アナログXは定数64より大きい =>左超信地旋回

19_SC000483.GIF 右アナログ・スティックを左に倒して、ビュートローバが左超信地旋回すれば成功です。

20_P1220276.jpg
長野県飯田工業高校 竹内浩一



 ゲーム・パッドを使った無線操縦プログラムを楽しみましょう。

課題5
 課題4を参考にして、コントローラの十字ボタン<3>を押すと後進、十字スイッチ↓を押すとスピードが半分になるプログラムをビュートビルダー2で作りましょう。


 課題5の解答はこちらよりダウンロードできます。
   2bk0724_kadai5_musen.zip


17_SC000478_k5.GIF
  新しいCortex-M0を搭載したLPCXpressoが出始めるようです。

IMG_0649.jpg 多くの情報は、このページが詳しいです。
  
LPC11U14
 LPC1114に USBを搭載品 (LPC1114にUSBを追加、ROM内にオンチップのクラス・ドライバはない。次のLPC11U2xでオンチップROMドライバ搭載)
  http://www.jp.nxp.com/news/content/file_1876.html
  http://ics.nxp.com/products/lpc1000/lpc1100/lpc11u00/~LPC11U12/#LPC11U12

LPC11C24
 LPC1114にCANコントローラ および トランシーバを搭載。 CAN & CANOpenドライバをオンROM内に搭載。
  http://ics.nxp.com/products/lpc1000/lpc1100/lpc11cxx/~LPC11C12/#LPC11C12

 
LPC1227
 LPC1100にRTC、ウオッチドッグ、DMA、CRC、アナログ・コンパレータx2 を追加。Flash:128KB。RAM:8KB。パッケージは64ピン。
 ROM内にオンチップの割り算ライブラリ。 コンパレータは555タイマとしても使える。
  http://www.jp.nxp.com/news/content/file_1832.html
  http://ics.nxp.com/products/lpc1000/lpc12xx/
  http://www.nxp-lpc.com/images/LPC122x%20product%20introduction.pdf

◆LPCXpressoサンプル・コード
  http://ics.nxp.com/support/lpcxpresso/
  
 

2010年12月1日(水)~3日(金) パシフィコ横浜

  
  12月3日、目が覚めると豪雨で近くの川は氾濫し、消防団の召集の防災無線があり、出かけられるか心配しましたが、急速に天気も回復し、雨具なしで出ることができました。電車のダイヤは乱れていましたが、それほど遅れずに会場に到着することができました。

ARMが目に付いてしまう
 ARMがデバイス・メーカ、開発ツールのベンダを20社以上集めて大きなブースを作って人があふれていました。デバイスからRTOS、開発ツールについて一か所で見ることができました。

emb201020010.jpg
2010年12月1日(水)~3日(金) パシフィコ横浜

11月の警官に埋まったパシフィコが以前の姿に戻っていました
 
「APEC横浜」が開催されたため例年より少し遅れて、警官の姿も見かけない静かなパシフィコ横浜で組込み総合技術展2010が開催されました。街は静かでしたがパシフィコ横浜の内部は人が一杯で熱気にあふれていました。
 APECの首脳会議の行われたボールルームでのレセプションで、組込みシステム技術協会長が、日本の元気を取り戻す要になるのが、物作りの原動力になるこの業界のがんばりだと言っていました。いろんなものが大きく変わっていました。

emb201010010.jpg

  品川の東京コンファレンスセンターで2010年11月11日、ARM Forum 2010が開催されました。品川というと、つい高輪口のホテル群が会場と勘違いし高輪口に出てしまいました。21世紀の品川は港南口になっていたのを忘れていました。
 そのため、港南口に接した東京コンファレンスセンター・品川(アレア品川)の3Fの受付に着くのが少し遅れてしまい、多くの人がもう並んで9時からの受付の開始を待っていました。

午前中の講演はメイン会場に入りきらず別室のビデオで受講する人も
  9:30の講演の開始時間になる前にメイン会場は満席になりました。写真撮影などの禁止が表示されていましたので、カメラは持って行ったのですが撮影はしてきませんでした。
 次に示すのが主な講演資料です。キーノート・スピーチの講演資料には、ARM社の講演のパワーポイントの主な資料はほとんど印刷されていました。

ARM2010010.jpg
 富士通セミコンダクター(株)は、2010年11月下旬から、Cortex-M3シリーズ44製品をサンプル出荷、2011年1月下旬から量産出荷するアナウンスを行った。
 他社のCortex-M3と異なるのは、同社のNOR型フラッシュ・メモリの技術で、60MHzまでウェイトが入らない、10万回の書き込み回数、20年の保持時間などが特徴になっている。また、電源電圧は、2.7V~5.5V、1.8V~3.6Vの2系統があり、3Vと5Vの電源に対応できる。またモータの駆動用に3相制御用のPWM出力が生成できる周辺モジュール、モータ回転位置検出カウンタ、12ビットA-Dコンバータ(1μs変換)など、FA,家電などの業界のニーズに合わせた機能が盛り込まれている。
 第一弾44品種は、80/40MHzの100~120ピンのデバイスで、CAN/USB2.0の有無、128K/RAM12Kバイトから512K/RAM64Kバイトの容量の組み合わせになる。80MHz、CAN×2、USB、512K/64KバイトのMB9BF506RPMCのサンプル価格は650円。
 今後の展開として、パッケージのピン数は、32ピンから176ピン、クロックは20/40/80/144MHz、イーサネット対応、LCDコントロール、14ビットADC、ストップ時のリーク電流の少ないモデルなども来年早い時期にラインナップされる予定になっている。

 NXPARM/mbedは、mbed LPC1768コンテスト「NXP mbed Design Challenge」をスタートさせた。mbed NXP LPC1768プロトタイピング・ボードとmbed オンライン「クラウド」コンパイラを使用し、革新的なハードウェアまたはソフトウェアによるアプリケーション開発を競うもの。総額1万ドルの賞金が用意されている。締め切りは2011年2月28日。

ARM関連雑誌の発売

| | トラックバック(0)
 トランジスタ技術 2010年9月号増刊として、「ARMマイコン パーフェクト学習基板」が発売されました。

  • ARM Cortex-M3マイコンLPC1343
  • タッチ・スイッチIC
  • カレンダIC
  • 温度センサIC
  • OPアンプ
などが搭載されたボードが付属します。
 BASIC,Cでマイコン、周辺ICを利用する方法が具体的に説明されています。


 ARM社では7月16日(金)、名古屋で「ARMソリューションセミナー 名古屋 2010」を開催します。

 自動車産業の環境変化を、政策制度/市場動向/技術動向などについて、立教大学大学院教授大久保隆弘氏の講演のほか、半導体企業、エンベッディッド・ソフトウェア企業からの講演が予定されています。

日時 7月16日(金)
セミナ  13:00~16:30 (受付12:30 – 13:00)
懇親会 16:30~18:00
会場 名古屋マリオット アソシア ホテル 16階アイリス
〒450-6002 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
http://www.associa.com/nma/
定員 80名
事前登録制/参加費無料

EE TimesグループとDigi-Key社、NXP主導のデザインコンペティションが行われている。

 「Cortex-M0 design challenge(www.lpc1100challenge.com)」

 秋月電子通商で、LPCシリーズの取り扱いが始まりました。
  http://akizukidenshi.com/catalog/c/clpc/

 現在、記事の中で取り上げているCortex-M0はLPC1114です。
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-03597/








カテゴリ


Copyright (C) 2006-2015 CQ Publishing Co.,Ltd. All Rights Reserved.