IAR Embedded Workbench IDEの最近のブログ記事

LPC1114のテスト・ボードXpressoでテストする(11)
 前回、プロジェクト>オプションでプログラム作成に必要な設定を行ってあります。前回保存したワークスペースを開きます。

IAR4500010.jpg

LPC1114のテスト・ボードXpressoでテストする(10)
   前回に引き続いて、プロジェクトのオプションの設定を行います。前回まででC/C++のコンパイラの設定まで行いました。今回は、アセンブラは使用していません。出力コンバータ、カスタム・ビルド、ビルド・アクションはデフォルトのままとします。

リンカ
  デフォルトのリンカの設定は次のようになっています。

IAR4300010.jpg

LPC1114のテスト・ボードXpressoでテストする(9)
 前回、新規にワークスペース、プロジェクトをarm041010の名で作成し保存しました。最初に、前回保存したワークスペースarm04010.ewwを開きます。次に、前々回に作成検討したソース・ファイルを作成します。ソース・プログラムは、

ファイル>新規作成

で無題ドキュメントのウィンドウを開きソース・プログラムを次のように作成します。ソース・プログラムが完成したら、arm04010.cの名を付けてプロジェクトを作成したフォルダに保存します。

IAR4200010.jpg


LPC1114のテスト・ボードXpressoでテストする(8)
 前回、but1、but2の二つのボタン押したときそれぞれLEDを点灯させるプログラムを作成しました。そのソース・プログラムをコンパイルし、実行可能なプログラムを作成するための作業、ビルドを行い実行可能なプログラムを作成します。
 このビルドを行うための条件、デバッグのための設定がメニューの
   プロジェクト>オプション
で設定できます。基本はデフォルトの設定で行いますが、この環境で最低限設定する必要のある項目に絞って確認します。

LPC1114のテスト・ボードXpressoでテストする(7)
 前回、Xpresso LPC1114のマイコン・ボードに、IARのCortex M0の評価ボードのボタンとLEDのアドレスと同じアドレスのGPIOポートにボタンとLEDを接続しました。そのLPC1114のボードに、IAR用に作成したプログラムをロードして、Xpresso LPC1114のマイコンボードに接続したボタンを押すとLEDが点灯するようになりました。


                                           Xpresso LPC1114 マイコン

IAR4000030.jpg 今回、IAR用に作成したプログラムを基に、Xpresso LPC1114用のプログラムを作成します。結果としてコピーとなると思いますが、プログラムの全コードの役割を確認することになります。
 

                IAR Cortex M0 評価ボード

IAR000020.jpg

LPC1114のテスト・ボードXpressoでテストする(6)
   ボタンを押すとLEDが点灯するプログラムを、次のXpresso LPC1114のマイコン・ボードで動かしてみます。プログラムは本連載のARMマイコン入門(22)~(29)で検討作成したものです。

IAR4000010.jpg

LPC1114のテスト・ボードXpressoでテストする(5)
JTAGボードに5V電源を追加

   ExpressoのLPC-LINKからは5Vの電源が供給されています。前回作成した変換ボードには、3.3V出力のスイッチングAC-DCアダプタによる電源しかありません。そのため、今回は3.3V電源から5V電源を供給する回路を追加します。

ステップアップ・コンバータ
  今回使用するICは、共立エレショップで購入したPFMステップアップDC-DCコンバータHT7750A(HOLTEK)単価63円を使用しました。インダクタは同じ共立エレショップで購入した太陽誘電のマイクロインダクタLHL06NB 100μH 単価40円を使用しました。コンデンサは、在庫の47μFと10μFの積層セラミック・コンデンサを使用しました。
 具体的な回路図を次に示します。次に示す写真と同様になるようにGNDを上にしました。

IAR3900005.jpg

LPC1114のテストボードXpressoでテストする(4)
  前回に続いて、Xpresso LPC1114のボードのテストを行います。

J-TAGリンクの信号線のプルアップについて
  Expressoのカードは4本の信号線の内、RESTXの信号線は基板内で3.3Vの電源に12kΩの抵抗でプルアップしています。
 残りの3本の信号線は、基板内では直接LPC1114の端子に接続されています。USB-Open Linkとの間がコネクタの変換ボードを介して配線も少し長くなっていますので、RESTX以外の3本の信号線を10kΩの抵抗でプルアップしました。次に示すようにあまり見栄えはよくないのですが、端子のはんだ付けしたところに直接はんだ付けしました。

IAR3800002.jpg

LPC1114のテスト・ボードXpressoでテストする(3)
Blinkyが動く

  IARの評価ボードのLPC1114に接続されているLEDは、PIO3-0とPIO1-9に接続されています。このうち、サンプル・プログラムのSIMPLE DEMOのBlinkyで使用されているLEDが接続されているポートはPIO3-0となっています。

XpressoのLCP1114のボードにLEDを接続する
 XpressoのLPC1114のボードにLEDを接続します。次に示すように、LPC1114のマイコン・ボードのP3.0にLEDと電流制限抵抗を接続します。

IAR3700010.jpg

LPC1114のテスト・ボードでテストする(2)
  Jtagモジュールは、次に示す日新テクニカのARM USB Open Link(4,980円)で購入したものを使用しました。IAR、ADS、KEILなどの開発環境で使える、となっています。
 USBでPCと接続し、10ピン、20ピンのケーブルが付属しています。10ピンのケーブルのコネクタは2mmピッチなので、2.5mmピッチで扱いやすい20ピン・ケーブルを使用することにします。このARM USB Open Linkは、電源の供給機能はもっていないようです。

IAR3600010.jpg

LPC1114のテスト・ボードでテストする(1)
 今まで使用している、IARの評価ボードで開発して独自のシステムを組む場合、別にマイコン・ボードを用意する必要があります。また、ユーザー登録してコード・サイズ制限版を利用してテストを行う場合にも適当なマイコン・ボードが必要になります。
 これらの目的のため、同じNXPのLPC Xpressoのターゲット・ボードが利用できそうなので、これから数回にわたって検討してみます。

LPC Xpresso NXP LPC1114評価ボード
 LPCXpresso は今まで評価してきた、LPC1114のマイコン・ボードのほかにCortexM3のLPC1343のマイコン・ボードが用意されています。
 LPC Xpresso LPC1114の評価ボードを次に示します。下にあるのが購入時のLPC-LinkボードとLPC1114マイコン・ボードが一体になっているものです。
 図の上のほうに示してあるようにLPC-Linkボードとマイコン・ボードを切り離し、このマイコン・ボードとIAR Embedded Workbench IDEを接続してテストします。

IAR3500010.jpg

クロック・タイマについて(3)
 前回に引き続いてSystemInit()関数の中で、システム・クロックの設定状況を確認していきます。今回はMain_PLL_Setup()関数の確認を行います。

 最初のステップで、ClockSourceが4000000から基板上の水晶発振子の発振周波数12000000の値に変わりました。4000000は、ソース・プログラムでは内蔵のIRC発振回路の発振周波数に割り当てられています。

IAR3400010.jpg

クロック・タイマについて(2)
 SystemInit()関数で、システム・クロックの設定を行っています。その内容を今回追いかけてみます。
 デバッグのステップ動作でプログラムを追うと、ソース・リストでプログラムの動作を追うより大変わかりわすいものになっています。

ステップインでプログラムの動作確認
 最初の状態では、ClockSource、SystemAHBFrequency、SystemFrequencyがいずれも4MHzと表示されています。

IAR3300010.jpg

クロック・タイマについて(1)
   IAR Embedded Workbench IDEで、プログラムを構成している必要な情報のほとんどを確認することができます。ここでは、コントロール・レジスタの設定について試してみます。

最初にSystemInit()を呼び出している
   次に示すように、Blinky.cのプログラムでの最初にSystemInit()が呼び出されています。今までは、システムが用意した関数の内部には立ち入らないで済ませていました。そのためステップオーバのアイコンで関数を実行して、この関数の処理を済ませてステップ動作に戻っていました。

IAR3200010.jpg

周辺装置の設定(10)
ユーザー登録してダウンロードすると評価ボードがなくてもテストできる

   前回までで新しいプロジェクトを作り、各オプションの設定を行いプログラムのテストを行うことができるようになりました。IAR Embedded Workbench IDEのバージョンが5.50になっていました。IARのホームページでユーザ登録してコード・サイズ限定版(32KB)の新しいIAR Embedded Workbench IDEをダウンロードしました。ダウンロード・サイズが475,902KBと大きめだったのでダウンロードには時間が30分ほどかかりました。
 32KBのコードサイズの限定版は無期限で使用することができます。評価ボードがない場合は、デバッガにシミュレータを選択するとEmbedded Workbench IDE内でプログラムのステップごとの動作を確認することができます。評価ボードを入手していない方もIARのホームページでユーザー登録してコー・ドサイズ限定版を入手して試してみてください。

ダウンロードしたインストール・プログラムを実行すると
   ダウンロードして、ハードディスクに保存したEWARM-KS-WEB-5505.exeをダブルクリックして起動しますと、次に示すメニューが表示されます。IAR Embedded Workbenchのインストールを選択してインストールを開始します。

IAR3100002.jpg

周辺装置の設定(9)
プロジェクトの設定(3)

  全てのビルドが正常にエラーなく行われたので、プロジェクト>ダウンロードしてデバッグを選択しますと、次に示すようにデバッグ・モードに入ります。

IAR3000005.jpg





カテゴリ


Copyright (C) 2006-2015 CQ Publishing Co.,Ltd. All Rights Reserved.