無線LAN対応 太陽光発電モニタ・システムの最近のブログ記事

 完成したシステムに改良したプログラムを搭載します。

プログラム
■■mbedプログラミング
 mbed用サーバ・プログラムに変更はありません。

■■Javascript
 太陽光発電パネル電圧・電流・電力、バッテリ電圧をブラウザに表示します。
 ARM社でPublishしているJavascriptを参考にして記述しています。今回は見やすさを重視し、表組み内に表示されるようにプログラミングを工夫しました。
無線LANへの対応
 太陽光発電システムは屋外に設置します。取得したデータを無線LAN経由で自宅内にいながらにして見ることができるようにしましょう。
 mbedには無線LAN機能は内蔵されていませんが、外付けの無線LAN子機を購入することにより簡単に無線LAN対応になります。今回はBUFFALOのWLI-TX4-G(以後、TX4)を購入しました。

11_mbed_LAN_solar.jpg
 システム一式は完成しましたか? 必要なプログラムを用意しましょう。

mbedプログラミング
 mbed用サーバ・プログラムは前回と同じものが使用できます。こちらよりダウンロードできます。=>
  2ak1030_solar_http_server.lzh

 ダウンロード=>解凍=>mbedドライブに転送してください。

・2ak1016_web_HTTPServer_LPC1786.bin・・・mbed用サーバ・プログラム
・mbedRPC.js・・・mbed <=> Javascriptインターフェース・プログラム
・sindex.htm・・・HTMLファイル

mbed-1.jpg
 ”Ethernetでネットワーク”に接続し、mbedはサーバとして機能するようになりました。今回は”太陽光発電にmbed 電力計測編”で完成したユニットとネットワークを組み合わせます。さらに無線LAN対応にすることで太陽光発電パネルの発電電力を部屋の中から見ることができるようにしましょう。

システム構成図
 mbed 無線LAN対応MPPT太陽光発電システム構成図を下記に示します。
  • 太陽光発電パネルはネクストエナジー社で購入したGL-144Nです。
  • MPPTユニットは秋月電子で販売しているスイッチング電源キットと組み合わせて購入します。
  • mbedはRJ45モジュラ・ジャックを接続し、LAN対応にします。
  • 5V電源ユニットは100均DC-DCコンバータを使用します。
  • 過電圧保護ユニットは小型のものを新規に設計製作します。


1_mbed_LAN_solar.GIF





2011年2月: 月別アーカイブ

カテゴリ


Copyright (C) 2006-2015 CQ Publishing Co.,Ltd. All Rights Reserved.