ベースボードStarBoard Orangeの最近のブログ記事


 前回は、『1 mbed内部の電源回路』および『2 ☆Boardの基本電源回路)について、解説を行いました。今回は、LCD周りの電源回路について解説します。

sbo0_S.jpg
        
3 ☆BoardのLCD周りの電源回路

 ☆Board完成品に搭載しているTEXT-LCDは、秋月電子などで販売されている、超ハイコントラストLCDモジュールSC1602BS-B-SO-GB-K(16文字×2行表示)を用いています。
           
        P-00040.jpg
超ハイコントラストLCDモジュールSC1602BS-B-SO-GB-K


 StarBoard Orange(スター・ボード・オレンジ 以下☆Board)は,以下の設計コンセプトに基づいて設計をしています。
(1) スタンドアロンである程度の応用ができるようなデバイスを搭載すること。
(2) できるだけコンパクトに設計するが拡張性も考慮すること。
(3) プログラム作成時は、PCからのUSB給電だけでも動作すること。
(4) Cookbookなどのサンプル・アプリケーションができるだけ改造なしに動作すること。
(5) 極力、SMDは使用せず、組み立てが簡単なこと。
(6) 部品は秋葉原または通販などで容易に入手可能なこと。

 (1)、(2)項については、前回、搭載デバイスや拡張性の概要を説明しましたので、今回は、(3)項の『PCからのUSB給電での動作』について解説します。

0sbo0_L.jpg


0sbo0_L.jpg
StarBoard Orange(スター・ボード・オレンジ)

 StarBoard Orange(スター・ボード・オレンジ 以下☆Board)は,mbed NXP LPC1768を使用したアプリケーションやシステムをより簡単に作成・評価するために作られた評価用ベースボードです。ブレッドボードでの配線やはんだ付けがちょっと苦手という方でも、本ボードを使用することにより、mbedの主要機能をすぐに試すことができます。
 また、非常にコンパクトにまとまっており、ケースに入れてスタンドアロンで使用することもできます。

☆Boardはtwitter上のmbedユーザーコミュニティの中から生まれました。ユーザβテストを経て、プリント基板製造・実装メーカーである『きばん本舗』から基板単体、部品セット、完成品として販売されています。きばん本舗サイト:http://kibanhonpo.com/





2010年12月: 月別アーカイブ

カテゴリ


Copyright (C) 2006-2015 CQ Publishing Co.,Ltd. All Rights Reserved.