« 偶数次のひずみを付加させる回路 | メイン | 書籍「第5章の低雑音FET入力増幅器」を製作する »

はてなブックマークに追加   エレキジャックNo.20 一球(6DZ7)ステレオ・アンプの製作


 エレキジャックNo.20では、五極管6BQ5そのものが2個並んでいる構造の6DZ7を1本だけ使って、約5Wのステレオ・アンプを作ります。執筆時、材料代は約2万3千円です。

CIMG1069.jpg
 2.0Vrmsの入力をトランス(巻き数比1:6.45、インピーダンス600Ω:25kΩという規格のOEP製A262A3E)で受け、出力トランスOUT-54B-57(春日無線)にNF用の巻線を追加します。
 B電源トランスレス(倍圧整流)で、ヒーターはヒータートランスを使います。
 双多極管のカソードとスクリーン・グリッド(以後SG)は両ユニットに共通で、各1本しか出ていません。したがって、定番のカソード帰還などのNFがかけられません。

N1026.jpg
 グラフの下のラインがNF(約7dB(1kHz))を最大にした時の周波数特性です。
 ソケット付近の様子です。

CIMG1060.jpg
 




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/6017





カレンダ

2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おすすめ書籍

会社案内
情報セキュリティおよび個人情報の取り扱いについて

コメントとトラックバックは、spamを予防するために、編集担当が公開の作業をするまで非公開になっています。
コメントはそれぞれ投稿した人のものです。

About

2011年10月12日 13:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「偶数次のひずみを付加させる回路」です。

次の投稿は「書籍「第5章の低雑音FET入力増幅器」を製作する」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1
/*yahoo remove*/