メイン

モバイル用パワー・アンプ アーカイブ

2008年7月10日

モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その1)

 本記事は、エレキジャックNo.7(2008/07/25発売)のMission5で掲載するモバイル用パワー・アンプの製作過程を紹介します。誌面ではカラーで紹介できませんでしたが、ここでは大き目の写真を使って説明します。

IMG_2893.jpg  
型番HS16-5-30Sのケースに収納したTAA4100Aを用いた4chアンプ

続きを読む "モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その1)" »

2008年7月15日

モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その2)

 プリント基板の作成の続きです。

p20.jpg
はんだ付けが終了した基板裏

続きを読む "モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その2)" »

2008年8月 1日

モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その3)

ケース組立前のケーブル加工作業
 ケースを組立加工する前にプリント基板にケーブル類を取り付けましょう。
 取り付けが終わっていると、ケースに入れるのが非常にうまく簡単にいきます。あらかじめケースの寸法で総組立図を書いていますので、だいたいのオーディオ・ケーブルの長さは想像が付くと思いますので、適切な長さであらかじめ切っておきましょう。
 ケーブルは、はんだ付けをしますので、ワイヤ・ストリッパやニッパーで加工しておいてください。

 揃える工具 : はんだゴテ、ニッパー、ラジオ・ペンチ、熱収縮チューブ、ピンセット

続きを読む "モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その3)" »

2008年8月 7日

モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その4)

ケースの加工組立

 ケースは、いろいろなタイプのものが販売されていますし、また、自作でケースを製作される方もおられると思いますが、今回は、タカチのヒートシンク型ケース(型番HS16-5-30S)を使用して製作しました。その手順を書いていきます。
 今回の試作には、ヒートシンク型ケースに直接部品を取り付ける方法は取っていません。
あらかじめ前面パネルと背面パネルを作成してありますので、それを使用して製作しました。

そろえる工具 : ドリル、ハンド・ニブラ、ニッパー、ラジオ・ペンチ、糸鋸、ヤスリ

続きを読む "モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その4)" »

2008年8月15日

モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その5)

ケース内の配線およびはんだ付け

(1) 電源線の接続
 電源の配線ですが今回の製作ではコネクタに対し大きな電流が流れる可能性があるので、コネクタとつなぐ電線は6Pのコネクタを使用し上側と下側各々3本ずつを+側と-側に分けて配線してあります。3本の電線がヒューズ・ホルダに行くので、少々面倒でしたが注意して取り付けてください。
 できれば、40~60Wのはんだゴテを使用してはんだ付けするとよいと思います。加工後熱収縮チューブで綺麗にするのも一つの方法だと思いますので挑戦してください。

3p1.jpg

続きを読む "モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その5)" »

2008年8月19日

モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その6)

 引き続き、組み立てていきます。

(7) 放熱板の加工    
 放熱板の加工は、TAA4100Aに今回はL字型5mm厚のアルミを加工して作成しました。ヒートシンクまでに距離を測っておき、あらかじめ作成しヒートシンクに取り付けるのですが、L字型5mm厚のアルミの大きさは様々だと思いますので、ヒートシンクにL字型5mm厚のアルミがどこまで来るのか設計図で見当を付けてください。
 見当を付けた位置のヒートシンクに穴を開け、その穴に合うようにヒートシンク側からL字型5mm厚のアルミに印を付けます。
 L字型5mm厚のアルミの印に対し使用するビスに合った下穴を空けて、今回の製作ではタップを切って加工しました。
 放熱用熱伝導板は、今回の製作では30mm×50mmのアルミ製L型アングルを使用し加工しましたので、参考にしてください。参考図を下記に示します。

続きを読む "モバイル用パワー・アンプの製作過程 (その6)" »





About モバイル用パワー・アンプ

ブログ「オーディオ工房」のカテゴリ「モバイル用パワー・アンプ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはマルチアンプ・システムです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1
/*yahoo remove*/