BASICマイコンを作るの最近のブログ記事

  今回で、この「PIC Pico Basicの紹介」は、最終回となります。今回は、前回作成したモータ制御回路と赤外線センサを使用した、速度測定プログラムと運行制御プログラムを紹介します。
  今回は、I/O操作コマンドの一例として、鉄道模型制御の一例を紹介します。
  PIC Pico Basic ver 3.31による、ライントレース・カーの制御ソフトを紹介します。
  今回は、ライントレース・カーでの事例を紹介します。第6回で紹介したハードウェアと変わりませんが、CPU回路をブレッドボード上に作成しました。
  ver3.0以降になって、ラベルの採用、新I/O操作コマンド・関数の導入により、以前のバージョンに比べ、プログラムの作成が容易になりました。
  第12回で紹介したLCDモジュールの接続を、新しく開発したコマンド・関数を使用した事例を紹介します。
  PIC24FJ64GA002のUART2を使用したシリアル通信のコマンド・関数を追加しましたので、紹介します。
  今回は、A-D変換に関するコマンド・関数を追加しましたので、引き続き紹介します。
  UART2初期設定コマンド(inisc2)に不具合があり、修正したPIC Pico Basic Ver3.31を公開しました。

  PIC Pico Basicを使用したPWM(Pulse Width Modulation)制御のサンプル・プログラムを紹介します。
  今回、新規に追加したAポート/Bポートを操作するコマンドbsetap/bsetbp、bclrap/bclrbpと、関数btstap/btstbpの使用例を紹介します。





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちBASICマイコンを作るカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはお知らせです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。