« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

新刊紹介 プリント・パターン作成ツール PCBE

CQweb-PCBE.BMPCQ出版社の「フリーソフトを使いこなそう」シリーズ(CD-ROM付)にまたまた新刊登場です.PCBEは,高戸谷隆さん作のフリーソフトで,プリント基板のレイアウトを自在に作成でき,さらにパソコンによるプリント基板作成上のフォーマットであるガーバーデータを入出力することもできます.

PCBEには,様々なパーツデータが部品ライブラリとして用意されています.これらをドラッグ&ドロップで配置を換えたり,またこれらの各レジスト穴をパターン線で結んだりと,プリント基板作成に特化したCADとして簡単に使えるのもPCBEの特徴です.作成中の画面表示についても,例えば,部品実装面のレイヤー,はんだ面のレイヤー,シルク印刷のレイヤーなどと分割作成でき,それらの表示/非表示も選択可能です.それらレイヤーごとの印刷も可能です.

私ブログ子が工作する際に,もっとも気にするのはしっかりとしたGND(アース)の確保です.高周波関係の回路では特にGNDが大事ですね.ノイズ対策にも必須ですが,これをユニバーサル基板で十分に確保しようとすると,何本ものすずメッキ線を束ねたり,パーツの足の残骸を束ねたりするなど面倒ですね.PCBEを使えばベタのパターンも作成でき,感光基板などへ転写して作成することで,本格的なプリント基板が再現できます.

著者の能登尚彦さんの話によると,レーザープリンターよりもインクジェットプリンターのほうが,ベタの部分がきれいに印刷でき,感光させる際に都合がよいとのことです.

ユニバーサル基板による作成もよいですが,PCBEは,オリジナル基板を作成するための一助になることは間違いないでしょう.

タグ:          

投稿者: takeshi :2007年10月30日 23:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊紹介 アンテナ解析ソフトMMANA CD-ROM付き

CQweb-MMANA.BMPCQ出版社の「フリーソフトを使いこなそう」シリーズに新刊登場です.MMANAは,アンテナの解析や自作,調整をする際に,とても便利なソフトウェアです.RTTY用の「MMTTY」やSSTV用の「MMSSTV」などのソフトでお馴染みのJE3HHT森さんのフリーウェア・シリーズの一つです.

 しかし,そんなに便利だろうか? MMANAを使いこなしているだろうか?
 だろうか?と書いたのは,本ブログ子の経験からの表現です.少しはアンテナについて理解しているつもりでいても,実際のアンテナ設計では,ゼロからのスタートはなかなか難しいことではないでしょうか? MMANAを多少理解していれば,そのソフトに含まれている多彩なアンテナ・データの例を元にして,自分が作りたいアンテナに流用・改造するといった使い方はできるでしょう.しかし,その方法もわからない,という方も少なくないようです.
 このデータを使って,地上高を変えてみるとか,俯角減衰量の絵を描いてみるとか,挙動の想像を図示できるだけでもMMANAは楽しめますが,この1冊によって,もっと踏み込んだMMANAの機能をマスターできることでしょう.

 ハムには自作のリグやアンテナで交信できるといった醍醐味があります.針金1本でも交信できますが,より遠く,より効率のよいアンテナをシミュレートしながら作ってみませんか?

タグ:        

投稿者: takeshi :2007年10月21日 06:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

TM-D710,TM-V71でEchoLink

別冊CQ ham radio No.1 p.8の補足
ケンウッドTM-V71(TM-D710も同様)を使ってEchoLinkノードを開設する際は以下のようにすることで円滑な運用が可能になります.
・ケンウッドのWebより,公開ソフトウェア「MCP-2A」をパソコンにインストールする.
・パソコンとTM-V71をPG-5G(オプションケーブル)で接続して以下の画面の設置を行う.
・そのほかの設定は,別冊CQ ham radio No.1をご覧ください.

提供:JF7ELG 木幡栄一

スライド1.JPG

スライド2.JPG

スライド3.JPG

タグ:          

投稿者: tominaga :2007年10月19日 17:17 | コメント (0) | トラックバック (0)