« 2008年6月 | メイン | 2008年10月 »

No.5 CW受信用ノイズ・スムーサ プログラム

CW通信に親しもう その2 「R8C/Tinyマイコンで作るCW受信用ノイズ・スムーサ」のマイコン用プログラムです.lzh圧縮ファイルになっていますので,ダウンロードののち解凍してご使用ください.

r8c1b_cw.lzh
R8C/1B,R8C/15用ソースプログラム,フラッシュメモリ書込用Sフォーマット・オブジェクトファイル


r8c29_cw.lzh
R8C/29用ソースプログラム,フラッシュメモリ書込用Sフォーマット・オブジェクトファイル

タグ:

投稿者: kameoka :2008年8月31日 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

スクーターにAPRSを搭載

ime1.jpg
GPS情報を発信しながらツーリングを楽しもう.APRS用TNCと無線機IC-208をスクーターに搭載.

記事→APRSを搭載したスクーター(PDF)

タグ:

投稿者: tominaga :2008年8月29日 16:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008見て歩き 手作りアンテナ

手作りANT_01.jpg
ブース:所沢アマチュア無線クラブ (一般展示コーナー)
移動運用のために分解,組み立てが簡単にできる430MHzのアンテナを展示していました.
左手に持っているのは,一般的な八木アンテナですが,ブームの真ん中で半分に分解が可能.右手に持っているのが,デルタループアンテナで,エレメント取り付け部は100円ショップのパーツを使っていてワンタッチでループエレメントに交換できるというアイディア作品.


手作りANT_02.jpg
デルタループアンテナのエレメントを取り外して分解したブームとループアンテナ用のエレメント.

タグ:

投稿者: blog-ko :2008年8月29日 12:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008見て歩き 風車発電おじさん

風車おじさん_02.jpg
会場入り口では,月刊CQ ham radioでも紹介された風車おじさん(ニューパワー(有)代表のJA3CKF岡田さん)が,今年も風力発電を使った無線交信をしていました.
岡田さんは,風力発電のほかに水力発電や,太陽光発電も試されており,移動運用で活躍しています.関西では,テレビで紹介されているので,子供たちには大きなプロペラをつけているところからドラえもんと呼ばれています.
プロペラの性能は,風速8m/sで30Wの能力があます.分解して持ち運びもできるので,アウトドアのキャンプ道具にいかがでしょう.

スペックは,ニューパワー(有)のWebを参照.
http://www.ex.biwa.ne.jp/~newpower/

タグ:

投稿者: tominaga :2008年8月29日 11:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008 堀江謙一さんの無線機

堀江さんの無線機_01.jpg

ブース:CQ ham radio (ビジネスコーナー)
今年3月17日~7月4日に,波の力だけを動力とする波浪推進船「マーメイドII号」でハワイから紀伊水道までの7,000kmを航行したときに使われた無線機が展示されていました.
堀江謙一さんのコールサインはJR3JJE,航行中,毎週末に多くのアマチュア局とQSO(交信)されました.24日には,堀江さんのトークショーも開催され,年齢が3桁になるまで冒険を続けるという熱い語りにたくさんの人が感動していました.

タグ:

投稿者: blog-ko :2008年8月28日 23:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008見て歩き

メーカーや販売店のほかに,100を超える一般展示ブース,50以上の純粋展示ブースが並んだ今年のハムフェア.ジャンクや測定器など,お買い得品を探して歩き回った方も多かったのではないでしょうか.

ブログ子には,
1)移動用アンテナ,デルタループや釣り竿利用のホイップが目立った.
2)もはやアマチュア無線界にしか存続していないCWのグッズに人気があった.
このように写りましたが,皆さんはいかがでしたか?

さて,ブログ子が気になった幾つかのブース,商品を紹介します.


JA1ZGP 電通大クラブ
ケーブルハンガーを見つけました.架線の際,メッセンジャーワイヤー(補助線)にちょこっと引っかけるように使用できます.ワイヤーにビニールテープなどで固定することなく,簡単に脱着もできるものです.プロの電力線などで使用されています.通常の入手先は,電材店なので,一般的には入手困難かと思われます.100円/個,800円/10個,20個まとめて1,200円に大サービスしてくれました.
1-JA1ZGP.jpg
複数のケーブルを扱う際,1本だけ交換したいときにすべてのケーブルをばらすことなく便利.

----
----

はちのへ無線手作り愛好会
ジャンク販売カゴの中に見つけました.写真は抵抗器ですが,ネーミングがいいですね.一つ一つの部品セットに名前を付けて,ちょっと一工夫が愛らしいですね.
2-Hachinohe.jpg
「無駄な抵抗」とは,ジャンク=無駄なのか,それとも4.7kΩが無駄なのか,単に文字遊びなのか…憶測を呼ぶ.

----
----

福井ローテク愛好会
リミットスイッチとマグネットを埋め込んだ木製ベースを利用したパドル.市販の同タイプのパドルよりも強力なマグネットが3個埋め込まれています.リグの筐体など金属部分にがっちりと固定されるため,本体は軽量ですが,とても打ちやすくブログ子もお気に入りです.2500円のプラ板パドルモデルと,3000円の木製パドルモデルとを1つずつ購入し,5000円にオマケしてもらいました.プラ板仕様は,両パネルの色,中心部分の色をそれぞれ自由に選べるようです.
3-paddle.jpg
「どこでもシリーズ」のパドル.3cm角程度のサイズながら,マグネットてがっちり固定されるので,ハードヒッターにも打ちやすそうです.写真左にある木製のパドルも格好がよくて気に入ったのですが,すでにお財布が…^^;

----
----

JASC
TUBEストラップ.本物の真空管を利用した携帯ストラップ・ネックストラップを販売していました.注目ポイントは,専用のソケットを使用しているため,真空管が外れて落下することがない点だそうです.真空管の型番は見落としましたが,日本で唯一のストラップではないでしょうか?
4-tube-strap.jpg
次回のハムフェアでは,リニアアンプ用の球が出てくるか?…

----
----

SAGAMI-NET
アイデアです!不要になったCD-ROMで,ラジオのバリコンとして利用していました.記録面は皮膜が厚いため,ラベル面を削ると金属シート部分に簡単にアクセスできるそうです.長めのボルトで貫通ネジ状にして,各CD-ROMラベル面はナットで金属膜に接触させるのがコツだそうです.
5-variable_C.jpg
Good Idea! これなら余っている材料で容量も大きくできそう.ラジオの自作には利用可能では? 送信にはどうだろうか?…


タグ:  

投稿者: takeshi :2008年8月28日 19:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008見て歩き 光るコールサインプレート

ハムフェアが今年も8月23,24日,東京ビッグサイトで開催され,のべ29,000名(初日18,000名,2日11,000名)が来場したとのことです.ハムフェア2008
ハムフェア関連Web

光るプレート_01.jpg
ブース:クラブ33 (一般展示コーナー)
毎年大人気の光るコールサインプレートですが,今年は少し大きめのものが売られていました.これは,LEDが使われた光るネームプレートというもので,256文字のASCII文字(大文字・小文字・数字・記号)を6chメモリーできます.
2日間でなんと600個以上売れたそうです.コールサインプレートとして販売したアイディアの勝利でしょう.会場でも早速購入して自分のコールサインを表示している方が大勢いました.

タグ:      

投稿者: blog-ko :2008年8月27日 14:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア臨時試験に合わせて国家試験模擬試験を実施

08kokushi.jpg

 ハムフェア初日の23日(土)に東京ビックサイト会議棟にて,4級/3級の国家試験が開催されました.
 この臨時試験開催に合わせて,同じ会議棟でCQ出版社による国家試験模擬試験が実施されました.受験者の皆さんが,4級/3級の本試験開催前に5種類用意された模擬試験問題に挑み,受験前の最後の仕上げをしました.
 模擬試験会場では,問題集担当編集員による“合格マル秘テクニック” の公開も随所にあり,受験者を大いに助けていました.
 4級,3級とも受験後に幾人かが合格の報告に駆けつけてくれましたが,「模擬試験の問題がズバリ出題されてました」 と話してくれる人もあり,受験前の腕試しに役立ったようです.
 臨時試験では,4級219名,3級150名の受験者がハムの仲間入りを目指して問題に挑みました.

<別冊CQ ham radio編集部>

タグ:

投稿者: kameoka :2008年8月25日 15:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

D-STAR「438.010 QSO」in ハムフェア2008

ID-91-1.jpg
ハムフェアの初日8月23日,D-STARユーザー会によるDVモードの“交信パーティ”が会場内で展開されます.
DVリグをお持ちの方は,ハムフェアでのD-STAR QSOを楽しまれてください.
別冊CQ ham radioも協賛させて頂きました.
詳細:http://www.d-star.jp/hf2008/index.html#438.01

タグ:

投稿者: tominaga :2008年8月19日 17:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

No.5 切手サイズキーヤ 『ハムフェア2008』会場でキット頒布

microkyer.JPG
記事で紹介したキーヤがキット化され,「ハムフェア2008」に出展するA1CLUBブース(ブース番号 C-012)にて頒布されます.頒布するキットの基板も筆者(JQ1BWT 澤田 淳一さん)のお手製です.
なお,クラブ内で優先予約を行っているので,当日の頒布数量に限りがあります.
品切れの切はご了承ください.

頒布の詳細は,A1CLUBの出展案内Webでもご覧いただけます.
http://www.a1club.net/HAMFAIR/hamfair2008/notice.htm


記事詳細は,No.5 p.69からの「超小型切手サイズメモリキーヤと超小型パドルの製作」を
ご覧ください.

(別冊CQ ham radio編集部)

*記事のお詫びと訂正
同記事中,p.76部品実装図に誤りがありました.下記図のように訂正してお詫びいたします.
図をクリックすると拡大表示します.

<別冊CQ ham radio編集部>

76fig.jpg

タグ:

投稿者: kameoka :2008年8月19日 16:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008 アルインコブースで特小遠隔操作ボード展示

ej57u_board.jpg

別冊CQ ham radio No.4で製作記事としてp.118から掲載されている 

アルインコ コントロールボードEJ-57U+特小機DJ-PA20
で簡単遠隔制御

のコントロールボードが,ハムフェア2008会場のアルインコ社のブースにて展示されます.
玄関の呼び鈴と門灯を特定小電力無線機を使って自宅屋内から無線遠隔操作するようすを皆さんの手で試すことができます.
ハムフェア会場では,ぜひアルインコ社のブースにお立ち寄りください.

アルインコ 電子事業部URL
http://www.alinco.co.jp/denshi/index.html

<別冊CQ ham radio編集部>

タグ:

投稿者: kameoka :2008年8月18日 13:55 | コメント (0) | トラックバック (0)