2013年5月31日

別冊CQ ham radio QEX Japan No.7 5月18日発売

                別冊CQ ham radio                
                   QEX Japan No.7
                                     5月18日発売                                                    B5判 120頁 定価 1,600円


 アマチュア無線家の皆様の間で,定着してきました「QEX Japan」の名前と技術的な内容をさらに確立させるための技術記事を厳選してお届けします.

 特集はアメリカのハムK1JT Joe Taylor氏が開発した通信方式Weak Signal communication by K1JTを取り上げます.同通信方式は,頭文字を取ってWSJTと呼ばれています.WSJTHFからSHFに対応したデジタル通信方式が設定されており,Windowsパソコン用のアプリケーション・ソフトとして無償提供されています.

 WSJTの導入から交信にまでのすべてを徹底解説しています.

 No.7では,往年の名機で取り上げたRJX-601インプレッション機のプレゼントもあります.詳細は本誌記事でご覧ください.

QEX07_cover.jpg ↓ 目次に続く

 




目次


新たなつながり デジタル通信
特集 WSJT ノイズ下の信号を拾う心地よさ
 1.WSJT通信方式とは
 2.WSJT(JT65C)の概要
 3.WSJTのシステム構成 ハード系
 4.WSJTのインストールと[Mode JT65C]の設定
 5.WSJT(JT65C)による実際の交信
 6.UHF/SHF帯の伝搬調査と統計解析事例
 7.山岳反射波 長時間連続受信事例
 8.JT65Cによる「気温・湿度のデータ伝送」の実験
 9.WSJT(JT65C)のグラフ保存
 10.WSJTの支援ソフトウェア
 11.WSJT(JT65C)の簡単な理論(プロトコル)


巻頭特別企画
ベクトル・ネットワーク・アナライザ
VNWA3を使ったアンテナ測定と結果の見方


外誌記事から作るアンテナ
組み立て分解が簡単な
144MHz 3エレ八木アンテナの製作


追悼再録記事
いたずらのススメ FETを使った
HF帯リニアアンプの設計と製作


カラー・ページ
これからのGOODコンディションに合わせて
念願のタワー工事に密着取材
クリエイトデザイン社製 18mタワーとエレベータ


往年の名機を使ってみる 第6回
松下電器産業 50MHz AM/FMハンディ・トランシーバ RJX-601


解説・製作
可変範囲の拡大と周波数安定にチャレンジ
周波数混合型/逓倍型VXOの実験

チューナの試作でわかった損失の話
135kHz帯のアンテナ効率についての考察

秋月電子通商の部品で作る電源
 その1 12VをノートPC用に電源に昇圧する
 車載ノートPC用 DC-DCコンバータの製作

 その2 スイッチング・レギュレータ 「HRD12008」使用
 マルチ電圧対応のバッテリ充電器の製作

開発ツールとマイコンがセットになった
MSP430 Launch Padを使ってCWキーヤを作ろう

リグなどとの連動も可能な万能タイプ
USB連動パワー・タップ

品揃えに加えて品質も向上
100円ショップで続々見つかるお役立ち製品


コラム
アマチュアバンドのバンドプラン改正案についての意見募集
関東地方デジ電波切り替えTVアンテナ立て替えラッシュに思う

投稿者: kameoka 日時: 2013年5月31日 17:47 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/7771