●ABOUTフラッシュ
情報カテゴリー


「別冊CQ ham radio」のカテゴリ「フラッシュ
情報」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページが、新しい順番に並んでいます。
1つ前のカテゴリーは、インプレッ
ション
です。 次のカテゴリーは、予告&バックナンバー です。

『別冊CQ ham radio QEX Japan No.3』 5月19日発売

             別冊CQ ham radio
              QEX Japan No.3

                                                      5月19日発売 

                           B5判120頁 小冊子付録つき 特別号定価 1,680円

No.3ではARRL(アメリカのアマチュア無線団体)が制定している,無線機器の測定方法と手順を詳細に解説しています.この測定基準は,ARRL機関誌『QST』に掲載される,アマチュア無線機の詳細レポート「PRODUCT REVIEW」の大元となっており,PRODUCT REVIEW記事の各種データを読みこなすうえで大いに役立ちます.

QEX_JA_No3_cover.jpg

  No3目次(PDF)

No.3は小冊子付録つきです!
日本で生まれた『ヘンテナ』は,今年,誕生40周年に当たります.
これを記念して,ヘンテナのすべてがわかる本文特別企画ページと,40年間にヘンテナ・ユーザーによって考案された50種類以上あるヘンテナを,小冊子付録に「保存版 スタイル・ブック」としてまとめました.
appn_No3.jpg
ご執筆は誕生以来,ヘンテナを研究し続けているJH1FCZ大久保忠OMにお願いしました.付録の表紙イラストも大久保OMに描いていただいたものです.


























タグ:

投稿者: kameoka :2012年5月18日 15:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

『別冊CQ ham radio QEX Japan No.2』 2月18日発売予定

                        別冊CQ ham radio

              QEX Japan No.2

       今回は,ホームセンタの素材で作れて実用的なアンテナ記事を大集合させたました.

            また,それら外誌の記事を日本の素材で再現する試みも記事にしています.

                              2月18日(土)発売予定です.お楽しみに!

QEXJa2.jpg

   目次PDFを見る

◆お詫びと目次への筆者名追加

目次の特選記事part3で製作・記事執筆をいただきました筆者名が抜けてしまいました.

お詫びしますとともに,下記に記述させていただきます.

part3 3-1,3-2,3-3,3-4    製作・執筆 JE1KUC 深山 武

      3-5           製作・執筆 くまさん工房


“QEX”is a registered trademark of the American Radio Relay League(ARRL). Its use in the title of this magazine is licensed by a special agreement between ARRL and CQ Publishing.


タグ:

投稿者: kameoka :2012年2月18日 15:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

QEX Japan No.2 内容紹介 その5

         いよいよ,明日2月18日(土)発売です!

◆一般記事

製作記事
低ゲイン管6080による一球スーパーヘテロダイン・ラジオ

 6080(6AS7)のようなLow-μ管(低増幅率:μ=2.0)の複合管1本でラジオを作るのは難しいとされます.一球ラジオですから,トランジスタやICのような増幅作用のある素子は使用できません.その6AS7の1球でスピーカの鳴るスーパーヘテロダイン・ラジオを作る試みです.製作の鍵は「トランス」です.

CIMG1148.JPG

製作と実験
高輝度LEDによる可視光通信の世界
第2回 受信機の製作と仮実験

 高輝度LEDによる空間可視光通信の連載記事です.2回目の今回は,受信基板を作ります.

P002.jpgP001.jpg受光素子は株式会社アウトスタンディングテクノロジーが開発したものです.上記基板の裏側に配置されています.












解説・読み物記事
コールサイン割り当て再考
バニティコール制度 JAにも必要な時代では?

 親のコールサインを引き継げないだろうか? 知人から相談を受けた筆者が東奔西走するが,現在の日本の制度ではいかんともしがたいという現実に.アメリカでは希望コールサインの取得ができ,親族のコールサインも引き継げる制度がある.この機運を日本にも,という筆者の情熱のこもった訴えをご一読あれ!



製作・電子工作記事
QEX Japan記事がキット化された
秋月電子通商キット PINフォト・ダイオード放射線量計を作る

 QEX Japan No.1で取り上げたPINフォト・ダイオードをセンサにした,放射線量計の製作記事が秋月電子通商からキットになって登場します.2月下旬発売予定で,詳細は,
秋月電子通商Web
でご確認ください.

P0001.jpgその他,製作,解説記事満載!

タグ:

投稿者: kameoka :2012年2月17日 15:57 | コメント (0) | トラックバック (0)

QEX Japan No.2 内容紹介 その4

        別冊CQ ham radio QEX Japan No.2 は
                            2月18日(土発売です.

◆技術レポート その1
8877シングルで作る50MHz軽量リニアアンプ (QEX誌 2006年1/2月号)
 副題に 「小型スーツケースに入るサイズで,重さ9kg」 とあるように,DXペディションなどへの持ち運びを容易にした,50MHz 1.5kW出力リニアアンプ記事です.
 軽量化に成功した秘訣が市販の電源ユニットで,高圧部の電源構築がより手軽にできるようになったとのこと.ただし,高圧部はくれぐれも要注意! と原典筆者は戒めています.


amp_P08.jpgのサムネール画像

                           市販のユニットをを使った電源部.この電源部が軽量化と小型化に

            大きく貢献している.


 amp_P07.jpg

                              8877シングル仕様の終段部.50MHz 1.5kW出力.

◆技術レポート その2
18MHz QRP CW送信機の試作
 QST誌の2011年11月号にCMOSデジタルICを使ったCW送信機の記事が掲載されていました.この回路を国内で入手しやすい部品を用いた回路に変更して,送信機として試作してみたものです.

012.jpg                         IC2個とわずかな部品で,18MHzのCW送信機が完成.
013.jpg                             18MHzの水晶は国内の電子パーツ販売店から通販が可能.

014.jpg                            水晶の周波数を可変させるVXOのバリコンには,100円ラジオの
           ポリ・バリコンを使った.水晶の発信周波数から±7kHzほどの可変が可能.


◆昭和の名機探訪
 TRIO TS-520

  QEX Japan No.1で取り上げた 八重洲無線FT-101 のライバルとして,日本国内のHFユーザーを二つに分けた機種がTRIO(現・JVCケンウッド)のTS-520です.
 当時の最新機能を網羅した機種の運用も含めたレポートをご堪能ください.

015.jpg
内容紹介 その5 につづく

タグ:

投稿者: kameoka :2012年2月16日 15:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

QEX Japan No.2 内容紹介 その3

QEX Japan特選 外誌記事で作る変わり種アンテナ

part3 記事のアンテナを実際に作ってみよう
 part3では,これまで記事で取り上げたアンテナを日本のアマチュア無線バンドに合わせた寸法にし,また,使用素材も日本のホーム・センタで入手可能な部材に置き換えて,実際に製作してみました.
 アメリカでは144MHz,430MHzバンドは日本のバンドよりもはるかに広い周波数割り当てになっているために,寸法などのアレンジが必要でした.

3-1 高利得単線ビーム・アンテナ HGSWを50MHzで作る
3-2 14MHz 用スリーブ部分を作ってみる
3-3 430MHz Jポール・アンテナの製作
3-4 空のダイヤモンド 144MHz 双ループ・アンテナ×2
3-5 モクソン・ビームのクロスマウントを再現する

005.jpg3-1 HGSWを50MHzで作るは寒風吹きすさぶ,河川敷での実験となりました.50MHzで10m強の展張スペースが必要ですが,原典記事どおりに10db以上の利得が得られるのであれば,試すのもソンではなさそうです!

006.jpgのサムネール画像

3-2 14MHz用スリーブ部分を作ってみるは5m以上に及ぶ同軸ケーブルの外被をはぎ取ったあとで,編線(網線)部分を外側に折り返せるか,という実験的製作の試みです.さて,うまくいったでしょうか? 結果は本誌で….
















007.jpg

3-4 空のダイヤモンド 144MHz双ループ・アンテナ×2 は日本ではあまり使われない水平偏波無指向性アンテナですが,形状がとても美しいアンテナで,製作した後も見て楽しめるアンテナです.横にすると垂直偏波とすることもできます.

Japan編集部で追加した,給電部の改良もぜひご覧ください.










008.jpg

3-5 モクソン・ビームのクロスマウントを再現するは左の記事写真のように木材に斜めに穴をあけるという技を伴います.ここは,専用工具をお持ちの“くまさん工房” に再現を依頼しました.

再現したクロスマウントのプレゼントも実施します.













◆モクソン・ビーム クロスマウント プレゼントのお知らせ

009.jpg

                                  受付メール・アドレスは本誌上でご確認ください.


内容紹介 その4 につづく





タグ:

投稿者: kameoka :2012年2月15日 13:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

QEX Japan No.2 内容紹介 その2

QEX Japan特選 外誌記事で作る変わり種アンテナ

Part2 V/UHF変わり種アンテナ
 part2はV/UHFアンテナの製作集です.QST誌,QEX誌の製作記事から,ちょっと変わった外観や性能を持つアンテナを選んでみました.
 アンテナとしての動作原理や外観は変わったものが多いのですが,実際に製作してみると身近に購入できる部材で簡単に工作できるような記事を選んでみました.

2-1 440MHz Jポール・アンテナの製作
2-2 144MHz無指向性水平偏波 空のダイヤモンド
2-3 寄生エレメント型440MHz帯 リンデンブラッド・アンテナ
2-4 自宅で作るVHF/UHF同軸ダイポール・アンテナ


003.jpgのサムネール画像2-2 空のダイヤモンド
144MHz水平偏波の無指向性アンテナ.広大なアメリカで,州内をカバーするラグチュウ・ネットの中央局用として作られたものだが,外観も注目度バツグンのアンテナだ.























004.jpgのサムネール画像


2-3 寄生エレメント型リンデンブラッド・アンテナ

すべてのエレメントに給電することで無指向性動作をするリンデンブラッド・アンテナだがその製作はわずらわしいもの.そこで,給電しない「寄生エレメント」方式とし,その寄生エレメントの配列に変化を持たせることで,中心の垂直GPアンテナに給電するだけで「リンデンブラッド化」できるというアイデア製作.


















内容紹介 その3 につづく

タグ:

投稿者: kameoka :2012年2月14日 12:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

QEX Japan No.2 内容紹介 その1

            別冊CQ ham radio QEX Japan No.2は

                    2月18日(土)発売です               

 QEX Japan特選 外誌記事で作る変わり種アンテナ

 今回の特集記事は,QST誌,QEX誌に掲載されたHFからUHFまでのアンテナ製作を翻訳してお届けするほか,part3ではpart1,part2紹介したアンテナ製作記事のいくつかを日本のアマチュア無線バンドと日本で入手しやすい材料に置き換えて実際に製作するようすをお届けします.

part1 HFワイヤー系アンテナ
 アメリカ本土のHFアンテナというと,広大な敷地に何本ものタワーが・・・というようなシーンを思い浮かべますが,以外にもコンパクトなアンテナが紹介されています.ここでは5本のアンテナ製作記事と,自宅で作り出す大型のコイル製作を紹介します.
1-1 1.9MHz 逆デルタループ・アンテナ
1-2 高利得単線ビーム・アンテナ
1-3 28MHz用モクソン・ビーム
1-4 14MHz用スリーブなしスリーブ・ダイポール
1-5 ユニークな垂直ヘリカル型 HF広帯域アンテナ
1-6 自宅で作る空心コイル


001.jpg

1-1 1.9MHz逆デルタループ・アンテナ記事より
















1-3 28MHzモクソン・ビーム
は折り返し型の2エレメント八木アンテナで,コンパクトに作れます.製作の核となるのは,X型のブームを支えるハブ(クロスマウント)部分で,これは,屋外ベンチなどに使う特殊な処理を施した木材を使います.このクロスマウント部分はJapan編集部でpart3 3-5 で再現製作を試みています.この,再現したクロスマウントの読者プレゼントのお知らせもあります.詳しくは本誌上でご覧ください.

010.jpg
011.jpg
002.jpg
1-6 自宅で作る空心コイル記事より
















内容紹介 その2
 につづく

続きを読む »"QEX Japan No.2 内容紹介 その1"

タグ:

投稿者: kameoka :2012年2月13日 10:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

別冊CQ ham radio 『QEXJapan No.1』

 別冊CQ ham radioの誌面を刷新し『QEX Japan』とすることとなりました.本誌は,「世界からのアマチュア無線情報・技術の国内への紹介」,「日本から世界に向けて,アマチュア無線技術情報の発信」をテーマに誌面構成に取り組んでいます.
 また,エグゼクティブな大人の趣味・遊びとしてアマチュア無線をとらえ,より高度な技術誌として皆様にご愛読いただけますよう編集作業を進めてまいります.
 QEX Japan No.1となる今回は,世界からの情報を日本国内のアマチュア無線家の皆様へお届けするというテーマとして,外誌に取り上げられました国産HFトランシーバの抄訳記事を紹介し,日本のアマチュア無線メーカーの回路技術,生産技術が海外で高く評価をされていることを特選記事としてまとめています.

“QEX”is a registered trademark of the American Radio Relay League(ARRL). Its use in the title of this magazine is licensed by a special agreement between ARRL and CQ Publishing.

No.1 CONTENTS

QEX Japan特選 外誌に見る日本製無線機レビュー
●YAESU FTDX5000(QST誌2010年12月号)
●ICOM IC-7700(QST誌2008年10月号)
●東京ハイパワー HL-1.2KFX(QST誌2008年6月号)

技術レポート
●不思議なアンテナの研究報告 地面アンテナ徹底研究
 Part1 地面アンテナの誕生
 Part2 実験で地面アンテナへの理解を深める

放射線量をカウントする電子工作
 Part1 ガイガー・カウンタの製作
 Part2 PINフォト・ダイオードを使った簡易放射線量モニタの製作

昭和の名機探訪
第1回 八重洲無線 FT-101E

一般記事
●非常時・災害時にも役立つ移動運用電源 ポータブル・ソーラー・バッテリの製作
●新時代のアマチュア無線をみんなで共有「D-STAR」レピータ設置への道のり
●新しい通信方式の研究 高輝度LEDによる 可視光通信の世界
●アルインコ DX-R8/DJ-X11で試す
●パソコン受信のてほどき SDRを使ってワイドバンド受信
●家電品をアマチュア無線で試す!今回のお品 ノイズ・キャンセリング・ヘッドホン

Techinical Report 日本の技術情報を世界に発信する
第1回 MAD-SS スペクトラム拡散通信の高速同期法
Proposed long-distance communication in sensor network
using weak radio waves and DSP

タグ:

投稿者: wide-bander :2012年2月10日 14:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

免許を要しない無線局「1W」の新設準備

JARL忘年会2010(2010年12月9日)において,関東総合通信局 総務部竹内部長は,挨拶の中で,免許を要しない無線局1Wの準備が進んでいることを報じられました.

既存の免許不要の特定小電力無線(422MHz付近)は0.01W(10mW),これよりも大幅に増力(20dBアップ)される­ことになり,用途範囲も広がることから,新しい通信ツールになると期待されるものと思われます.

タグ:

投稿者: tominaga :2010年12月10日 11:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

☆APRS&VoIP無線連絡会 in 関東

☆APRS&VoIP無線連絡会 in 関東

 VoIP無線や,APRSを運用する方にご参集いただき,情報交換と親睦を図ることを目的にAPRS&VoIP無線連絡会を開催します.
関東および近隣地域で,ご興味のある方は,ぜひご参加して情報交換を行っていただく場となることを期待いたします.

日 時: 7月3日1000~1230
会 場: CQ出版社「炭七ビル1階セミナールーム」 (JR巣鴨駅 徒歩3分)
     http://www.cqpub.co.jp/cqpub/cqmap/map0.htm

申 込: 6月29日までに参加希望を以下のアドレスへ送りくださいますようお願いいたします
      (30名/参加無料).

連絡先: voipaprs (あっと) freeml.com  (あっとを @ にして送信ください).
      (または賛同各局へ).

その他: デジピータやノードの運営に関する情報交換と,諸般のネゴシエーション,
      および連絡協議会の発足についての検討など.

賛 同: JA1RBY,JL1LCW,JA1MXO,JE1KUC,JF7ELG,7K3WNX,
      7N4SGU,7K4ADKほか(順不同)

注 意: 本件に関するご質問などは,先の連絡先へメールでお願い致します.
      当日,話し合われた内容などは,本コーナーや,月刊CQ ham radio
      誌上や本ブログなどで報じられる予定です.

タグ:        

投稿者: tominaga :2010年6月10日 11:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・我孫子市制40周年記念局 8J1ABIKO発進!

IMG_0224s.JPG6月5日(土),千葉県我孫子市の市制40周年を祝うアマチュア無線記念局8J1ABIKOの開局記念パーティ(式典)が,JR我孫子駅前 けやきプラザ11階で行われました.

続きを読む »"千葉・我孫子市制40周年記念局 8J1ABIKO発進!"

タグ:

投稿者: kameoka :2010年6月 7日 14:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイトンハムベンション2010レポート(APRS 関連)

APRS Forum Dayton 2010

APRSの開発者であるWB4APR Bobを中心に製品の開発,販売に関わっている方々が順番に説明していくという流れでした.ここ数年BobはAPRStt(DTMF to APRS Gateway)というシステムを熱心に説明しています.

de JF7ELG

wb4apr_bob_01.jpgWB6APR Bob
APRSの開発者.手にしているのはKenwood TH-D72.

続きを読む »"デイトンハムベンション2010レポート(APRS 関連)"

タグ:

投稿者: blog-ko :2010年5月20日 02:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイトンハムベンション2010レポート(抜粋)

デイトンハムベンションは,地元Dayton Amateur Radio Association (DARA)によって1952年から開催されている世界最大級のハムイベントで毎年5月中旬の金~日の3日間,オハイオ州デイトンのHARAアリーナ周辺で開催されます.
今年の出展企業は200社以上,大きく分けて6つの建物に分かれての展示があり,建物近くの駐車スペース(約1,000台分)がフレアマーケットとして使われていました.
規模が大きいのでほんの一部の紹介になりますが,日本のハムイベントと違った雰囲気をご覧ください.

de JF7ELG



http://www.hamvention.org/  デイトンハムベンション公式Webサイト
http://www.w8bi.org/        DARA公式Webサイト

続きを読む »"デイトンハムベンション2010レポート(抜粋)"

タグ:

投稿者: blog-ko :2010年5月20日 01:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイトンハムベンション2010レポート

hara.jpg
5月14日~5月16日,米国オハイオ州のDaytonで,世界最大級Hamイベント「Dayton Hamvention 2010」が開催されました.
国内メーカから発表された新製品を中心にレポートいたします.
関西アマチュア無線フェスティバル(7月17,18日,大阪・池田市民文化会館),ハムフェア2010(8月21,22日,東京ビッグサイト)でも展示されると思います.

de JF7ELG

続きを読む »"デイトンハムベンション2010レポート"

タグ:  

投稿者: blog-ko :2010年5月19日 05:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーム・アンテナのバリエーションと製作 発売2月19日

別冊CQ ham radio No.11

excq201003top1big.jpg

目次・概要は,続きをクリック

ご購入は,Webshop,またはショップ・書店で!

続きを読む »"ビーム・アンテナのバリエーションと製作 発売2月19日"

タグ:

投稿者: tominaga :2010年5月 1日 10:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

列車無線に妨害を与えていた違法無線局開設者を告発

 総務省関東総合通信局は,平成22年3月17日に神奈川県川崎臨港警察署と共同で違法無線局の取締りを実施し,鉄道事業用の無線通信に妨害を与えていた2名を電波法第53条の違反容疑で同警察署に告発しました.

 詳細は下記リンクを参照してください.

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/if/press/p21/p2203/p220318k.html


タグ:

投稿者: kameoka :2010年3月18日 14:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

EchoLinkノード局マップ(アクセスポイント エリアマップ)

インターネット・アマチュア無線で知られる EchoLink のノード運用局のアクセスポイントのマップがJF7ELG木幡氏のWebに公開されました.

EchoLink node map

nodemap.jpg

位置の情報は,EchoLinkのソフトを稼働すると,サーバーに自動登録される緯度経度を元にしている,とのことです.
従って,ノード局の位置は,その運用者が設定した位置に依存して表示されますので,正確でない場合もあるとのことです.

タグ:

投稿者: tominaga :2010年2月10日 14:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

D-STAR体感フェア---7月25日1000~,東京

dstar20090725.jpg
D-STARを実機で体感できるフェアが7月25日,東京・日本橋浜町で開催されます
主催:アイコム

ぜひ,この機会にデジタル通信の音・運用を見聞きされてはいかがでしょう!?
先着50名に粗品プレゼンとあり.

詳細:D-STAR体験フェア

タグ:

投稿者: tominaga :2009年7月18日 11:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

第8回 西日本ハムフェア開催 (3月8日)

九州最大のハムフェア「第8回 西日本ハムフェア

日時:平成21年3月8日(日)10:00~15:00
会場:ユニバーサル造船有明事業所体育館(熊本県玉名郡長洲町有明1)

駐車場:無料
特別記念局:8J6HAM(運用を希望の方はJARL会員証と無線従事者免許証が必要)

メーカー,ショップで実際に無線機を確認したり,「何でも売りますコーナー」で掘り出し物を見つけてみるのはいかがでしょう.

CQ出版株式会社もアマチュア無線に関する専門書を取り揃え展示販売します.ぜひお立ち寄りください.

続きを読む »"第8回 西日本ハムフェア開催 (3月8日)"

タグ:

投稿者: blog-ko :2009年3月 3日 10:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

アマチュア無線の話題がFM番組に登場!

radio_tsukuba.jpg
コミュニティFM放送局「ラヂオつくば」(茨城県つくば市)でアマチュア無線専門番組「こちらは、ibaraki-net アマチュア無線クラブです」(毎週日曜20:30~21:00)が始まりました.地元を中心に活動するアマチュア無線クラブibaraki-netのパーソナリティが毎回ビギナーからマニアックな方まで楽しめる話題を提供していくそうです.

第1回放送分はラヂオつくばのホームページにあるバナー(下の図)をクリックすると聞くことができます.
ibaraki-net.jpg

ラヂオつくば→http://radio-tsukuba.net/  ibaraki-net→http://www.jq1yjc.com/

タグ:  

投稿者: blog-ko :2009年2月27日 12:21 | コメント (0) | トラックバック (0)

144/430/1200MHzフルデュプレックス対応ハンディ・トランシーバ

アルインコから144/430/1200MHzの2バンドフルデュプレックスにも対応するFMハンディ・トランシーバ「DJ-G7」がまもなく発売開始される模様です.
1200MHzまでハンディとしての実用パワーを備えており,EchoLink,WiRESなどや,レピータのアクセスアイテムとして期待されます.

DJ-G7の詳細↓(メーカーWeb参照)
http://www.alinco.co.jp/denshi/03/djg7_f4.html

タグ:      

投稿者: tominaga :2009年2月 3日 11:11 | コメント (0) | トラックバック (0)

D-STAR対応NewトランシーバID-80,ID-880/D

D-STARに対応した144/430MHzデュオバンドデジタルトランシーバー2機種をアイコムが2月上旬予定として発売する.
ハンディ型のID-80は,GPSマイクHM-189GPS(オプション)を使用することで,自局の位置情報を表示したり,相手局に自局の位置データを送るD-PRSが楽しめる仕様.
ID-880/Dは,モービルタイプで,市販のGPSレシーバをつなぐ仕様.

プレスリリース:
http://www.icom.co.jp/release/20090128/index.html

タグ:

投稿者: tominaga :2009年1月28日 16:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

IC-7600発表!HF+50MHzトランシーバ

ic7600.jpg

ハムフェア2008のアイコムのブースで参考出品されたIC-7600が1月下旬発売予定として,12月16日付けの同社のニュースリリースで発表されました.

IC‐756PROIII(税込417,900円)と比較しても飛躍的に向上しているというミドルクラスのリグとのこと.

HFオールバンド+50MHz〈SSB・CW・RTTY・PSK31・AM・FM〉
100W トランシーバー IC-7600
価格417,900円(税込)

タグ:    

投稿者: tominaga :2008年12月17日 11:14 | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 「K-20 怪人二十面相・伝 」 でVINTAGE RADIOが活躍

k-20poster.jpgのサムネール画像
新作映画VINTAGE RADIOが大活躍  
『K-20 怪人二十面相・伝』
12月20日(土)より
全国東宝系公開
photo01.JPG
公式HP http://www.k-20.jp/
(C)2008「K-20」製作委員会
映画「K-20 怪人二十面相・伝」 で,1940,50年代の懐かしい無線機が大活躍しています.

続きを読む »"映画 「K-20 怪人二十面相・伝 」 でVINTAGE RADIOが活躍"

タグ:

投稿者: kameoka :2008年12月15日 17:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐんまハムのつどい & APRS展示

11月30日(日),群馬県伊勢崎市の群馬県技能検定場において,JARL群馬県支部主催による「ハムのつどい」が開催され,300名以上の参加者でにぎわいました.

会場では,クラブの展示やジャンク,フリー・マーケットなどに加え,JARL認定モールス電信技能認定実技試験も実施されました.

展示ブースでは,本誌のAPRS記事でもおなじみのJA1RBY中山さんやJF1AJE松澤さん,7N1RSS原さんらによる,パケットGPS通信APRS機器が展示されるとともに,展示ブースを訪れた皆さんに詳細な説明が行われました.
APRSの詳細は JPRSXのWeb をご参照ください.

081130-01.JPG
081130-02.JPG
ブースにはAPRS運用に必要な機材が展示され,使い方が説明された

つどいの最後には,恒例のお楽しみ抽選会も行われ,ハンディ・トランシーバなど豪華賞品が渡されました.
081130-03.JPG
つどいの最後には,豪華賞品の当たる抽選会も行われた.


タグ:

投稿者: kameoka :2008年12月 1日 13:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

第14回全国マイクロウェーブ合同ミーティング

08micro-1.jpg

11月23日(日) 東京港区の弥生会館において,70名弱の参加で,実施されました.

続きを読む »"第14回全国マイクロウェーブ合同ミーティング"

タグ:

投稿者: kameoka :2008年11月26日 15:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008見て歩き 手作りアンテナ

手作りANT_01.jpg
ブース:所沢アマチュア無線クラブ (一般展示コーナー)
移動運用のために分解,組み立てが簡単にできる430MHzのアンテナを展示していました.
左手に持っているのは,一般的な八木アンテナですが,ブームの真ん中で半分に分解が可能.右手に持っているのが,デルタループアンテナで,エレメント取り付け部は100円ショップのパーツを使っていてワンタッチでループエレメントに交換できるというアイディア作品.


手作りANT_02.jpg
デルタループアンテナのエレメントを取り外して分解したブームとループアンテナ用のエレメント.

タグ:

投稿者: blog-ko :2008年8月29日 12:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008見て歩き 風車発電おじさん

風車おじさん_02.jpg
会場入り口では,月刊CQ ham radioでも紹介された風車おじさん(ニューパワー(有)代表のJA3CKF岡田さん)が,今年も風力発電を使った無線交信をしていました.
岡田さんは,風力発電のほかに水力発電や,太陽光発電も試されており,移動運用で活躍しています.関西では,テレビで紹介されているので,子供たちには大きなプロペラをつけているところからドラえもんと呼ばれています.
プロペラの性能は,風速8m/sで30Wの能力があます.分解して持ち運びもできるので,アウトドアのキャンプ道具にいかがでしょう.

スペックは,ニューパワー(有)のWebを参照.
http://www.ex.biwa.ne.jp/~newpower/

タグ:

投稿者: tominaga :2008年8月29日 11:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008 堀江謙一さんの無線機

堀江さんの無線機_01.jpg

ブース:CQ ham radio (ビジネスコーナー)
今年3月17日~7月4日に,波の力だけを動力とする波浪推進船「マーメイドII号」でハワイから紀伊水道までの7,000kmを航行したときに使われた無線機が展示されていました.
堀江謙一さんのコールサインはJR3JJE,航行中,毎週末に多くのアマチュア局とQSO(交信)されました.24日には,堀江さんのトークショーも開催され,年齢が3桁になるまで冒険を続けるという熱い語りにたくさんの人が感動していました.

タグ:

投稿者: blog-ko :2008年8月28日 23:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008見て歩き

メーカーや販売店のほかに,100を超える一般展示ブース,50以上の純粋展示ブースが並んだ今年のハムフェア.ジャンクや測定器など,お買い得品を探して歩き回った方も多かったのではないでしょうか.

ブログ子には,
1)移動用アンテナ,デルタループや釣り竿利用のホイップが目立った.
2)もはやアマチュア無線界にしか存続していないCWのグッズに人気があった.
このように写りましたが,皆さんはいかがでしたか?

さて,ブログ子が気になった幾つかのブース,商品を紹介します.


JA1ZGP 電通大クラブ
ケーブルハンガーを見つけました.架線の際,メッセンジャーワイヤー(補助線)にちょこっと引っかけるように使用できます.ワイヤーにビニールテープなどで固定することなく,簡単に脱着もできるものです.プロの電力線などで使用されています.通常の入手先は,電材店なので,一般的には入手困難かと思われます.100円/個,800円/10個,20個まとめて1,200円に大サービスしてくれました.
1-JA1ZGP.jpg
複数のケーブルを扱う際,1本だけ交換したいときにすべてのケーブルをばらすことなく便利.

----
----

はちのへ無線手作り愛好会
ジャンク販売カゴの中に見つけました.写真は抵抗器ですが,ネーミングがいいですね.一つ一つの部品セットに名前を付けて,ちょっと一工夫が愛らしいですね.
2-Hachinohe.jpg
「無駄な抵抗」とは,ジャンク=無駄なのか,それとも4.7kΩが無駄なのか,単に文字遊びなのか…憶測を呼ぶ.

----
----

福井ローテク愛好会
リミットスイッチとマグネットを埋め込んだ木製ベースを利用したパドル.市販の同タイプのパドルよりも強力なマグネットが3個埋め込まれています.リグの筐体など金属部分にがっちりと固定されるため,本体は軽量ですが,とても打ちやすくブログ子もお気に入りです.2500円のプラ板パドルモデルと,3000円の木製パドルモデルとを1つずつ購入し,5000円にオマケしてもらいました.プラ板仕様は,両パネルの色,中心部分の色をそれぞれ自由に選べるようです.
3-paddle.jpg
「どこでもシリーズ」のパドル.3cm角程度のサイズながら,マグネットてがっちり固定されるので,ハードヒッターにも打ちやすそうです.写真左にある木製のパドルも格好がよくて気に入ったのですが,すでにお財布が…^^;

----
----

JASC
TUBEストラップ.本物の真空管を利用した携帯ストラップ・ネックストラップを販売していました.注目ポイントは,専用のソケットを使用しているため,真空管が外れて落下することがない点だそうです.真空管の型番は見落としましたが,日本で唯一のストラップではないでしょうか?
4-tube-strap.jpg
次回のハムフェアでは,リニアアンプ用の球が出てくるか?…

----
----

SAGAMI-NET
アイデアです!不要になったCD-ROMで,ラジオのバリコンとして利用していました.記録面は皮膜が厚いため,ラベル面を削ると金属シート部分に簡単にアクセスできるそうです.長めのボルトで貫通ネジ状にして,各CD-ROMラベル面はナットで金属膜に接触させるのがコツだそうです.
5-variable_C.jpg
Good Idea! これなら余っている材料で容量も大きくできそう.ラジオの自作には利用可能では? 送信にはどうだろうか?…


タグ:  

投稿者: takeshi :2008年8月28日 19:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008見て歩き 光るコールサインプレート

ハムフェアが今年も8月23,24日,東京ビッグサイトで開催され,のべ29,000名(初日18,000名,2日11,000名)が来場したとのことです.ハムフェア2008
ハムフェア関連Web

光るプレート_01.jpg
ブース:クラブ33 (一般展示コーナー)
毎年大人気の光るコールサインプレートですが,今年は少し大きめのものが売られていました.これは,LEDが使われた光るネームプレートというもので,256文字のASCII文字(大文字・小文字・数字・記号)を6chメモリーできます.
2日間でなんと600個以上売れたそうです.コールサインプレートとして販売したアイディアの勝利でしょう.会場でも早速購入して自分のコールサインを表示している方が大勢いました.

タグ:      

投稿者: blog-ko :2008年8月27日 14:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア臨時試験に合わせて国家試験模擬試験を実施

08kokushi.jpg

 ハムフェア初日の23日(土)に東京ビックサイト会議棟にて,4級/3級の国家試験が開催されました.
 この臨時試験開催に合わせて,同じ会議棟でCQ出版社による国家試験模擬試験が実施されました.受験者の皆さんが,4級/3級の本試験開催前に5種類用意された模擬試験問題に挑み,受験前の最後の仕上げをしました.
 模擬試験会場では,問題集担当編集員による“合格マル秘テクニック” の公開も随所にあり,受験者を大いに助けていました.
 4級,3級とも受験後に幾人かが合格の報告に駆けつけてくれましたが,「模擬試験の問題がズバリ出題されてました」 と話してくれる人もあり,受験前の腕試しに役立ったようです.
 臨時試験では,4級219名,3級150名の受験者がハムの仲間入りを目指して問題に挑みました.

<別冊CQ ham radio編集部>

タグ:

投稿者: kameoka :2008年8月25日 15:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

D-STAR「438.010 QSO」in ハムフェア2008

ID-91-1.jpg
ハムフェアの初日8月23日,D-STARユーザー会によるDVモードの“交信パーティ”が会場内で展開されます.
DVリグをお持ちの方は,ハムフェアでのD-STAR QSOを楽しまれてください.
別冊CQ ham radioも協賛させて頂きました.
詳細:http://www.d-star.jp/hf2008/index.html#438.01

タグ:

投稿者: tominaga :2008年8月19日 17:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

No.5 切手サイズキーヤ 『ハムフェア2008』会場でキット頒布

microkyer.JPG
記事で紹介したキーヤがキット化され,「ハムフェア2008」に出展するA1CLUBブース(ブース番号 C-012)にて頒布されます.頒布するキットの基板も筆者(JQ1BWT 澤田 淳一さん)のお手製です.
なお,クラブ内で優先予約を行っているので,当日の頒布数量に限りがあります.
品切れの切はご了承ください.

頒布の詳細は,A1CLUBの出展案内Webでもご覧いただけます.
http://www.a1club.net/HAMFAIR/hamfair2008/notice.htm


記事詳細は,No.5 p.69からの「超小型切手サイズメモリキーヤと超小型パドルの製作」を
ご覧ください.

(別冊CQ ham radio編集部)

*記事のお詫びと訂正
同記事中,p.76部品実装図に誤りがありました.下記図のように訂正してお詫びいたします.
図をクリックすると拡大表示します.

<別冊CQ ham radio編集部>

76fig.jpg

タグ:

投稿者: kameoka :2008年8月19日 16:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2008 アルインコブースで特小遠隔操作ボード展示

ej57u_board.jpg

別冊CQ ham radio No.4で製作記事としてp.118から掲載されている 

アルインコ コントロールボードEJ-57U+特小機DJ-PA20
で簡単遠隔制御

のコントロールボードが,ハムフェア2008会場のアルインコ社のブースにて展示されます.
玄関の呼び鈴と門灯を特定小電力無線機を使って自宅屋内から無線遠隔操作するようすを皆さんの手で試すことができます.
ハムフェア会場では,ぜひアルインコ社のブースにお立ち寄りください.

アルインコ 電子事業部URL
http://www.alinco.co.jp/denshi/index.html

<別冊CQ ham radio編集部>

タグ:

投稿者: kameoka :2008年8月18日 13:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

TinyTrak4D製作レビュー (廉価な表示付きAPRS TNC)

tt4d_01.jpg

Dayton Hamventionで,Byonics社から発表されたTinyTrak4Dは,TinyTrak4にディスプレイ(Display)を追加してAPRSのパケットを表示できるものです.最近,Byonics社のWebにファームウエアががアップされました.
まだRAWデータ(生パケット)の表示しかできませんが,近いうちに内容を判断して表示をできるようにする予定とのことです.「デイトンハムベンション2008速報」で紹介したものは整形された表示でした.
メッセージ(MSG)や気象情報(WX)などの表示が見やすいなれば,既存の無線機でも快適なAPRS運用ができるようになるでしょう.
de blig-ko

続きを読む »"TinyTrak4D製作レビュー (廉価な表示付きAPRS TNC)"

タグ:

投稿者: blog-ko :2008年6月 5日 15:50 | コメント (0) | トラックバック (0)

CQ出版社のWebショップ開店!

CQ出版社の本を直接CQ出版社へ発注して購入できるWebShopが開店しました.

ただいま,プレオープンキャンペーン中!
総額1,000円以上を購入すると,送料無料です(1,000円未満は250円).

どーぞ!ご利用ください.CQ出版WebShop

タグ:        

投稿者: tominaga :2008年5月23日 15:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

デイトンハムベンション2008速報

IMG_2346_1.jpgデイトンハムベンション会場に設置されたHFアンテナ.ステップIRのようのようだ. IMG_2340_1.jpgAPRS対応のケンウッドTM-D710とGPSレシーバ搭載電子マップの組み合わせ.パソコンを使わず相手局の位置とコールサインを表示できるシステム. IMG_2361_1.jpg

ソーラーシステムを搭載しハイブリット車に改造したAPRSの創始者WB4APRボブ氏のクルマ.

IMG_2325_1.jpg

ARPS機能に対応したVX-8R.VX-7Rの後続機と思われる.日本でもVX-8として登場することを期待したい.

http://www.universal-radio.com/catalog/ht/0008.html


IMG_2331_1.jpg
ハムベンション会場と日本のD-STARレピータとがインターネットを介しての実験が行われた.
EchoLink,WiRESは,世界規模の交信が日常的だが,D-STARネットとしては新しい試み. IMG_2372_1.jpgTinyTrak4にLCDディスプレイを取り付けたタイプが発表された.位置情報を送り出すのみだったTT3やTT4から,メッセージをクルマでも見られるようになる.TT4Dは気になるスールだ. IMG_2378_1.jpg

BYONICS社(別冊CQ ham radio No.3参照)のPicCon.DTMFを使ったインターフェース

IMG_2357_1.jpg

現地から速報写真を提供してくれたJF7ELG木幡氏(左)とWB4APRボブ氏.日本のハムへのメッセージをもらったとのこと(後日,紹介予定).






タグ:        

投稿者: tominaga :2008年5月17日 15:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

TM-D710/TM-V71ファームウェアアップデート

tm_d710.jpg

APRS,EchoLinkに対応する144/430MHz FMトランシーバTM-D710,およびTM-V71シリーズのアップデート情報が発表されました.

ケンウッドTM-D710ほかアマチュア無線機アップグレード情報

タグ:      

投稿者: tominaga :2008年5月16日 10:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

アマチュア局周波数帯一部改正

アマチュア局が動作を許される周波数帯」が,平成20年4月28日総務省告示第260号で次のように一部改正されました.
●3,500kHzから3,575kHzまで,3,599kHzから3,612kHzまで及び3,680kHzから3,687kHzまで
(指定周波数:3,537.5kHz)
●3,702kHzから3,716kHzまで,3,745kHzから3,754kHzまで及び3,791kHzから3,805kHzまで
(指定周波数:3,798kHz)

new3_8mhz.jpg

タグ:

投稿者: kameoka :2008年4月28日 17:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

JARL役員選挙結果

JARL(日本アマチュア無線連盟)の役員選挙結果が発表になりました.
下記をクリックすると結果が表示されます.(PDFです.表示には「Adobe Reader」が必要です)
役員選挙結果PDFへ

タグ:

投稿者: kameoka :2008年4月21日 11:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビドラマ登場の通信機器秘話 ~アルインコさんに聞きました~

昨日の 「科捜研の女」 見た人も多いのでは?
その中で,出てましたね,アルインコさんの無線機.
そこで,同社にドラマ貸し出しの裏話を緊急取材してみました.                ドラマに登場した通信機


DJ-series.jpg Q 貸出機の使われ方は?
A
 無線機の使用方法についての説明はほとんどしたことがないですね.
今回の「科捜研…」は,音と光を出したいという演出のために,スタッフが盗聴器発見シーンで,DJ-X3S(写真左),DJ-X2000(写真右)が動作するような使い方を聞きにきましたけど.そうそう,リアルさを出したいということで,盗聴器のような基板セットも作って貸し出したんですよ.

Q これまでに無線機が登場したシーンで印象的だったのは?
A
 海上保安庁の活躍を扱ったドラマで,不審船から銃撃を受けるシーンで隊員が肩に装着していたハンディ機が貸出したものでした.このようにハンディ機が多いので,あまり目立たないかもしれないですけど,結構活躍してるんですよ.
あとは,車のシートにさりげなく放置されている無線機とか,通話しているシーンでマイクが映っているということも多いですね.
昨日のドラマでは,科捜研のボスが付けていたイヤホンマイクも当社のものです.

Q 貸し出し無線機がすごい状態で帰ってきたということはありますか
A
前出の海上保安庁もので,潮水をかぶってボロボロになって返ってきたというのがいちばんすごかったですかね.これはその後,まったく使い物にならず廃棄処分でしたね.

Q 貸出秘話がありましたらお聞かせください
A
 うーん,そんな“秘話”というような大げさなものもありませんけど.
貸出しも通信機ではなくて,ドラマの中でLEDやライトやらのイルミネーションや通信室のようなところのパネルのランプを光らせたいので,12V電源貸してください,というリクエストもありますよ.
そうそう,製品を返却してくるときにの梱包材がおもしろいんです.ドラマで使った小道具のカンバン,たとえば,「取調室」みたいな紙が使われてたりして.こんな楽しみもあるんです.
                                       (アルインコ カスタマーサービス談)

次回はどんなドラマにメーカ製無線機が登場するのでしょう.楽しみですね.

タグ:

投稿者: kameoka :2008年4月18日 11:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

秋月電子通商 950円 5V CMOSカメラ基板 再販売中

camera1.jpg

別冊CQ ham radio No.1特集「1200MHz FM-TV QRP送信機の製作」やエレキジャック No.2第1特集「トイ・トレインからのライブ中継にチャレンジ」 で使用した5V動作CMOSカメラ基板が秋月電子通商で販売されています(11月28日現在).
販売数や期間は不明ですが,同記事の製作や5Vの低電圧で動作するカメラ基板をお探しの方には朗報でしょう.
秋月電子通商電子かわら版 カメラボードのページ

タグ:

投稿者: kameoka :2007年11月28日 14:41 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハム題材の漫画 『電波の男(ひと)よ』

電波のひとよ.JPG

映画「YOU'VE GOT MAIL」のムセン版ともいえる出会い系漫画
表題の「電波の男(ひと)よ」ほか2編を収録.
西 炯子(にし けいこ)作 小学館 flowers comics 定価530円

タグ:

投稿者: kameoka :2007年11月14日 16:38 | コメント (2) | トラックバック (0)

ケンウッドが中国での商標・著作権係争で全面勝訴

ケンウッド(KENWOOD)は,中国において,同社の商標権や意匠権,著作権を侵害されたとして,現地メーカー3社を相手に損害賠償を請求していた訴訟で,全面勝訴したと発表.
この3社が販売するトランシーバは「KENWEI」ブランド.このロゴマークの「W」の部分がケンウッド製品に酷似していたなどによる.
参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000004-nkn-ind

タグ:      

投稿者: tominaga :2007年11月14日 10:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品 144/430MHzハンディ機ID-92(D-STAR対応)

id-92.jpg
アイコム ID-92は,ワイドバンド受信機能を搭載し,防水性能をもった2バンドハンディトランシーバ.11月下旬発売.

オプションGPSマイクにより,自局の位置表示や,D-PRSにも対応する.
http://www.icom.co.jp/release/20071112/index.html

関係情報:http://www.universal-radio.com/catalog/ht/5092.html

タグ:            

投稿者: tominaga :2007年11月13日 15:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

バーテックススタンダード社,米モトローラ社のTOBに合意

11月5日,ロイター通信によると,バーテックススタンダード社(以下VS社)が米モトローラ社の株式公開買い付け(TOB)に賛同したとのこと.このTOBが成功した場合,VS社株のうち米モトローラが8割,VS社長親族企業が2割を保有し共同経営に以降する方針.
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-28718420071105

タグ:

投稿者: tominaga :2007年11月 8日 17:47 | コメント (0) | トラックバック (0)