« PICkit-2用単独の書き込みプログラムの更新(1/2) | メイン | クリスマス・イルミネーション・コントローラは間に合うか (その1) »

超Low-EndマイコンRS08を使おう - MC9RS08KA2で作るイルミネーション (1)


 MC9RS08KA2で4個のLEDを光らせるプログラムを応用して、 イルミネーションを作ります。

MC9RS08KA2で作るイルミネーション装置
MC9RS08KA2で大量のLEDを駆動するハードウェア

 イルミネーションということで、大量のLEDを点灯させようと思います。 大量のLEDを光らせるためには、どんなハードウェアが必要でしょうか。

大量のLEDを駆動する装置

 MC9RS08KA2は、1個のLEDを点灯させる能力はもっていますが、 イルミネーションのように大量のLEDを点灯させることはできません。 そこで、「MC9RS08KA2で4個のLEDを駆動する装置」の 出力につながったLEDの代わりに、 大電流での駆動が可能なMOSFETドライバを付けました。

MC9RS08KA2で大量のLEDを駆動する回路図

全部品の一覧を表にしました。

MC9RS08KA2で大量のLEDを駆動する装置の部品表
部品番号品名 規格個数 メーカ調達先
U1マイコンMC9RS08KA2CPC1Freescaledigi-key
-ICソケット8P DIP1-秋月電子
U2,U3,U4,U5MOSFETドライバTND012NM4三洋電機秋月電子
R1,R2,R3,R4カーボン抵抗1kΩ 1/4W4KOA秋月電子
C1,C2積層セラミック・コンデンサ0.1µF 50V2ムラタ製作所秋月電子
C3,C4アルミ電解コンデンサ100µF 16V2松下電器digi-key
SW1タクト・スイッチ-1-秋月電子
SW2基板用トグル・スイッチ3P1-秋月電子
CN1ボックス・ピン・ヘッダ2×31-ダイセン電子
CN2DCジャックMJ-179P1マル信無線電機秋月電子
CN3ターミナル・ブロック3ピン 小2-秋月電子
-片面ユニバーサル基板72mm×48mm1-秋月電子
-ワッシャ付きなべビスM3 × 10mm4-廣杉計器
-スペーサM3 × 10mm4-廣杉計器

秋月電子のCタイプ基板に以下のように部品を配置し、配線しています。

部品面実体配線図 半田面実体配線図 DCジャックの取り付け

 ほとんどの部品は、 2.54mmピッチのユニバーサル基板に取り付けることができますが、 DCジャックだけは、端子が太いため、そのまま取り付けることができません。 そこで、ユニバーサル基板を加工した上で、取り付けます。

DCジャックの取り付け
  1. 基板に細長い穴を開けます。 穴あけ作業には、ミニルータを使用すると便利です。
  2. 穴にDCジャックを差し込みます。 そして、DCジャックの端子の上から、三枚の銅箔テープを張ります。 これらの内、二枚の銅箔テープは、中央にカッターで切り込みを入れ、 そこから端子を出します。
  3. 上からみると、こんな感じになります。
  4. DCジャックの取り付けは、機械的強度も重要なので、 がっちりとはんだ付けをします。 銅箔テープと基板の間もはんだで固めます。

 このように取り付けると、 銅箔とDCジャックが基板を挟み込む構造になるので、安定します。

電池とテスト用LEDを取り付ける

 出来上がった基板を使って、プログラムを開発するのですが、 最初からACアダプタと多くのLEDを取り付けるとじゃまになります。

デバッグ用の環境

 そこで、デバッグ時には、 乾電池を電源としてつなぎ、 テスト用に作った100Ωの電流制限抵抗付きLEDを接続しました。 これで、デバッグの準備ができました。


 今回は、LEDを駆動する基板を作成しました。 次回は、プログラムを開発し、書き込みます。

田中範明

編集部からのお知らせ。現在、筆者の方にこの記事のプリント基板を作成していただいています。その基板と部品をクリスマス前に読者の方にプレゼントできるよう、鋭意準備中です。連載を掲載中に、詳細が決まり次第ご案内します。ご期待ください。

カテゴリ:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/1050





カテゴリ

会社案内
情報セキュリティおよび個人情報の取り扱いについて

コメントとトラックバックは、spamを予防するために、編集担当が公開の作業をするまで非公開になっています。
コメントはそれぞれ投稿した人のものです。

Powered by
Movable Type 4.1
/*yahoo remove*/