メイン

XBeeを使う アーカイブ

2008年12月17日

XBeeを使う(1)


 当連載では、入手が容易になった無線通信モジュールのXBeeを使って簡単な通信実験を行います。パソコン(以下PC)とAVRマイコンをXBee経由で無線通信させて、リモートでAVRマイコンを制御します。PCのWindowsアプリケーションから温度を測定したり、ディジタル出力の制御(リレーのON/OFFなど)を予定しています。
 なお、ターゲットは一応、AVRを対象にして説明しますが、エレキジャックNo.8などで説明してあるとおり、C言語のソース・コードの大部分はPICと共通ですので、PICにも応用できます。また、機種依存部分を考慮すれば、ほかのCPUにも応用できます。

pic001.jpg

続きを読む "XBeeを使う(1)" »

2008年12月19日

XBeeを使う(2)


 今回は、2台のXBeeとシリアル-USB変換ボードを使って、PCと接続し、ループバック・テストを行います。XBeeはDIP変換ボードを使い、ブレッドボード上で配線しています。

 

pic004.jpg

続きを読む "XBeeを使う(2)" »

2008年12月26日

XBeeを使う(3)
AVRのシリアル通信


 今回は、XBeeから少しはなれて、AVRのシリアル通信とシリアル・コマンドの拡張について説明します。
 XBeeに内蔵されているA-Dコンバータや汎用I/Oを直接ATコマンドで操作することもできますが、当連載では、XBeeをRFトランシーバとして使い、温度の測定や出力ポートの制御はマイコン側で行うことにします。AVRには安価なATtiny2313を使用します。

続きを読む "XBeeを使う(3)
AVRのシリアル通信" »

2009年2月 9日

XBeeを使う(4)
AVRのシリアル通信(2)


 今回は、出力ポート操作コマンドのポート操作のマクロと、シリアル通信の関数やマクロの詳細を説明します。その後、とりあえずシリアル通信(USB)で、追加したコマンドが正常に作動するかを確認します。

 次の写真はエレキジャックNo.9でブレッド・ボードを使って製作したI2C温度センサ(LM73)回路です。ISPコネクタの配線を少し変更して四つの出力ポートにLEDを接続してあります。

pic005.jpg

続きを読む "XBeeを使う(4)
AVRのシリアル通信(2)" »





About XBeeを使う

ブログ「PIC,78K,R8,HC(S)08/RS08,AVR,MSP430などのマイコン活用」のカテゴリ「XBeeを使う」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはELディスプレイμOLED128です。

次のカテゴリはディジタル時計の製作です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1
/*yahoo remove*/