エレキジャックBASIC No.1 鉄道模型 一時停車、折り返し運転、そして、往復運転

| | トラックバック(0)

 鉄道模型で、レールと車両のセットを買って動かしてみても、単純にぐるぐる回るだけではすぐに飽きてしまいます。次のステップとして、駅での停車、折り返し運転、そして、往復運転を試みてはいかがでしょうか。

3StepsS.jpg

折り返し 停車

赤外線近接センサの設置

InfraRedSensorS.jpg 製作したボードを使って運転しているところ

BoardS.jpg  回路は、マイコンは使わず、ロジックICのJK(T)FF、AND、OR、ワンショット・マルチバイブレータ、スリーステート・バッファなどで構成しています。動作についても、できる限り詳しく説明しています。  また、赤外線近接センサはシャープ製GP2A200LCS0F、フォト・カプラ系センサとしてTOMIX5558を使いました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エレキジャックBASIC No.1 鉄道模型 一時停車、折り返し運転、そして、往復運転

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/4527

このブログ記事について

このページは、yoshidawが2010年8月 4日 16:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エレキジャックNo.18 8ピンPICでシリアル・インターフェース温湿度センサを作る」です。

次のブログ記事は「エレキジャックBASIC No.1 マイコン工作入門/学習に最適なワンチップ・マイコン・システム"PICAXE"(ピカクス)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

/*yahoo remove*/