エレキジャックBASIC No.1 Arduino超入門

| | トラックバック(0)
 エレキジャックBASIC No.1は、2010年8月25日発売予定です。

 電子工作にはマイコンは欠かせなくなりました。しかし、マイコンを学ぶにはハードルが高いのですが、Arduinoは、あっという間に、マイコンを活用した電子工作ができるまるで魔法の小箱です。  本超入門を読めば、あなたも魔法使いになれます! 本記事では、LEDの明るさをコントロールする題材を用いて話を進めていきます。ArduinoはAVRというマイコンを中心にしたマイコン・ボードで、USBケーブルでパソコンとつないで使います。プログラムの開発ツールは無料で利用することができ、ボタンを一つ押すだけで、書き込みが完了するとても便利な環境が用意されています。

Mission1 Arduinoにボリュームをつなぎ、それをまわすとLEDの明るさを自由にコントロールできる事例を説明します。

aIMGP3129.jpg
 スケッチです。
int indata;
void setup()
 {
 }
void loop()
 {
  indata = analogRead( 1 );
  analogWrite(5,indata/4);
 }
Mission2 スイッチが押されたときにLEDが点灯する基本的な機能を実現し、ディジタルの入出力をマスタします。

aIMGP3137.jpg
Mission4 データの見える化。LCDモジュールを接続し、Arduino用に用意されているライブラリを使用すると、print文でLCDにデータが表示できます。パソコンと切り離して単独で動作させるときに、この表示部分があるととても役に立ちます。

aIMGP3546.jpg

 スケッチです。
#include 
LiquidCrystal lcd162(2,3, 4, 5, 6, 7);
int andata;
float  temp;
void setup() {
   pinMode(8,OUTPUT);
   lcd162.begin(1,2);
   lcd162.print("hello eleki-jack");
    }
void loop() {
  andata=analogRead(2);
  temp=andata*(5000.0/1024)/10;
  lcd162.setCursor(0,1);
  lcd162.print("temp=");
  lcd162.print(temp);
  if (temp>30.0)  {
    digitalWrite(8,LOW);
  }
   else   {
     digitalWrite(8,HIGH);
   }
  delay(500);
 }

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エレキジャックBASIC No.1 Arduino超入門

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/4531

このブログ記事について

このページは、yoshidawが2010年8月 5日 10:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エレキジャックBASIC No.1 マイコン工作入門/学習に最適なワンチップ・マイコン・システム"PICAXE"(ピカクス)」です。

次のブログ記事は「エレキジャックBASIC No.1  車椅子からの立ち上がりを検出してアラームを鳴らす、ベッドからの起き上がりを検出してナース・コールを鳴らすコール装置の製作」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

/*yahoo remove*/