マイコンと電子工作No.4 応用 Arduinoでつくる「スペクトラム・アナライザ」

| | トラックバック(0)
Arduinoでつくる「スペクトラム・アナライザ」

 演奏中の音楽を周波数成分ごとのボリュームで表示するイルミネーションを作ります。イメージは90年代に流行ったミニコンポのディスプレイのような表示器です。応用すれば、自作機器を音に同期させることもできます。

sun写真4_Arduino本体と各シ.jpg    Arduino用シールドを2枚作りました。



sun写真1_MM-3830.jpg サンハヤト製MM-3830です。
sun写真3_動作中.jpg 利用しているところです。

 8x8ドット・マトリクスLEDシールドは、使用するピン数を節約するため、シフトレジスタを使って8x8ドット・マトリクスLEDの制御信号をシリアル-パラレル変換します。駆動には、シフトレジスタ(74HC595)とトランジスタ・アレイ(TD62083)を使っています。
 ドット・マトリクスLEDの表示を2ms周期で処理するために、タイマ・ライブラリMsTimer2を使用しました。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マイコンと電子工作No.4 応用 Arduinoでつくる「スペクトラム・アナライザ」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/5123

このブログ記事について

このページは、yoshidawが2011年1月17日 09:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マイコンと電子工作 No.2 5分でわかるタイマ」です。

次のブログ記事は「マイコンと電子工作No.4 応用 Arduinoでつくるオシロスコープ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

/*yahoo remove*/