エレキジャックNo.21 7MHz 1W CW送信機の製作

| | トラックバック(0)
 3極管と5極管が1本に入った複合管6AB8を使用した送信機です。

21p01_6AB8.jpg

 発振回路は無調整です。電力増幅部のパイマッチのコイルは、18mmφのベーク・ボビンに0.5mmφのホルマル線を密巻きにし、1ターンくらいずつ,ほどきながら出力が最大になる巻数に調整します.

21p06_送信機の全体-2.jpg
21pタイトル用_完成した1W.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エレキジャックNo.21 7MHz 1W CW送信機の製作

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/6749

このブログ記事について

このページは、yoshidawが2012年4月11日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エレキジャックNo.21 特集 1章 Arduinoですぐに作れる相性判定器」です。

次のブログ記事は「エレキジャックNo.21 特集 2章 Arduinoで作るドキドキ相性診断ゲーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

/*yahoo remove*/