縫って使えるコンピュータ LilyPad Arduinoの最近のブログ記事

テュートリアル
 縫って使えるコンピュータ LilyPad Arduino

 第1章 LilyPad Arduino とはどんなマイコン
 第2章 LilyPad ArduinoでLEDを点滅させる
 第3章 ボタンを押したときにLEDが点灯させる実験
 第4章 アナログ入力とアナログ出力の実験
 第5章 導電性の糸で配線する
 第6章 〔応用〕保冷バッグの温度モニタを作る

 Arduinoの入門コーナーです。ここではLilyPadを事例に取り上げています。
 LilyPadは、電気を通す糸で配線しますから、服飾系の作品に向いています。LilyPad本体と、LEDやスイッチなどの周辺パーツも、そういう用途を意識したデザインになっています。

kanIMGP7671.jpg
 最初は、ミノムシクリップで配線すると、確認がしやすいです、。

kanIMGP1152.jpg 配線も刺繍と同じようにデザインできます。

kanIMGP6715.jpg lilyPadの使い方、プログラムの説明した後、応用例として、温度によってLEDの色が変わるというアプリケーションを作りました。

kanIMGP4099.jpg 記事の中では紹介していませんが、ショールを光らせるようなアプリケーションも簡単に作れます。

kanIMGP6830.jpg 同様に、Arduinoでは、ユニークな応用が短時間に作れます。

kanIMGP6518.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち縫って使えるコンピュータ LilyPad Arduinoカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはニッケル水素充電池の放電器をArduinoで作ろうです。

次のカテゴリは鉛筆+Arduinoで楽器をつくろうです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

/*yahoo remove*/