No.11 空気を読む花瓶とお花

| | トラックバック(0)

●KYなお花は売っている!

 CQ出版のWebShopで,「空気を読む花」のキットを販売しています.中身は下の写真にある部品が入っています.この機会にぜひお求めください!

※部品表はクリックすると大きくなります! 回路図は一番下のPDFデータをご覧ください!

セット部品.jpg

 ●ダウンロードするデータ

flower.HEX

flower.asm

回路図.pdf

 

名称未設定 1.jpgCQWebShop

筆者のWebサイト

回路図.JPG ※回路図は上のPDFをダウンロードすると,もっと大きくしてみられます.

●お花の作り方

材料
①造花 1個
②光ファイバ CK40E(直径1mm,三菱レイヨン社製)5~6m
③マスキング・テープ(緑色)1m程度
④針金(直径2mm~3mm)30cm程度
⑤アクリル・カップ 1個
⑥アクリル・アイス 200g程度
●造花とアクリル・カップは100円ショップなどでも入手できます.
●光ファイバおよびアクリル・アイスは2009年3月現在,アクリ屋ドットコムで扱っています.
http://www.acry-ya.com

 

写真38.jpg

写真39.jpg工具
①千枚通し(造花に穴をあけるのに使う)
②ニッパ(光ファイバをカットするのに使う)
③電動ドリルとドリル刃(6mm程度)(カップに穴を空けるのに使う)
④テーパー・リーマー(穴を広げるのに使う)

写真40.jpg(1)光ファイバを予備加工します.ニッパで光ファイバを20本程度,茎の長さにカットします.

写真41.jpg(2)造花の穴あけと光ファイバを挿入します.造花の芯付近に千枚通しで穴をあけて光ファイバを通します.

写真42.jpg(3)針金へ固定します.光ファイバを針金に沿わせて,周りにマスキング・テープを巻き付けます.造花・光ファイバ・針金の位置関係は図2のようにします.

写真43.jpg(4)アクリル・カップを加工します.アクリル・カップの底部に直径16mm程度の穴をあけます.この加工においては,まず電動ドリルで直径6mm程度の穴をあけてから,テーパー・リーマーで広げます.
写真30.JPG

写真49.JPGお花の裏は上の写真のような感じになっています.

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: No.11 空気を読む花瓶とお花

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/2637


エレキジャック
エレキジャックのトップに戻る


雑誌 No.