マイコンと電子工作 No.2

| | トラックバック(0)

目 次(PDF)


PICマイコン・テュートリアル
  micon.zip

第1章 マイコン早分かり (PDF)
第2章 PICマイコンの動作を知ろう
第3章 PICマイコンを動かしてLEDを点灯しよう 
第4章 PICマイコンのプログラムを読んでみよう(1)
第5章 PICマイコンのプログラムを読んでみよう(2)
第6章 PICマイコンのプログラムを読んでみよう(3)
第7章 PICマイコンをもっと詳しく知ろう

 5分でわかる
PICのタイマはどんなもの(PDF)

入門工作編
 プログラム.zip

第1章 A-D変換機能とPWM機能をマスタしよう
音に反応して,音を鳴らす(PDF)
 プラスα ハードは同じで、風鈴の音色を奏でるプログラムです CQ_FUURIN.asm
 プラスα C言語版です(コンパイラはCC5X) SHOCK_SENS_C.c

第2章 A-D変換機能をマスタしよう
光に反応して光る
 プラスα C言語版です(コンパイラはCC5X) LED_SENS_C.c 

第3章 割り込みとPWM機能をマスタしよう
リアルな音色で鳴く電子鈴虫
 ->製作例の記事

第4章 水にふれない検出方法
静電容量式水位計
WATER_LEVEL_SENSER.asm

(株)マルツ電波・マルツパーツ館 https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=68101
YS Design Studio WEBショップ   http://www5b.biglobe.ne.jp/~YASUSI


光と音の不思議な実験
ちょっと不思議なキー・ホルダ・キット
  YS Design Studio WEBショップ  http://www5b.biglobe.ne.jp/~YASUSI/shop/yspic8/yspic8.htm

応用工作編
 
第1章 C言語で開発する   cq_sonic.zip
ロボット用超音波レーダー・モジュールを作ろう((PDF)

第2章 カスタムICに挑戦  longt6readme.zip
ラーメン・タイマより長い「1時間タイマ」を作る
  ->フォローアップ記事 

特設記事 (1)
 電子工作が始めて! はんだ付けは慣れれば大丈夫か
ユニバーサル基板のプロになる(PDF)

ユニバーサル基板 変わり種いろいろ


特設記事 (2)
 開発ツールPICkit2/3を使おう
デバッグまでできる純正ライタ(PDF)

PICkit2でロジック・アナライザを試す


(2014/09/29)追記
 MPLABの古いバージョン8やPICKitの書き込みプログラムなどのダウンロード・サイト

  http://www.microchip.com/pagehandler/en-us/devtools/dev-tools-parts.html



訂正
お詫びして訂正いたします。



入門工作編 
第1章 音に反応して,音を鳴らす
リスト4 (CQ_SHOCK_SENS.ASM)周期の設定部分。
--------------------------------------------------------
;    movwf    DUTY        ; 2010.09.16 ↓に移動
    bcf    STATUS,RP0    ; SET BANK0
    movwf    DUTY        ; 2010.09.16 ←に移動
-------------------------------------------------------- 
p.24 リスト5-1

movlw    B'101000'
movwf    TRISO
101000はそのままでも大丈夫ですが、正確には、0101000に変更してください。

p.24 リスト6-1
(誤)movlw    B'101000'    ; W<-"001000"
(正)movlw B'101000' ; W<-"101000"
p.26 右の式内 0.5×106[sec] → 0.5×10-6[sec]

p.43 リスト2

movlw    B'0001100'    ; GPIO 0-5の設定 ポート2と3を入力に設定
movwf    TRISIO        ; ポート入出力設定
0001100はそのままでも大丈夫ですが、正確には、00001100に変更してください。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マイコンと電子工作 No.2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.eleki-jack.com/mt/mt-tb.cgi/4706


エレキジャック
エレキジャックのトップに戻る


雑誌 No.